ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2017年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
アイコン画像鈴木美智子
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

«食べ物 | Main | ペルバッコ更新履歴»
6月「無肉の日」のお知らせ / 2017年06月23日(金)
毎月毎月を食べていますが、今月は年に一度の肉なしの日、そう「無肉の日」

「無肉の日」も今年で5回目を迎えます。
ということは、5年目
なんだかアッという間ですね〜。

今回は、安くて美味しいVIVO(ヴィーヴォ)のフィレンツェ店にて開催致します。



3年程前からフィレンツェに安価で気軽に楽しめるシーフードのお店が増えてきて、VIVOはその気軽なお店の1つです。
かなり広い店内で席数もあるのですが、人気店なので予約をしないとなかなか入れず、当日予約はほぼほぼ無理。

「無肉の日」のために数週間前から10席以上確保しておりますので、まだ行ったことない方、また行きたかったという方、この機会に是非

詳細はこちらです。

●日にち6月29日(木) 
●時間:20:00
●場所:VIVO フィレンツェ店

●お申込み・お問い合わせ先:
info@italia20.jp
「肉の日」のFacebookページ

●お申込み締め切り:6月28日(水) 
イタリア時間の12時まで

ただし、定員になり次第、締め切らせて頂きます。

肉を食べるほどの食欲がなくなるくらい暑い暑い夏。
生もの、シーフードでしっかり栄養を取りましょう。
(ん やっぱりしっかり食べるのね。 はい、食べます。

すでにちょうどこの時期に日本からフィレンツェにいらっしゃる方々からもお問い合わせを頂いております。
早い者勝ちですので、お早めにご連絡をお待ちしております。

宮崎

シーフードクリックありがとうございます
(写真は肉だけどね〜。 突っ込み多い今回のお知らせ。)






 
Posted at 00:00 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
5月肉の日@フィレンツェ 報告 / 2017年06月17日(土)
2017年5月の肉の日の報告です。
宮崎が出張で欠席だったため、横田が担当いたしました。

今回は日本からのお客様も6名様もいらっしゃり、フィレンツェ在住組と合わせて総勢14名での開催となりました。
うちお一人は日本語がとても上手なイタリア人で、ごく普通に日本語での会話をされていました。

場所は昨年も一度、お世話になっているポンテ・ヴェッキオ近くのTrattoria 4 Leoni (クアットロ・レオーニ)でした。
席数も多いので、大人数でも安心して利用できる頼れるお店の一つです。


まずは前菜からスタートです。
トスカーナ風の前菜盛り合わせで静かにスタートです!
軽くウォーミングアップと言ったところでしょうか?


前菜をみんなで突っついていると、本日のメインのT ボーンステーキを、この日のテーブル担当のマイアさんが焼く前に見せてくれました。

肉の日の一つの醍醐味は、いろいろな料理を一度に楽しめることです。
この日は厚さ4〜5センチ、1.5キロのお肉を2枚、もちろん、この他にもお肉は注文済みです。


お肉に中断されましたが、前菜として頼んだサラダが続きます。
やはりお肉もおいしいですが、夏場のイタリアの野菜は色も味も濃さが違います

さて、お腹がお肉を迎える準備が整ってきました。
いざ、お肉料理のスタートです。


一皿目は鶏肉のタリアータ、グリルした鶏肉をスライスしたものです。
シンプルだけど、美味しい一品です。


そしてビステッカ(ステーキ)、きれいに焼きあがりました。
ビステッカの本場フィレンツェ風の焼き加減は、レア!が基本です。
切った時に肉汁がジョバーって出るくらいの焼き加減が理想です。
ご存知の通り、さしの入らない赤みのお肉なので、滴るのは旨みです!


