インプラント治療を始める前にチェックすること

August 05 [Fri], 2016, 0:25
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方もリスクを背負っています。
今は、このような病歴があるからといって絶対治療できないとは言えません。
不安がなくなるよう歯科医に相談してください。
歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは自分の歯を何らかの原因で失った後、その歯の歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、人工歯根とあごの骨がしっかり結びつくので噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。
現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
歯科治療とは言え、インプラント埋入手術の後は、傷が落ち着くまで、できるだけ安静に生活を送ってください。
日常生活には極端な制限はありませんが、負荷がかかる身体運動はしばらく行わないようにしましょう。
血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。
負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、どうなったら再開できるか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は決して看過できるものではありません。
インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、人工歯根を埋入した後の、周辺組織の速やかな回復がその後の治療に関わる重要な問題です。
そのプロセスにおいて、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素、その他の物質は例外なく阻害する働きをします。
この治療ができるだけ早く終わって欲しいと思うなら、思い切って、治療が終わるまでの間はがんばって禁煙に励みましょう。
せっかく完了したインプラント治療も治療が終わるとその状態を保たなければならず、日々のケアが欠かせません。
毎食後に磨き残しがないようブラッシングしていわゆるプラークコントロールを完璧に行い、歯科医の検診を定期的に受け、歯科医や衛生士に指導してもらうことを続けなければなりません。
インプラント自体は人工歯ですが、ケアが十分でないと歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:佑真
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pers1ta0yndrae/index1_0.rdf