イチモンジセセリと薬師寺

December 09 [Fri], 2016, 11:57
修学旅行やツアーなどに連れ添って、怪我や病気の応急処置、何かあったときの病院の手配をする看護師もいます。既婚で子供のいる人は土日が休みだったり、夜勤なしの職場を希望しているものです。病院以外のところで働くのであれば、その職場に適した専門の知識を身につけている認定看護師であるとか専門看護師の資格があると、採用されやすくなります。
高齢化が進み、福祉施設でも看護師のニーズは拡大してきているのです。さらに、大きな会社になると医務室等にも専門の看護師がいて、健康に関する相談や健康診断、ストレスといった精神面でのケアを実施しています。こういった場合には、この会社の正社員として入社することもありえるでしょう。なぜ看護師になろうと思ったのかは実際に、どのようなことをきっかけにして看護師を目指すことになったのかを交えるとイメージが良くなります。
転職の時の理由はこれまでに経験したことを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、いい印象を与えられるものにしましょう。前の職場の批判や陰口は口にしないほうがいいです。
産業看護師とは一般企業で働く看護師を指します。看護師といわれると病院やクリニックをイメージする人が多いですが、医務室などを設置している企業もあって、そういう場所で働く人もいます。仕事の内容や役目は勤務先ごとに違いますが、社員達の健康を維持し、管理することは基本的な仕事でしょう。



産業看護師は働く人の健康のために保健指導をしたり、うつ病を防止するための精神的なケアも行います。



産業看護師の求人というのは、一般に公開されていないので、ハローワークなどで見つけるのは難しいでしょう。興味を持った人は看護師専用の転職サイトをチェックしてみてください。


看護士転職サイトには、産業看護師の求人なども数多く載っています。日本での看護師の年収は平均して437万円ほどです。


しかし、国立や私立や県立等の公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務であるため、年収は平均593万円ほどになるのです。


公務員看護師は給料のアップ率も民間病院より高くて、福利厚生の面でも充実しています。
準看護師の場合ですと、看護師より、平均年収が70万円ほど低いです。看護師の転職で失敗しないためには、将来のことを考慮して早めに行動することが重要です。



また、どんな点を重視するのかを決めておくのがオススメです。
将来の自分の姿をはっきりと思い描いて、そのビジョンに沿った転職先の情報を集めるようにしましょう。


年収や職場環境や勤務形態など、自分にとって重要な条件も挙げておきましょう。



看護師の国家試験は、1年に1度行われます。


看護師不足が問題となっているわが国にとっては良いことに、直近数年の看護師資格の合格率は約90%と非常に高い水準を保ち続けています。看護師資格取得のための国家試験は、大学入学のような落とすための試験ではなく、一定のラインを超過できれば合格できる国家試験です。

看護師の場合、勤務の形態が他の職業に比べて特殊である上に職場によっても違います。
職場では一般的に、2交代制か3交代制のシフトで回している場合が多いでしょう。
2交代制が3割、3交代制が7割となっていて、かなり3交代制の病院が多いですね。ただ、休日が多いのは2交代制ですから、2交代制がいいと思う看護師も少なくありません。


看護士だと、求人はたくさんありますが、希望に沿う条件での求人があるとは言えません。



看護師の資格を持つ人で就職できればいいと思っている方は少数でしょう。

できれば給料が高額で、職場環境が良く、夜勤がない病院などに勤務したいと大抵の方が思っているでしょう。求める条件に合う転職先で働くためには、情報収集が重要になるのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Haruka
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる