ドライバーを上手く打つ方法

July 25 [Mon], 2016, 13:03
飛距離が伸びてもフェアウエイを外してしまい、逆に方向感を取ると飛距離を犠牲にせざるを得ない状態だったとしても、
体格や運動神経に左右されることなく、レーザービームのような軌跡でボールを打ち出せるようになる方法がこちら




あなたも、スコアアップできない鬱憤を募らせるのはさっさと終わりにして、下のようになりたいと思いませんか?


より短時間でラウンドを終えられるようになる

ロングホールが短く感じるようになる

OBや林に入れることを気にする必要がなくなる

ロングホールで常にバーディーを狙える



ゴルフは良いスイングを身に着けてこそスコアを伸ばせます。間違ったスイングをしているうちはスコアなんて、遅かれ早かれ頭打ちすることでしょう。

練習場ではボールにキチンと合わせられて上手く飛ばせたとしても、コースに出た途端、コース状況に思い切り左右されて打点が定まらなくなります。



トップやダフリ、スライスやフック、挙句の果てにはシャンクまでしてしまい、思うようにボールを打てなくなります。

スライス気味になった時に、スライスすることを見越して打ち出し方向を変えてみたら、そういうときに限ってスライスせずにまっすぐ飛んでしまい、しかもあたりが良くてOBになってしまうことだってありますよね。



間違ったスイングをしていてたら、ゴルフの醍醐味なんて全く味わうことはできませんが、さらに怖いのは腰痛です。

ゴルフを続けたくても続けられなくなってしまう人の理由の大半が腰痛や背中の痛みなんです。体に負担をかけるスイングを続けた結果、泣く泣くゴルフをあきらめざるを得なくなってしまうんです。



間違ったスイングは、見た目が不格好なだけじゃなくて、あなたが思っている以上に、様々な弊害を生んでしまうんです。ゴルフほど我流で上達を目指すのは危険なスポーツはありません。

あなたも、間違った動作を含んだスイングをしているうちは、これからも下のような悩みを解決するどころか、さらにいろんな悩みに頭を抱えることになりますよ。



200球も打つと1週間は筋肉痛になる

ドライバーのスイングがかっこ悪い

ラウンド中リタイヤすることも多い

ひどいスライスで飛距離がでない


Perfect Swing Theoryは、数々のドライビングコンテストやドラコン選手権で優勝・上位入賞を果たしている安楽拓也さんのスイングを学べるゴルフレッスンマニュアルです。

数百人に及ぶアマチュアゴルファーの飛距離アップを実現させており、中にはたった5分のレッスンだけで70ヤードも飛距離を伸ばしてしまった人がいるほどです。



Perfect Swing Theoryの内容は、飛距離アップが主な目的になっています。そのため、体格が小柄で力もない女性でも飛距離を伸ばすことができるんですが、それは結果論に過ぎないんです。

飛距離を伸ばせるかどうかは、結局は良いスイングができているかどうか?正しい動作でクラブを振ることができているかどうか?にかかっているからです。



体の構造に従って無理なくスイングできるようになると、まるで吸い寄せられるようにクラブヘッドをボールに自然と合わせられるようになるんです。

飛距離は、パワーを活かせなくたって打点が定まるだけでも見違えるように伸びるものなんです。方向感だって良くなるし、コース状況に左右されなくなるので、ラウンドがものすごく楽になるんです。



Perfect Swing Theoryならさらに下半身のパワーをいかに引き出すか?に関しては、優れたノウハウが用意されています。

上半身の動きよりも下半身の動きに注目されているので、運動神経が良くない人でも、簡単に下半身の動きを最適させることができます。



打点が定まって、さらに下半身もしっかり使えるようになると、本当に向かうところ敵なしになりますよ。クラブを軽々と振っているように見えて、すさまじい弾道のボールを打てるようになります。

それでいて、だいたい狙った範囲内にボールを落とせるようになるので、誰よりも有利な位置でセカンドショットを打てるようになりますよ。

→→練習場の向こうのネットにバシバシとボールが当たるようになる安楽拓也さんのPerfect Swing Theoryでスイングスピードを失速させている最大の原因とは?





正しいスイングプレーン
ひきこもりからの脱出
目に良い食べ物

ドライバーだけ打てない

July 25 [Mon], 2016, 12:59
ゴルフに限った話ではありませんが、スポーツでのパフォーマンスをたかめたいと思ったらとにかく練習が必要です。ゴルフであれば1球でも多く打ったほうが良いに決まっています。

練習の間隔もできるだけ空けないほうが良くて、毎日続けるのが好ましいのですが、現実的に、ゴルフにそこまで時間を割くことはできないですよね。



それに練習内容が間違っていたら、そもそも望んでいた結果にたどりつくことはできません。いくら練習しても、間違った方向に進んでしまうだけです。練習に打ち込むにしても、正しい練習をすることが前提です。

では、ゴルフにおける正しい練習とは何かと言うと、とにかくシンプルを追及することです。グリップの位置やらスタンスの姿勢とか、そういった細かいところは後回しでも構いません。



あるべきスイングの理想像をはっきりさせ、そのために必要な操作をシンプルな練習で身に着けていく。このやり方こそ、ゴルフ経験に左右されず上達する唯一の方法です。

逆に言うと、あなたが今までちっとも上達しなかったのは、練習方法が間違っていたからなんです。決して才能とか運動神経のせいではないんです。



そういった要素はあくまでも、上達のスピードを速めるだけにすぎません。アマチュアレベルでゴルフが上手くなるには、決定的な要素ではないんです。

あなたも本当にやるべき練習にシンプルに取り組んでいきさえすれば、飛距離は簡単に伸びるし、ドライバーだろうがアイアンだろうが同じスイングで触れるようになりますよ。



安楽拓也さんのPerfect Swing Theoryで覚えなければいけないことはそれほど多くはありません。それに、スイングをゼロから覚えなおさなくても良いので、レッスン中にスイングが大きく乱れてしまう心配もありません。

レッスンノウハウでありがちなのは、新しいテクニックをしっかり身に着けるまで、スイングのリズムも軌道も悪くなって、ボールのあたりがきわめて悪くなってしまう点です。



そのため、練習中にコースに出るのは自殺行為。信じられ内容はひどいスコアを出してしまう危険があるものの、Perfect Swing Theoryなら、そういった心配もないわけです。

自分の今のスイングをベースに悪い動作を適切な動作へとガチャガチャ交換していくようなイメージで、スイングのリズムや軌道がどんどん良くなっていきます。



無理にインパクトの瞬間を改善しようとしなくたって、下半身手動でスイングできるようになれば、クラブヘッドにボールが勝手に合うようになるようになります。

あなたも、上半身に無理な力をかけるスイングを続け、背中や腰に余計なダメージを負ってしまう前に、
楽にスイングできる方法を身に着けて、以前より高弾道で強い球を出せるようになりませんか?

同伴者の失笑を買うような下手なスイングは今日で卒業して、風にも負けない強烈な弾道を手に入れることができるようになるにはこちら






頭皮の血行を促進するサプリは?
ダウンブロー 練習
ドライバー ダウンブロー
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Perfect Swing Theory
読者になる
2016年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる