誰かを不幸にしている。 

July 03 [Sun], 2005, 2:09
誰かを不幸にしている。


それはそれは、よくわかること。
毎日、罪悪感がある。
けれど、そればかり考えていると仕事ができないので、見ないフリをしている。
こういった形のお付き合いを正当化するつもりは毛頭ない。


そんな中、彼に矛盾を感じる時もある。


別れる気はない。
昔、自分の父親も同じようにつきあっていた女性の方がいて、俺がそれを仲裁したことがあってすごい嫌だった。
Kを大事にしたい。



矛盾してるよね? それなら、私のほうだけ向いてほしいよ? できないんだよね?
矛盾してるよね? それなら、私と別れた方がいいよ? できないんだよね?

そう、頭では別れなきゃいけないってわかってる。
だけど。私と一緒にいるときはこんなに優しくしてくれて、こんなに好きだ好きだと言ってくれて。
今まで恋愛面では苦労してきたから、目の前の幸せにすがってしまった。
ねぇ、誰か。独身の誰か。無条件に私を愛して。お願いだから、愛して。

そしたら、この人と、別れるから。


…あ。私、この人が好きなんじゃなくて。ただただ、誰かに愛されたいだけなのかも。
…これも、見ないようにしてきたこと。けれど、やっぱ見なきゃだよな。


頭では、別れなきゃ! って、思う。
その反面、この先、誰かに愛されることなんてあるの? って思っちゃう。助けてっ!


ううん。大丈夫。うまくいく。私は、ハッピーな人生を歩ける。
そう、信じよう。

死んでしまいたい。 

June 19 [Sun], 2005, 14:25
死んでしまいたい。


こんな気持ち、誰にも言えない。恐怖心。猜疑心。嫉妬心。そして、孤独…。
苦しくても、悲しくても、イヤでも。私は独りだ。

包丁持ってきて手首にぶっさそうかと思う自分がいる。
でもたぶん、それは目の前のことから逃げたいだけなんだよね。うん。
tにはそりゃあもう、言えない。あたしが「死にたい」って言うのを嫌うから(そりゃ、誰だってそうだよね)。

そんなにけんかばかりするのに、奥様のほうがいいんだよね。
あたしって何なんだろう…。こんなんで、将来幸せになれるのかな…。
この年になって初めて、自分の将来に対して恐怖心を覚えた。

お願い、t。嘘でもいいから、いや、嘘じゃやだけど、あたしのことずっと守るって言って。

…今、tから電話がかかってきた。電話ににこやかに出る。もしかしたら、鉢合わせしてしまうかもしれない、今日の夕方。

おお、これはこれは愛をもらう人らしい発言だ!

tと奥様のけんか 

June 19 [Sun], 2005, 11:10
そろそろ、付き合いはじめて3ヶ月目になろうとしています。
そんな今週、ミラクルがっ!!!!


週2回もお泊りしたっ!!!!


びっくらこきました。こういう関係なので、お泊りって基本的に期待してなかったので。。
すごいですよ、会社から帰ってくると、好きな人がうちにいるわけ。鼻血だらだらでした。あたしの夢見る世界が…うごふぇっ!!

なんでお泊りできたかというと、奥様とけんかしたからなんですけど。
…つーか、けんかしすぎです。まじで。けんかしないでくださいよ。
お子様が一番かわいそう(ついでに言うと私もかわいそう…orz)
だって、お母さんがモノに八つ当たりして、モノ投げて破壊しまくって。
結果、お父さんが2日もいなくなっちゃうんですもの。

奥様も悪い。tも悪い。どっちも悪いと思う。
でもたぶん、始まりはtの方だったんだろう。
なぜなら、tの優しさは確実にジコマンだから。

tについて 

June 12 [Sun], 2005, 22:42
tと付き合い始めたのは、忘れもしない今年の3月30日。
それまで、本当に曖昧な関係だった。
時々会ってごはん食べに行って。延々と何時間もしゃべって帰る。
夜中に呼び出して、ファミレスで5時間ぐらい語って、そのあとうちに呼んで(でも身体方面はなしっ!)さらに2時間くらいしゃべって、その後tは仕事に行き、私は家で爆睡し、再び夜には一緒にご飯食べるっていう日もあった。
今思うと、ほんと不思議な関係。
しょっちゅう「この人、おうち帰らなくていいのかなー」なんて思っていた。

さらに言うと、告白した30日は二人でアキバデートしてた。。
どんなだよっ! 全然ロマンチックじゃねぇよ!
いや、互いにA−boy A−girl に片足突っ込んでいたのでね。
tは果てしないマンガオタクだし。私は演劇映画ドラマオタク。

エヴァについて延々と語る不倫カップルて!

えっと周囲の友人にはエヴァ好きが多いのでね。羨ましがられましたが。
「好きな人とエヴァについて語れるだなんて!」って。
私はちょっとひきましたよ? そこまでA系ではないのでね。。
そんな30日、アキバ行った後、私はtをうちに呼んだ。ちょっと話を振ってみた。

心のふるさとでいたい。 

June 12 [Sun], 2005, 21:45
はじめまして。Perfun-K。といいまっす。
4月から会社に勤め始めた22歳です。

4月からもう1つ始まったことがあります。
それは、ご家庭のある方とのお付き合い!!


その時、考えました。
…うーん、しめっぽく「愛人」とか言っちゃうのつまんねーな。
そういうキャラじゃねぇよ。
とにかく、こういう男気溢れるキャラクターだし、昼ドラっぽいどろどろは世の中で一番か二番に苦手だし。


てなわけで、自分のことを何て呼ぶか、まずそこから考え始めました。
「愛人」「ラ・マン」(フランス語なだけだし)「おくちのこいびと」(こういう風に書くとなんかエロい)「ママの味」(モザイクかけたペ●の顔写真載せてやりたい)…と、考えて、一番適切なのは「●●」(→彼の出身地の名前)だなぁと思い立ちました。


自惚れのようですが、恐らく彼が一番心を許せるのは私のようです。
ご家庭では、仕事で辛かったこと、しんどいこと、楽しいこと。あまり言えないようです。
だから、心に決めました。
私は、恋人である以上に、「こころのふるさと」でいよう、と。
強く美しく広く大きい、「こころのふるさと」でいよう、と。


そんなスタンスで、「こころのふるさと」生活始めた幼くてかわいげのない、22歳の心を綴っていこうと思います。よろしくお願いします。
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:perfun-k
読者になる
Yapme!一覧
読者になる