April 09 [Sun], 2006, 7:50
金曜日に無事日本に帰国しましたぁ〜!
わ〜い♪日本っていいね☆
今は東京とかをぶらぶらしているんですが、今日は日本を感じに浅草なんかに。
楽しかったぁ〜似非外人の気分で。おみくじ『吉』
書いてあることはかなり良かった♪友達は『末吉』でしたが、最悪でした。(笑)
イタリア旅行記も少しずつ更新していくので暇な時遊びにきていただけたら幸いです♪

フィレンツェ到着3 

March 02 [Thu], 2006, 20:52

ホテルの優しいおじちゃんから教えてもらった大きなスーパーに行って夕食の買出し。チーズやらポテチやらおつまみとビールとトスカーナ地方のワインを買いました。ピザが食べたいねといろいろなBARやらPIZZERIAを歩きまわりましたが、値段と味が見合わず途方にくれていると、一軒のPIZZERIAを発見!HAPPY HOUR4時〜5時は1切れ1ユーロ、5時以降は1.5ユーロ!わーいここに決定。大きさは十分で、味もなかなか。結局フィレンツェ滞在中毎晩お世話になりました…。
軽く宴会をして(ワインはもちろん1本空けました)、床につきましたが、夜中にお腹に異変を感じて起きました。激痛に襲われ、まじやばかった!こういうときに限って胃薬を忘れてくるもの。仕方なく、先輩を起こして胃薬を分けて頂き、何とか眠れましたー。ホント死ぬかと思ったー。もう旅は続けられないと思った!何か悪いものが当たったのかなあ。

フィレンツェ到着!2 

March 02 [Thu], 2006, 20:31
再び雨が降りだしたので、まずは近くのサンマルコ美術館(サイゼリアにある「受胎告知」のオリジナルがある)か、アカデミア美術館(ミケランジェロの「ダビデ像」のオリジナルがある)の空いているほうに行くことに。サンマルコは閉まっていたので、アカデミアに並ぶことに、なんと20分で入れました!入場には荷物チェックと金属探知機を通らせられました。警戒中ですね。たくさんの宗教画や彫刻が並んでいて、素晴らしかったのですが、なんといってもダビデ像。絵画の部屋を出ると居ました!第一印象はでかいっ!本当に大きいです。教科書でしかみたことがなかったので、その大きさには驚愕でした。どうやって作ったんだろう…とただただ像の前で呆然と立ちすくんでしまいました。もちろん美術館だから写真はいけないのに、みんな撮りまくってました。特に日本人が目に付きますね。私もちょっと撮りたいなとは思ったけど、目に焼き付けておくべくだと止めました。
外に出ると晴れていたので、これは絶好のジョット日和だ!と思い、デュオーモの向かいの「ジョットの鐘楼」に登りました!頂上からは、(たしか)417段の階段を息をきらして登ったかいのある、フィレンツェの絶景が広がってます!向かいには、でかすぎて下からしか眺めることの出来ないデュオーモを上から見下ろすことが出来ます!空も青いので、街中の屋根の赤が映えてとても綺麗でしたー!
昼兼おやつに、BARでレーズンとナッツが入ったスコーンを食べたんですが、激ウマ!そのお店の人が、すごいゲイっぽくて面白かったんで一石二鳥でした。