焼いたお肉を、マイアさんが見事に切り分けてくれます。


さあ、召し上がれーーーーー!
お肉の中心部には赤みがしっかり残っています。


そして三皿目の肉料理、乳飲み仔豚のローストです。
ソースも絡まり、とっても柔らかく、お肉料理は大満足です。

肉の日ルール、パスタは最後(締め)に食べるべし!
ということで、「一口だけ、何か食べたーい!」と言う声が上がったので、夏らしくさっぱりパンツァネッラを頼みました。

パンツァネッラは固くなったパンを水で柔らかく戻し、夏野菜と和えたものです。
トスカーナのパンはすぐに、釘が打てるほど固くなってしまい、また塩が入っていないので、こんな風に再利用料理にも使えるのです

夏の暑い最中にもぴったり、お肉で満腹のお腹にもピッタリの一品です。

空腹がいったん満たされたところで、日本語がとっても上手なシモーネさんからお知らせがありました。
シモーネさんはピエモンテ州トリノの南西に位置するPiossasco (ピオッサスコ)という町で、日本文化を紹介しながら、日本人の奥様と日本食レストランをしているので、皆さん是非来てくださいねー!ということでした。

どうりで日本語がお上手だったわけですね。
FB ページはこちらです
inro & netsuke(Associazione Giapponese)
Le Petit Restaurant Japonais


そして世界の七不思議のひとつ、デザートは別腹タイムです。


デザートの説明を聞いていると、何となく満腹のはずのお腹でもデザート態勢になるから不思議です。
やっぱり本当にお腹って二つに分かれているんじゃないですかね?!

上のケーキが洋ナシとチョコレートのケーキ、下がチーズケーキです。


まだまだ続きます。
チョコレートのタルトにマスカルポーネクリーム添え、パンナコッタにフランボワーズのソース掛け

ふぅ〜、楽しい食事でした。
今月もたくさん食べました。
そして、沢山の方に会えました。


ありがとうございました。

さあ、今月6月は年に一度のお肉なしの「無(6)肉の日 魚料理バージョンです。
間もなく受付です、お楽しみに〜

よこた

たまにはクリックしてみたらどうだい?!

 
Posted at 01:50 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
5月「肉の日」のお知らせ / 2017年05月23日(火)
来週に迫った5月の「肉の日」
毎度のことながら、ギリギリのお知らせでございます。

今月は、(基本的に)年中無休途中休憩時間もなく昼から夜まで営業をしている、イタリアにしてはとてもとても珍しいTrattoria 4 Leoni(トラットリア・クワットロ・レオーニ)で開催致します。

ここで開催するのは、2016年1月に続き2回目
「肉の日」はなるべく毎回違う所で開催しようとは思っていますが、美味しい所人気の所は2度開催することもあります。
中には3回開催した所もあった気がします。

4 Leoniがある界隈はフィレンツェらしいいい雰囲気で、お店のスタッフもフレンドリーなので、大人数でのテキパキと対応をしてくれるので、みんなでワイワイガヤガヤするにはもってこいのお店です。

このビステッカは、前回開催の際の一品。
Tボーンステーキの見本のようなお肉です。



詳細はこちらです。

●日にち:5月29日(月)
●時間:19:30
●場所:Trattoria 4 Leoni
19:30に現地集合
●お問い合わせ・お申込み先:
info@italia20.jp
又は
「肉の日」のFB
●お申込み締切日:5月27日(金)
席に限りがありますので、お早めにご連絡をお願い致します。

既にこの日にちょうどフィレンツェにいらっしゃる日本在の方からの参加の連絡も数名頂いております。
なんだか楽しくなりそうです。

2ヶ月ぶりのフィレンツェ開催の「肉の日」
是非皆様の参加をお待ちしております。

スタッフ一同

今週も肉にくクリックありがとうございます。


 
Posted at 00:53 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
4月「肉の日@ヴェネツィア編」報告 / 2017年05月20日(土)
GW中の4月「肉の日」は、かなり前からお知らせした通りヴェネツィアで開催しました。
海に囲まれた地、ヴェネツィア料理はシーフード・・・、なのに「肉の日」

