言われたことをすぐ忘れる

May 09 [Mon], 2016, 11:20
資格を取得してキャリアアップしたいとは思うものの、暗記するのが苦手で二の足を踏んでいたとしても、
どんなに難しい課題でも最優先事項をすぐ見抜けるようになり、思い出す努力をしなくても次から次へと記憶が引っ張り出される方法がこちら




どんなやり方にせよ、記憶術をマスターできれば、てっとり早く覚えたいことを覚えられるようになります。大量の情報を短い時間で頭の中にどんどん保存できるようになります。

あなたの目的がとにかく物覚えをよくしたいだけなのであれば、どんなやり方で情報を覚えるようにしても良いものの、気を付けなければいけないことが2つあります。



一つは覚えたことをスムーズに頭の中から取り出せるかどうかです。どんなに大量の情報を覚えたとしても、その情報を頭からスムーズに取り出せなければ意味がありません。

自分の中にしまっておくだけならばそれは単なる自己満足にすぎません。情報をスムーズに頭から引き出せるようになってこそ、記憶術を身に着ける意味があります。


二つ目は、覚えた情報をどれだけ理解できているかどうか?です。単純な文字の羅列・数字の並びを覚えるだけでは、何の意味もありません。

その情報が何を意味しているのか?どんな効果があるのか?まで理解してこそ、記憶の意味があります。中身のない情報をいくら覚えても脳力の無駄遣いをするだけです。


逆に言うと、覚えたことをスムーズに頭の中から引っ張り出すことができて、なおかつ覚えたことを理解できていれば、あなたの脳力は信じられないほどパワーアップするものです。

今まで自分の記憶力低さ、理解力のなさに苦しんでいたのが馬鹿らしくなるほど、下のような結果を手に入れることができます。


手短に暗記を終えることができる

■参考書を読むスピードが一気に速くなる

覚えたことをテストに生かせるようになる

■こっぴどくやられても倍返しできる


森田敏宏さんのパーフェクトブレインでは、記憶の効率性を高めると同時に理解力も高めてくれるので、資格試験には特にもってこいの記憶術となっています。

情報を単純に覚えるだけだとあなたの人生には何の影響もありません。記憶力の上がった自分に対して自己満足をするだけになります。


パーフェクトブレインに関してはただ、覚えたことを理解した形で頭から引っ張り出せるようになるうえに、既存の情報との関連性も見違えるように良くなっていきます。

つまり一つのことを思い起こすとそれに関連する情報も勝手に引っ張り出されるようになります。記憶を取り出す際の苦労が一瞬にしてなくなっていきます。


私たちの脳は通常、忘れることに特化しています。あなたが今見ている映像を頭の中に全て保存しようと思ったら、それこそ膨大な情報量が必要になり、脳の記憶容量を一瞬にして消費することになります。

そこで脳の記憶容量を節約するために、大半の情報を忘れるようにできているわけです。脳は新しいことを覚えるよりもどんどん忘れることに力を使うようにできているわけです。


森田敏宏さんのパーフェクトブレインではそこで、脳の忘れるという能力を最小限に食い止める方法が盛り込まれています。

目に入ったものの中でも、特に記憶として残しておきたいものに関しては、意図的に忘れないようにコントロールできるようになります。


記憶力に自信が持てるようになると、今まで頭が良いと思っていた人たちと肩を並べられるようになります。見上げるんじゃなくて同じ目線で彼らを見られるようになります。

むしろ同じ情報を目にしたときの理解力・記憶容量に明らかな違いを感じるようになり、自分に対する自信を高められるようになります。


転職面接のような緊張とストレスを感じる場面でも、記憶力はあなたに取って大きな支えになります。面接官の質問に対する回答をいくつも考えられるようになるからです。

意地悪な質問に対しても、あなたにとって最もメリットのある回答を瞬時に思い出して口に出せるようになるなど、あなたのかなえたい夢や目標を一通りかなえられるようになりますよ。


→→乾いたスポンジのように情報をぐんぐん吸収できる森田敏宏さんのパーフェクトブレインでお金と権力、結果を引き寄せる方法とは?



島田勝弘
婚活NOTE
ネイティブスピーク

記憶力が悪すぎる

May 09 [Mon], 2016, 11:11
暗記を伴う勉強といえば昔は寝る間も惜しむように暗記にいそしむしかありませんでした。空き時間があればとにかく繰り返し覚えなおすわけですね。

脳の特徴として「忘れる→覚えなおす」というプロセスを繰り返すことで記憶が強化されることが知られています。実際には忘れるんじゃなくて、記憶を引っ張り出しにくい位置に覚えているだけなんですが。


何度も思い出すうちに、思い出しやすい位置に記憶が引っ張り出されるので、テストが近づいているときなどに集中的に繰り返すのはよいんじゃないでしょうか。

ただ気を付けなければいけないのは、もともとの脳の記憶領域が狭い場合、1度に覚えていられる情報量は決して多くはない点です。



そこで最近の記憶術では記憶できる領域を広げるべく「右脳を使いましょう!」みたいなコンセプトを打ち出しているものがたくさんあります。

右脳は長期記憶を担っているといわれていて、私たちが過去から現在まで経験してきたことを蓄えているといわれています。その右脳に暗記したいことをインプットしていくわけですね。


そのための手段とフォトリーディングであったりエピソード記憶など様々な方法論が紹介されているものの、効果はいまいちだったり一長一短があるのが現実です。

特に記憶を引っ張り出すアウトプット能力です。情報を覚えることができても、それを頭の中から呼び出すことが出来なければ暗記をした意味が全くありませんからね。



森田敏宏さんのパーフェクトブレインではどちらかというとアウトプットに特化した記憶術です。逆に言うと、記憶力を上げるのはもはや当然の事実となっているわけです。

どんな記憶術を実践しても構いませんが、情報をただ覚えるだけで良いのであれば、それな単なる自己満足です。あなたの人生に1ミリも影響はありません。


アウトプットできるようになってこそ、暗記の意味があります。記憶を引っ張り出すのに苦労しているようであれば、仕事にも資格試験にもなんの役にも立ちません。

覚えたことをスムーズに思い出せるようになってこそ、意味があります。もっと言えば、覚えたことに紐づく情報まで芋づる式に思い出せるようにってこそ、記憶力を高める意味があります。


あなたも1日3分でよいので、脳の仕組みに従って記憶力を強化していけば、下のような悩みを簡単に克服することができますよ。

自分の記憶力なさにはあきれるばかり

■自分でも恐ろしくなるほど忘れてしまう

■人と同じことを聞いても覚えている量が圧倒的に少ない

■ひっかけ問題にはすぐに引っかかる


仕事で失敗を続け、あなたの貴重なアイデアがこれからもずっと無視され続ける前に、
脳力を開花させる食事やメソッドを覚えて、難しい用語や公式もすんなり覚えて理解できるようになりませんか?

周囲からバカにされたような視線を浴びるのは今日で終わりにして、思い出したいことがすっと頭から引き出せる爽快感を味わうにはこちら




ザ・シークレットサブリミナル
【上田式】腱鞘炎解消プログラム
英語ぺらぺら君
P R


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット
ブログランキング

PVランキング