フィレンツェ到着!1 

March 02 [Thu], 2006, 20:17
8時15分にバス停集合ですが、その前に来た「STATIONE」行きと書いたバスに乗ってしまいます。その焦りがいけなかった。普通にいけば5分の駅に15分くらいかけて遠回りでをしてしまいました。なんとか、着いて、往復で切符を買います、フィレンツェの駅は大きくて、切符売り場も並ぶとのことなので。調べてきたはずでしたが、直通の電車までは90分くらいありました。待合室で、ホームレスの寝ているおじさんたちと一緒に電車を待ちました。電車もバス同様、時間の刻印が必要で、切符を持っていても刻印がないと罰金を取られてしまいます。また1等と2等の車両があり、間違って違う車両に乗っても罰金です。遅れる汚いなど悪名の高いイタリアの電車ですが、乗ってみると普通で、「世界の車窓から」気分に浸れます。2時間の旅もあっという間で、足元も広く伸ばせるので、バス酔いが激しい私には「プルマン」(長距離バス)よりはずっとよかったです。おまけに安いし。ちなみに、ペルージャからフィレンツェまでは、片道約2時間で7,9ユーロ。
フィレンツェに着くと、まず駅がでっかーい!線路がいくつもあり、また構内にはお店もたくさん。外に出るとまずは街のいたる所に在る「i」のマークの「INFORMATIONE」で地図をもらいます。これは、イタリアのどの都市に行っても、まず最初にやるべきことですね。雨の中ホテルを探します。街の中心には「デュオーモ」がそびえ立っています!すごい!でかい!デュオーモの前を通って記念撮影。その時には、なんと雨がやみ青空が顔を見せました。実はホテルに行くには遠回りでしたが…。泊まるのはネットで予約した、ひとつ星の安いホテルで、エレベーターなしの4階にありましたが、大きな荷物はなかったので影響はなく、部屋は十分な広さでした。

イタリア語2 

March 01 [Wed], 2006, 2:40
代表的なものは、@カフェとAイタリア料理屋さんとB原チャ。まあどれも、イタリアを代表しているものですよね。@の「ベローチェ」は「速い」で、「プロント」は「すばやい、(注文の品などが)出来上がった」電話に出るときの「もしもし」です。どっちも似たような名前なんですね。ちなみに「スターバックス」はアメリカだし、イタリアにはないそうです。イタリアに出店したところで、あちこちにあるBARには勝てないし、必要ともされなんいでしょうね。でもイタリア人曰くスタバのCAFFE(エスプレッソ)が一番本場に近いんだそうです。でも、300円くらいするよねー。こっちじゃ0.8ユーロ(120円くらい)だから安くていいよねー。
Aは、本当にいっぱいあって、簡単なのからいくと「ボーノボーノ」は「美味しい」でしょ、これは確かじゃないけど、「カプリチョーザ」は「CAPRICCIOSOカプリッチョゾ」で「勝手気ままな、不安定な、風変わりな」です。女性形なのかなあ?(語尾−Oが男性形、−Aが女性形)。ペルージャで有名なピザ屋にも「カプリ」ってのがあります。
あと、一番びっくりしたのは、「ラ・パウザ」。仙台にはない、ファミレス系(?)のイタ飯屋。「休憩」って意味です。「ラ」は定冠詞で「THE」みたいなものかなあ。意味もぴったしだし、先生が使うのと全く同じで(定冠詞までついてて)すごいなーって思いました。あとは…イタ飯屋さんが思い出せません。でも友達とかはかなり言っていたので、たくさんあるみたいです。ちなみに、「サイゼリア」は不明。他にも気になるのがあったら、教えてください!調べます!
Bは「VINO」が「ワイン」で「VERDE」が「緑の」。緑色のVERDEなんて見たことないけどね(笑)ちなみに、MY原チャは「TODAY」です。つまらないね。。。
あとは、雑誌の「NONNO」は「おじいさん」。完璧音の可愛さで付けただろって感じだよね。それ以外の意味も込めてつけたのかもしれませんが、イタ語では「じいさん」です。
と、まあ自分が関心した面白いものだけ挙げてみました。今日は大したことがなかったねー!

イタリア語1 

March 01 [Wed], 2006, 2:22
3月1日
今日から例のサボり教師フルビオに代わってフランコ・ロマーノという先生になりました。
なかなかちゃんとやってくれすぎて、時間オーバーな感じ。多分二人とも南の人ではありませんね。
(2月28日のブログ参照)
今日は大した話題がなかったので、「意外とイタリア語は身近だったー」の話をしたいと思います。日本では、意外や意外、イタリア語が何気なーく使われているんですね。でもまあ、それ自体の意味を知っている人は、名前をつけた人と、イタリア語を学んだことのある人くらいなもんだと思います。名前が付いているものと意味が関連しているのもあれば、そうでないものも多いです。それだけ、イタリア語はリズムがよくて、親しみやすい言葉ってことなんでしょうか?