そんなことがあってもいいのが「肉の日」です。

フィレンツェをはじめトスカーナの町では肉料理のお店なんて簡単に、むしろほとんどのお店に数種類の肉料理があるのでお店を決めるのは、あり過ぎてどこにするか困ります。
、ヴェネツィアはここといった肉料理を出すお店がなさ過ぎて実はかなりいろいろとリサーチをしました。

1軒、シーフードではなくお肉をメインにしているお店がありましたが、そこは遅い時間帯でないと大人数の予約が出来ず敢え無く断念。

その次にここだと思った所が、今回の開催場所Osteria al Vecio Pozzo(オステリア・アル・ヴェーチョ・ポッツォ)です。

ヴェネツィアでよく見かけるVecioという単語、これはヴェネツィアの言葉でVecchio(ヴェッキオ=古い)を意味します。
よってお店の名前は古い井戸(Pozzo)、そう、その名の通りお店の前には古い井戸がありました。




今回の参加者は日本から参加の9名様ヴェネツィア及び周辺在住の3名様、ペルバッコスタッフ2名の合計14名
うち1名は1歳8ヶ月の女の子でした。
実はこの女の子、ちょうど1年前の「肉の日」にも参加しているのでこの歳にして既に2回目の参加です。
今後かなり有望な「肉の日」メンバーです。


さて、ヴェネツィアで頂いたお料理は、こちらです。

前菜:
Assortimento di salumi Veneti
(ヴェネツィアがあるヴェネト州のサルーミの盛り合わせ)

Porchetta fatta in casa
(自家製ポルケッタ=ロースト・ポーク)

San Daniele e Bufala
(サン・ダニエレ産の生ハムと水牛のモッツァレッラ)
サン・ダニエレとは、お隣りのフリウリ・ヴェネツィア・ジューリア州にある生ハムの有名生産地です。

トスカーナのサルーミ系はしっかりとした塩味がきいているものが多いのですが、ヴェネト州のものは優しい味わいでした。


プリモ:今回は先にプリモを注文しました。
Bigoli all'uovo all'anatra
(カモソースのビーゴリ)
ビーゴリとはヴェネト州の太麺パスタです。

Gnocchi di papate al ragu`
(ミートソースのニョッキ)
ニョッキとは、ジャガイモを潰してお団子状にしたパスタです。

やはりヴェネツィアに来たら、ビーゴリを頼まないといけませんね。
カモソースとビーゴリの太麺がしっかりとマッチしていて美味しかったです。

ニョッキはとても柔らかく、ジャガイモの甘みもあってとてもとても美味しかったです。
皆さんからもかなり好評で、私自身ヴェネツィアでこんな美味しいミートソースのニョッキに出会えるとは思っていませんでした。
お勧めです。



セコンド
ヴェネツィアを代表する肉系のお料理のこちらは外せません。
Fegato alla Veneziana con polenta
(ヴェネツィア風レバー、ポレンタ添え)
ポレンタはトウモロコシを乾燥させて粉にし、その後水を加えてドロッとさせたもの。
 ポレンタはフィレンツェではほとんど見かけないので新鮮な一品です。



そしてそして、「肉の日」定番のドーンとしたお肉の登場です。
Fiorentina di Manzo
(フィレンツェ風Tボーンステーキ)

