スコの骨の病気に備えるべきか?

June 26 [Fri], 2015, 9:31
当然ですが、あなたのお宅の愛猫は
スコティッシュフォールドですか?


スコティッシュフォールドは今、
1番人気のネコちゃんですね。




何と言っても、あの愛嬌のある
ちょこんと折れ曲がった耳に


温和で人懐っこい性格も可愛いい人気の猫種です。



■ スコは病気になりやすいって本当?


スコティッシュフォールドは
もともと体があまり強くなく
病気になりやすいネコちゃんです。


ご存じかも知れませんが


もともと、スコティッシュフォールドは
アメリカンショートヘアから偶然発見され


垂れ耳の突然変異をブリーダーが改良を積み重ね
生み出された猫種です。


耳が折れまがる原因となっているのが、
成長過程で軟骨がうまく作られないという
遺伝子の異常なんだとは。(^_^;)


スコに特徴的なあぐらをかいたような
可愛らしい「スコ座り」も、
同様に軟骨が柔らかいことが原因なんですね。



■ 生後3ヶ月で骨の病気になる可能性が


可愛い盛りの生後3ヶ月くらいで
骨が変形する病気が発症する可能性があります。


骨の変形は成長期が終わるとともに停止しますが
1度変形した骨は元には戻りません。


また、骨が異常に増殖して
骨のコブができてしまうことも。


どちらにも該当はしない場合でもほとんどのスコが
成長して体が大きくなると関節炎になることが多いので
日頃から見守ってあげるのが大事です(^^)



■ 垂れ耳のネコちゃんは耳の病気にも注意が必要



スコに限らず、垂れ耳のネコちゃんは
耳の中の通気が悪いので湿気が高くなり


細菌に感染しやすく外耳炎などの病気にかかりやすいため
日頃の耳のお手入れが大事です。


スコティッシュフォールドは可愛くて人気が
ありますが、家族に迎えた場合は
その点を十分、理解してあげてくださいね。(=^・^=)



■ 病気になりやすいネコちゃんだからこそ備えが大事


スコテッシュホールドを飼う場合は
常に病気を念頭におく必要があります。


なので、他のネコちゃん以上に、
いざという時に保険は備えておきたいものです。


そんなスコテッシュホールドの病気に
備えるなら「FPC保険」がオススメです。


FPC保険は保険料も家計に優しく
シンプルでわかりやすい保険です。


ネコちゃんが病院にかかることの原因に
ケガや病気以外には誤飲がかなりの割合を
占めています。


意外と、他のペット保険では対象外に
なっていることがあり


入院、開腹手術などで15万以上かかっても
お見舞金が5000円ほどしか出ない場合も
あるんです(T_T)



■ 加入者の希望で終身が選べるようになる



今まで、コスパがよく補償内容もいい
FPC保険ですが


皆さんが不満だったのが、保険が11歳で
終わってしまうことでした。


今は長生きのネコちゃん、ワンちゃんも多いので
病院に通う可能性が高くなる歳で保険が
切れるのは不安でした。


ですが、この8月より
加入者は9歳〜11歳の間に終身保険に
変更できることが可能になります。


これでしたら、歳をとってからも
安心ですね(^^)


スコの保険、どうしようかとお迷いなら
お守りとして保険は入っておくのが
オススメです。


FPC保険、気になる方は下のサイトで
詳細をご覧になってみてはいかがですか。(=^・^=)

    ↓       ↓        ↓
業界最安水準のペット保険なら【FPCペット保険】