2月がおわるー!2 

February 28 [Tue], 2006, 1:59
あとは、南の人は「心」で行動し、北の人は「頭」で行動するんだって。南の人を表現するのにFANTASIAって言葉を使っていました。
南の人は時間にきちきちしていて、宗教にも熱心なんだって。北の料理は、繊細で柔らかい感じだけど、南の料理は辛いって言ってた。北の人は、唐辛子(ぺペロンチーノ)を(コレステロールがゼロで体にいいから)薬としてちょっと食べるけど、南のカラブリア地方ではぺペロンチーノの食べすぎで心臓の悪い人が多いそうです。
他にもいろいろ聞いたんだけど、なんか話がだんだん大きくなってきて、イタリアの南北の話から、世界の南北問題の話にまで広がっていってしまいました。そんで、イギリス人のジャーナリストと意見の食い違いで一触即発でした。笑 私が撒いた種なので、申し訳なかったです。。
そんなこんなで、先生の協力もあってネットカフェで無事レポートを提出して帰ってきましたー★




2月が終わるー!1 

February 28 [Tue], 2006, 1:38
今日で2月も終わりです、早かったような、短かったような、ちょっとホームシック気味だったので、そんなにあっという間ってほどでもなかったですね。ホームシックもあるけど、日本シックでもあるかな。健康的な食事に、親切で礼儀正しい人々、正確な情報、きれいな道路(外観はイタリアがきれいだけど、道はごみだらけ、壁は落書きだらけ)、日本のテレビ・音楽なんかが恋しいです。人生で初めて1ヶ月以上日本(どころか自宅をも)離れた経験がなかったので、なんか、いろんなものが見えてきます。改めて自分とか日本とかと向き合ってみたり。日本では経験出来ないことばかりで、刺激も多いけど、やっぱり楽しいことばかりじゃありません。でも、そんなことにも揉まれて、また成長できるのかなーって思います。楽しいこともそうでないことも、どんな形であれたくさん刺激を受けて、結果的に自分にとってプラスになるように残り1ヶ月も頑張って、そして出来る限り楽しんでいきたいと思います。まあ、ありきたりなコメントですが、残り1ヶ月の折り返し地点として書いておきたいと思います。
今日は宮教の「言語文化」って授業のレポートの締切日。課題は「北イタリアを南イタリアの文化的な違いについて指摘せよ」うーん、先輩のおうちのルームメイトがナポリの子でいろいろ南の人エピソードを聞いていたので、何となくは思い浮かんだんだけど、やっぱり現地の人に聞くのが一番、イタリア語のステファノ先生に昨日聞いてみました、が、いっぱいあるので、明日話すよって。授業を使って話してくれるのかなあ…ラッキー☆
今日の授業では、「そこのセニョリーナが南北の文化的な違いを知りたいというので、話します」みたいに言って教えてくれました。宮教の教授に例として、「南の人はスパゲッティーを食べるとき、フォークとスプーンを使うけど、北の人はスプーンを使わない」っていうのを挙げられて、でも、ペルージャ大の日本人の先生に聞いたら、「それは初耳で、スプーンを使うのはアメリカンスタイルなんじゃないの?」って言われてしまったのですが、ステファノは本当だよと言ってくれましたー。だから日本でスプーンを使うのは南イタリアの文化が入ってきたんだねー!

送別会 

February 27 [Mon], 2006, 23:26
メキシコのお友達のアザレアさんが明日で一ヶ月のイタリア滞在を終えて、パリに行ってしまうので、有名なPIZZERIA「ETRUSCHETTO」で送別会をしました。ペルージャで有名な2つのPIZZERIAの、前に行った「Mediterranea」ともうひとつの「CAPRI」店主の息子が味を引き継いで小さな店でやっているのがそこで、巨大な1mピザが有名です。大きな釜がないと出来ないので、ペルージャでもここだけなんだそうです。私たちは、5人で70mピザを頼みました。4種類の味が選べて、最高でした。赤ワインも頼んで、かなりご満悦☆せっかく仲良くなったお友達なのに、別れてしまうのは本当に残念です。アザレアさんはすごく優しい人で、あまりイタリア語が話せない私にもよく話しかけてくれました。
来月からはパリに行ってフランス語を勉強するらしいです。かっこいいよね。なんか、何歳になっても学ぶ意欲があるって素敵なことだなって思いました。そもそもイタリアの大学の制度が、国立大学は誰でも何歳でも、試験なしで入れて、勉強できます。その代わり、卒業は大変なんだけどね。でも、日本じゃ無理かなって世間的に思ったり、思われてしまう年齢でも、気軽に勉強できるっていう雰囲気がいいよね。日本だとおばちゃんとかがセンターの模試とか受けてるとかなり浮くじゃないですか。って、アザレアさんはそんな年じゃないけどね、他の学生を見ていてもそう思います。生きている限りは学べるんだなって勇気が湧いてきて、学生の私たちが学ばなくてどうするんだって反省もしちゃうよね。
なにはともあれ、大切なお友達と最高のPIZZAでワインを飲みながら、語らって、お見送りをすることが出来てほんとうに良かったです。パリでも頑張ってね、アザレアさん☆