料理を決める時にお店の人(確かロベルトさん)が

「うちに来たらやっぱりビステッカは食べないと

とお勧めしてくれたのですが、

「いや〜、フィレンツェで食べているからヴェネツィアっぽい肉料理の方がいいんですけど・・・。」

と答えました。

が、それでも「うちのビステッカはまた他とは違うから」

と強くお勧めしてくれたのでそれを注文しました。

出てきたのが、こちら。
笑顔でロベルトさんがお肉を切ってくれ、そして・・・



なんとそれをテーブルの上で自分の好きな焼き加減に出来るよう鉄板が運ばれて来ました。



鉄板にはお肉につけるソースが数種類置いてあって、焼き加減の他、味わいもお好みでアレンジ出来るようになっているではありませんか。

はい、これはフィレンツェにはありません。

オリジナリティーあって、皆さんも「なんだかイタリア版焼肉みたいだね。なんて言いながら、楽しそうにジュージューしていました。

所変わればいろいろな食べ方、肉料理があって面白く楽しい。
トスカーナ以外での開催も年に1回くらいはやって行きたいですね。

最後に、恒例の集合写真。
お店の壁にヴェネツィアの風景が描かれているのが可愛かったです。



お店全部を仕切っているミケーレさんとも最後に女性軍が一緒に1枚。
自分の隣りにいる女性の肩に手を伸ばすのは、さすがイタリア男



参加して下さった方のブログにも「肉の日@ヴェネツィア編」が紹介されております。
ぜひこちらもご覧下さい。

★きもの彩画廊さんのブログ★
 その1その2

宮崎

週末、肉ニククリックありがとうざいます


 
Posted at 00:15 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
4月「肉の日〜ヴェネツィア編〜」のお知らせ / 2017年04月15日(土)
イタリアは、4月16日(日)はパスクア(=イースター)4月17日(月)はパスクエッタで土曜日から3連休です。
日本もGWがだんだんと迫ってきましたね。

GWが迫る=4月29日の「肉の日」も迫る、ということでいつものごとく遅ればせながら「肉の日」開催のお知らせです。

今月は少し前に

「ヴェネツィアで開催します

FBの「肉の日」ページでお知らせしていた通り、水の都&シーフードの町ヴェネツィアが会場となります。

ヴェネツィアに行ったらこんなシーフード料理を食べたい方もいらっしゃると思いますが、




いやいや、今回は「肉」です、「肉」「肉」「肉」です。

詳細はこちら。
日時:4月29日(土)19:30
現地集合
場所:Osteria al Vecio Pozzo(オステリア・アル・ヴェ―チョ・ポッツォ)
予約名:SATO(サト)

お問い合わせ先:
FBの「肉の日」ページ 
又は
info@italia20.jp
締切日:4月24日(月)まで
ただし、定員になり次第締め切られて頂きます。

席にかなり限りがありますので、早い者勝ちの「肉の日〜ヴェネツィア編〜」となります。



ヴェネツィア在の方、近く在の方、どこからでも参加するよ〜という方々に夜のヴェネツィアでお会い出来ることを楽しみにしております。

宮崎

今月も「肉」クリックありがとございます


 
Posted at 01:25 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
3月「肉の日@フィレンツェ編」報告 / 2017年04月12日(水)
昨年12月末以来のフィレンツェの肉の日、総勢14名で楽しみました〜
久しぶりのフィレンツェ肉の日に選んだのは、ちょっぴりレトロな雰囲気のこちらのRistorante Caffagi (リストランテ・カファッジ)

中央市場の北側に位置するこのお店は知る人ぞ知るフィレンツェの老舗の一つに数えられるでしょう。
創業は1922年から、お料理はフィレンツェ伝統料理から魚のメニューも揃えています。

もちろん、この日はと野菜です。



まずは前菜からスタートです。
アーティーチョークのフリットとビエートラ(不断草)のソテー。

これにお店のご主人お勧めのナスのグリルとニシンのマリネとタマネギの和え物の二皿。

実はこのあたりの前菜はメインのお料理の付け合わせとしてメニューになっているもの
こんな風に前菜で頼むのももちろんアリなのです。

そしてブレザオラで肉の日前菜です。

この日は、久しぶりにイタリア人の友人二人が参加してくれました。
この二人、実はモリーゼ州プーリア州出身の南イタリア人です。
「彼は北、僕は南出身なんだぜ〜」とまるで、イタリア半島の北の端と南の端の出身のような話しっぶりでした。
普通に見たら、二人ともきわめて南イタリア出身なのにね、プププ。

お料理が続きます。
肉の日ルールにのっとり、前菜からすぐにメインのお肉料理です。

ビステッカを食べるのか!だったらこんなのどうだ?!と見せてくれたお肉です。
迫力満点!!
この日は14名で骨付き3キロにしました。
若干少なめ???