暇な一日 

February 26 [Sun], 2006, 1:56
今日は先輩とフィレンツェに行く計画を立てましたー!行きたい所リストアップして、位置で日程を振り分けました。ペルージャからは電車で2時間くらいで行けます。たっぷり観るためにも、今週の木曜日から日曜日までの3泊4日の予定です。日本で言う京都みたいな感じで、街並みが本当に美しいそうです。私はイタリア初の街がペルージャだったから、十分満足で、綺麗だなって思ったけど、フィレンツェはペルージャみたいにゴツゴツしていないとのことです。笑 楽しみだなー、しかも美術の教科書とか、世界史の美術史のページに載ってたような絵や彫刻が目の前で見れちゃうんですよー。イタリア、特にフィレンツェほんとやばい。
夕方からは、歌のコンサートに行ってきました。オペラの有名な曲(らしい)ばかりコンサートで、タダだったので聴きにいきました。ちなみに知っているのは最後の曲だけだったけどね。でも、会場も壁画や天井画が凄くて、声もすごく響いてました。地元の合唱団みたいな感じだったけど、そこそこ上手くて、特にソロの人とかの声はハンパなかったです。タダの割には(←しつこい)よかったので、かなりお得感に浸って帰宅しました。

昨日の食べすぎから今晩は抑えようと思って、サラダとチーズと生ハム少々とグリッシーニ(細長い棒状の乾パン)を食べました。よく、バイト先のホテルの食事でグリッシーニに生ハムが巻いてあったりするのを思い出して、自分でやってイタリアに浸っていましたー。チーズは3種類。BEL PAESEってのと、ペコリーノと、ゴルゴンゾーラ(青かびチーズ)。なんかイタリアって感じでしょー?セレブなヘルシー晩餐。笑
今週末は、ヨーロッパのカーニバルみたいで、決まったお菓子(ドルチ)を食べるんですが、それが丸いドーナッツ(サーターアンダギーみたい)の蜂蜜がけと、一反木綿の揚げ菓子みたいなやつなんです。
そのドーナツの方をルーベンが人数分買ってくれていて、私にもくれました。セレブなへルシー晩餐は一気に、ハイカロリーの沖縄風に早替わりです。まあ美味しかったから感謝。
食後は、(やっすいパック入り)白ワインを飲み、チーズをつまみながら机に向かいました。←ちょっといい感じ笑
今日でオリンピックも終わりですねー!閉会式やってました。結局見に行けなかったけど、感動をありがとう!(なんて思っているイタリア人はイタリアにいる中国人より少ないでしょう…)
2006年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像まちゃ
» イタリア語2 (2006年03月22日)
アイコン画像めゆ
» 暇な一日 (2006年03月09日)
アイコン画像MAIKO
» 送別会 (2006年03月09日)
アイコン画像はるぽん
» 送別会 (2006年03月08日)
アイコン画像MAIKO
» 暇な一日 (2006年03月08日)
アイコン画像MAIKO
» 水の都2日目 2 (2006年03月06日)
アイコン画像しーちゃん
» フィギア荒川金獲得! (2006年03月05日)
アイコン画像かなら
» 暇な一日 (2006年03月03日)
アイコン画像めゆ
» 暇な一日 (2006年03月03日)
アイコン画像もり子
» 水の都2日目 2 (2006年03月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pespespes
読者になる
Yapme!一覧
読者になる