ビステッカが焼ける間に、まずはターキーの胸肉の白ワインソースです。
野菜のソテーが添えてあります。

それからオーソブッコ、牛のすね肉。
色々な地方で作り方があるようですが、このお店はタマネギを沢山使って煮込んでいるようでした。
両方ともフィレンツェにしては優しいお味で好評でした!

ジャジャーン、そしてフィレンツェ風T ボーンステーキ、ビステッカです。

人数が多いと、お肉料理もこんな風にいろいろ楽しめるの良いですね〜

オーナーのアンドレアさんが「さぁ、デザートにする?」と聞いたところ、「パスタ食べたーい」という声が上がり、締めのパスタです。
幅広のパッパルデッレにイノシシのミートソース、王道の1品ですね。
見事な食べっぷりにイタリア人もびっくりです。

そんなやり取りをしながら、やっとデザートの時間です。
こちらアンドレアさんお勧めのホワイトチョコレートのケーキ
人気でした。

そして、その人気のチョコレートケーキを上回ったのが、アンドレアさんがカルヴァドス(リンゴ・洋ナシなどの酒)注いでくれるこのデザート。

リンゴのシャーベットのカルヴァドス風味です。
グラスに盛り付けられたリンゴのシャーベットの真ん中に穴があけられていて、そこにカルヴァドスを注ぎます。
甘冷たーい食感にやや強めのお酒が追いかけてきます。
デザートというより、食後酒?
楽しい一品です。

今回も楽しい話の花が沢山咲きました。
大勢で食べる食事は楽しいですね〜

さて次回は水の都ヴェネツィアでの開催です。
お楽しみに〜

スタッフ一同

イエス・クリック!!

 
Posted at 05:55 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
2017年3月「肉の日@フィレンツェ編」のお知らせ / 2017年03月22日(水)
お待たせいたしました〜。
昨年末から久しぶりのフィレンツェ肉の日のご案内です。

1月は東京にて実施し、2月は29日がなく、そして今回3か月ぶりのフィレンツェでの肉の日開催です。

久しぶりのフィレンツェの「肉の日」は1922年開業のいわゆる典型的なフィレンツェのレストラン「Ristorante Cafaggi(リストランテ・カファッジ)」にて実施いたします。
開業以来カファッジ一族で守られてきたお店でのフィレンツェ風「肉の日」を楽しみたいと思います。
オッソブーコのような定番料理から野兎のようなジビエ料理まで、幅広いメニューも見どころのひとつです。


※写真はイメージです

詳細はこちらです。

日にち:3月29日(水)
時間:19:30〜 ※現地集合
場所:RISTORANTE CAFAGGI
住所:Via Guelfa, 35R Firenze

お申込み先:
「肉の日」フェイスブック→https://www.facebook.com/29italiano/
ITALIA20のメールアドレス→info@italia20.jp

お申込み締切:3月26日(日) 24:00まで
※必ず、上記「肉の日」フェイスブックかITALIA20のメールアドレスへご連絡下さいませ。


久しぶりにフィレンツェ肉料理を楽しみましょう!
ご連絡お待ちしております。

スタッフ一同

久しぶりにこちらもクリックお願いします!

 
Posted at 22:17 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
1月「肉の日@東京偏」の報告 / 2017年02月15日(水)
ペルバッコスタッフ(横田と宮崎)、1月の日本滞在を終えフィレンツェへと戻ってきました。

今回も滞在中に沢山の方々とお会いし、今年の仕事について・楽しい事についていろいろと話しをさせて頂きました。
皆様とイタリアで再会出来ることを楽しみにしております。

さて、1月の「肉の日」のご報告
2017年1回目は、横田と宮崎が日本にいたということもあり、東京で開催しました。

場所は、地下鉄神楽坂駅から徒歩5分弱の「BRUCIA BRUCIA」(ブルッチャ・ブルッチャ)
オーナー榎本慎也さんシェフの猪狩春樹さんのお店、肉料理が一番の売りのお店です。

こちらがオーナーの榎本慎也さん。
とても心地よいサービスをしてくれる慎也さん。



こちらがシェフの猪狩春樹さん。
熟成肉について熱く語ってくれた春樹さん。



このお店のテーブル席10、カウンター席10を目一杯使っての限定20名開催の「肉の日」でした。
20名のみということで、キャンセル待ちをして頂き、結局ご案内出来なかった方も数名いらっしゃいました。
すみません・・・。
次回の日本開催の際にはぜひ
(現在、未定ですが・・・。)

こちらがカウンター席。



カウンターがあるお店、個人的にとても好きです。
しかもこのカウンターの幅とキッチンが見える様子(高さ)がちょうどよく、シェフといい距離感を保てるのが凄く気に入っています。

壁には慎也さんと春樹さんの友人が描いた大きな牛の絵がドーンとあります。
かなり見応えのある作品です。
肉を扱う店感バッチリでいいですね〜。



今回は、
・日本での「肉の日」を楽しみにして下さっている方
・「肉の日」を通して友人になった者同士
・新しいメンバーと共に参加して下さった方
・勇気を振り絞って初めてお問い合わせを下さった方
・フィレンツェ在の時にも参加して下さっていた方

など、を通していろいろな方にお集まり頂きました。

ありがたいことです、本当に。

そんな皆様と頂いた、「ブルッチャ ブルッチャ」の料理はこちらです。

まずは、アミューズのセロリのスフォルマート
最初の一品のこちら、とっても美味しく、数名の方々は「美味しいと何度も言っていました。



前菜は、盛り合わせ。
左から、チーマ・ディ・ラーパと自家製ドライトマトのクロスティーニバッカラ(タラ)・マンテカート豚肩ロース肉のローストポーク・ 自家製粒マスタード添え北海道の柴田農園産のサラダと自家製ブレザオラ
柴田農園さんとはここ数年イタリアでのアテンドの仕事をさせて頂いており、偶然にもブルッチャ・ブルッチャさんでもここの野菜を使っているということで、今回「肉の日」のためにこれらのお野菜を提供して頂きました。

柴田さん、ありがとうございます
美味しく頂きました。



「肉の日」なのでパスタのソースはラグー(ミートソース)で。
シェフ曰く「一人50gなので、たっぷりあります。」とのことでしたが、ペロリと平らげてしまった私達。
「肉の日」メンバーの胃袋は大きいのです。



そしてメインは、こちらの特製熟成肉・ホルスタイン牛シンシンと佐藤畜産米沢牛レバーと野菜のグリル
シェフが昨年から手塩にかけて熟成させてくれたお肉と新鮮そのもののレバー。
どちらも美味しく頂きました〜。

こちらの写真は、ホルスタイン牛シンシンのトリミング中。
40日間の熟成を終えたお肉です。



レバー好きな私は、ここのレバーにもう首ったけ。
本当に美味しく、まだ食べたい、また食べたいと思う一品でした。
想像しただけでよだれが・・・。



デザートはパネットーネとご自慢の一品・ティラミス。
いや〜これも美味しく、これまた個人的ではありますが、今まで食べたティラミスの中で1〜2位となる味わいでした。



カフェ(コーヒー)を・・・というところで、登場したのが参加者の一人でもある中川さん



彼は、カフェのプロで、カフェを入れるバリスタはもちろん、コーヒーテイスターの講師でもあったり、KIMBOカフェの伝道師だったりととにかくカフェ世界の人なのです。
そんな中川さんが自らカフェを用意してくれました。
可愛い女性にはハートを・・・。
いやいや、みんなに平等に作ってくれました。



いつもとは違って、めいめいにお料理が運ばれ、ちょっとエレガントだった「肉の日@東京編」。
20名枠に入って下さった方々と最後に1枚記念撮影です。



2月は29日がないのでお休みですが、3月29日はいつも通りフィレンツェで開催します。

今年もまたどうぞよろしくお願いいたします。

宮崎

肉肉クリックありがとうございます


 
Posted at 19:40 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
12月「肉の日 記念すべき100回目」の報告 / 2017年01月23日(月)
2017年1月ももう下旬。
今週末は、いよいよ東京での「肉の日」開催です。
皆様から沢山のご連絡を頂き、キャンセル待ちの方もいらっしゃいます。
今後は、東京での「肉の日」も増やしていきたいですね。

さて、2016年12月、忘年会&記念すべき100回目を迎えた「肉の日」
こちらも23名様参加の大きな大きな会となりました。
3年ぶり2回目の「肉の日 忘年会」に広島から参加して下さった方もいらっしゃいました。

会場となったのは、2008年9月29日の第1回目を開催した「Coco Lezzone」(ココ・レツォーネ)
8年前、全てはここから始まりました。
2008年9月28日第1回目「肉の日」の様子はこちらをクリック

100回目はいつも以上に「肉」を中心にこちらの品々を頂きました。

前菜:Carciofi e Asparagi all'Agro(アーティチョーク&アスパラ)、
   Ceci-Fagioli secchi all'Olio(ひよこ豆と白インゲン豆)




セコンド:肉〜〜〜をドドーンと6種類

その1:Trippa alla Fiorentina(フィレンツェ風トリッパ)



その2:仕入れ状況によりメニューに並ぶCinta Senese(チンタ・セネーゼ)



その3&4:Crocchette e Braciola della Casa(クロッケッテ&ブラチョーラ)



その5:ここの名物料理でもあるArista al Forno(アリスタ)



その6:そしてそして、Bistecca alla Fiorentina(フィレンツェ風ビステッカ)
ロースとヒレ部分がきちんとある、見事なTボーン
ここの特徴なのか、オイルがしっかりとかかっていました。



きれに食べ終わった時の様子はこんな感じ。



この小さいサイズだと分かりにくいのですが、ビステッカの写真2枚はいつも私達ペルバッコスタッフが撮る写真とは構図も撮り方も明らかに違います。
「肉の日」の写真を見直しながら、

「ん これは私が撮ったものではない。横田が撮ったものでもない。じゃあ、誰

となり、その他のペルバッコのカメラに入っている画像をみたところ、ジャーナリスト・カメラマンで私達の兄さん的存在の池田匡克さんが撮ったものということが分かりました。
やはり、プロは違います。
はい。

6種類のお肉達を少しずつ食べた後、今回は締めのパスタはいらないかな〜と思っていまっしたが、いやいや「肉の日」メンバーの胃袋はまだいけます
恒例の〆のパスタとして、この日はラグー(ミートソース)を頂きました。



デザートはCantucci(カントゥッチ、ビスコッティ)とTiramisu(ティラミス)、その他食後酒を頼もうと思ったら、お店の人が「はい、これ飲んでアマーロ1本とグラッパいっぱいを頂きました。
こういうことをしてくれるイタリアのレストラン、好きです。



会もそろそろ終わりかなと思った時に、数名がなんだかゴソゴソと動きだし、なにやらアルファベットのものを出し始め、そしてソプラノ歌手の斎藤紘子さんがなんとその場で歌を披露してくれました。
(紘子さん、6月23・24日、北海道北見市で開催される北見国際芸術祭に出演します。詳細はここをクリック。)

サプライスで祝ってくれた「100回目の肉の日」
もうビックリし過ぎて思わず涙してしまいました。
みんな、ありがとう
本当にありがとう



最後は肉仲間達&お店の人との集合写真。



参加してくれる皆さんがいるからこそここまで続けることが「肉の日」
今まで参加して下さった皆さんに感謝です。

「肉の日」の後は、二次会へ。
参加者・真弓さんの人脈のお蔭で、とあるホテルのサロンを貸し切っての二次会。
横田の遊び友達でもある二人のRagazze(女の子達)もお母さんと共に、ホテル・サロンでの二次会に参加。
なんとも贅沢です。



と、長くなりましたが「肉の日 記念すべき100回目」の報告でした。

2017年イタリアでの開催は3月29日になります。
今年もどうぞよろしくお願いいたします

宮崎

肉にくクリックありがとうございます


 
Posted at 17:20 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
2017年1月「肉の日@東京編」のお知らせ / 2017年01月12日(木)
2016年12月に100回目の「肉の日」を迎えたこの企画。
(その様子はまた改めて)

101回目を迎える2017年1月の「肉の日」はスタッフの横田と宮崎が日本にいるということもあり、東京で開催することになりました。
私、宮崎はかなり久しぶりの東京での「肉の日」なので、皆さんにお会い出来ることを凄く凄く楽しみにしております。

会場となるのは、宮崎の16年来の友人・猪狩春樹君がシェフを務め、オーナーの榎本慎也さんがお店を仕切る「MACELLAIO BRUCIA BRUCIA」(マチェッライオ・ブルッチャ・ブルッチャ)。
聞きなれない言葉ですが、「肉の日」にピッタリな店名なのです。


【左:猪狩シェフ 右:榎本オーナー】

以下、BRUCIA BRUCIAのHPより。


BRUCIA ブルッチャとは、イタリア語で焦げるを意味しております。
店名「 BRUCIA BRUCIA 」は
炭火でじっくり、あつあつに肉が焼ける様子と
焦げるくらい熱い思いを込めて農産物を作る
生産者からの思いが込められております。

MACELLAIO マチェライオとは
食肉店で働く肉職人です。


ねっ、「肉の日」らしいお店でしょ

当日は、熟成肉の他、自家製ブレザオラ、スパゲッティ・アル・ラグー(ミートソースのスパゲッティ)、そしてここのお店の自慢の一品でもあるドルチェをご用意いたします。
ここのあのドルチェ、美味しいのです。
何かって
それは当日のお楽しみです。

詳細はこちらです。

日にち:1月29日(日)
時間:19:00開始 現地集合
料金:お一人様8,500円
場所:BRUCIA BRUCIA
住所:新宿区天神町77 都住創ラスティックビル1F

お申込み先:
「肉の日」フェイスブックhttps://www.facebook.com/29italiano/
ITALIA20のメールアドレスinfo@italia20.jp

お申込み締切:1月24日(火)
お店ではお申込みの受付をしておりません。
必ず、上記「肉の日」フェイスブックかITALIA20のメールアドレスへご連絡下さいませ。

今回20名貸切で開催いたしますので、早い者勝ちの「肉の日〜東京編〜」となります。
又、ワインを含めたコース料理になりますので、お申込みは20歳以上の方とさせて頂きます。
定員に達した場合、キャンセル待ちやお申込み締切前に受付を締め切る場合もございますので、何卒ご了承の程よろしくお願いいたします。


それでは皆様のご参加をお待ちしております。

宮崎

2017年も肉肉クリックありがとうございます



 
Posted at 14:45 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
オリジナル・
コーディネートサービス






提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました

ウィークエンド・フィレンツェ
ウィークエンド・フィレンツェ

ウフィッツィ、最後の晩餐のミラノ、ヴェネツィア、ヴァチカン美術館のローマなど、イタリア主要7都市の美術館・博物館のオンライン・チケット予約が可能












| 前へ
 
GMO MadiaHoldings, Inc.