ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2017年01月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
アイコン画像鈴木美智子
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

2017年1月「肉の日@東京編」のお知らせ / 2017年01月12日(木)
2016年12月に100回目の「肉の日」を迎えたこの企画。
(その様子はまた改めて)

101回目を迎える2017年1月の「肉の日」はスタッフの横田と宮崎が日本にいるということもあり、東京で開催することになりました。
私、宮崎はかなり久しぶりの東京での「肉の日」なので、皆さんにお会い出来ることを凄く凄く楽しみにしております。

会場となるのは、宮崎の16年来の友人・猪狩春樹君がシェフを務め、オーナーの榎本慎也さんがお店を仕切る「MACELLAIO BRUCIA BRUCIA」(マチェッライオ・ブルッチャ・ブルッチャ)。
聞きなれない言葉ですが、「肉の日」にピッタリな店名なのです。


【左:猪狩シェフ 右:榎本オーナー】

以下、BRUCIA BRUCIAのHPより。


BRUCIA ブルッチャとは、イタリア語で焦げるを意味しております。
店名「 BRUCIA BRUCIA 」は
炭火でじっくり、あつあつに肉が焼ける様子と
焦げるくらい熱い思いを込めて農産物を作る
生産者からの思いが込められております。

MACELLAIO マチェライオとは
食肉店で働く肉職人です。


ねっ、「肉の日」らしいお店でしょ

当日は、熟成肉の他、自家製ブレザオラ、スパゲッティ・アル・ラグー(ミートソースのスパゲッティ)、そしてここのお店の自慢の一品でもあるドルチェをご用意いたします。
ここのあのドルチェ、美味しいのです。
何かって
それは当日のお楽しみです。

詳細はこちらです。

日にち:1月29日(日)
時間:19:00開始 現地集合
料金:お一人様8,500円
場所:BRUCIA BRUCIA
住所:新宿区天神町77 都住創ラスティックビル1F

お申込み先:
「肉の日」フェイスブックhttps://www.facebook.com/29italiano/
ITALIA20のメールアドレスinfo@italia20.jp

お申込み締切:1月24日(火)
お店ではお申込みの受付をしておりません。
必ず、上記「肉の日」フェイスブックかITALIA20のメールアドレスへご連絡下さいませ。

今回20名貸切で開催いたしますので、早い者勝ちの「肉の日〜東京編〜」となります。
又、ワインを含めたコース料理になりますので、お申込みは20歳以上の方とさせて頂きます。
定員に達した場合、キャンセル待ちやお申込み締切前に受付を締め切る場合もございますので、何卒ご了承の程よろしくお願いいたします。


それでは皆様のご参加をお待ちしております。

宮崎

2017年も肉肉クリックありがとうございます


 
   
Posted at 14:45 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
Buon Anno / 2017年01月02日(月)
2017年、明けましておめでとうございます

旧年中は、私共「Perbacco スタッフ気まぐれフォトブログ」をご愛読頂き、誠にありがとうございました。

本年もどうぞよろしくお願いいたします。



(株)バッキーノ
スタッフ一同

今年初のクリック、ありがとうございます
 
   
Posted at 11:29 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
12月「肉の日 記念すべき100回目」のお知らせ / 2016年12月22日(木)
2016年最後の「肉の日」
そしてそして・・・

なんと2008年9月から始めた「肉の日」
今月で100回目を迎えます。
(同月に東京、イタリアで開催の時には2回と数えております。)

この「肉の日」を企画した、弊社(株)バッキーノの代表を務めている横田

「何か1つのことをみんなで長く続けたい。」

と思い始めたことが9年目にして100回目を迎えることが出来るのも、毎月参加して下さった方々、日本から29日に合わせて来て下さった方々、年に1回あるかどうかの日本開催に参加して下さった方々、このブログをご愛読して下さっている方々皆さまのお陰です。
本当にありがとうございます。

記念すべき今月は、忘年会バージョンも兼ねており、いつも以上に盛り上がりたいと思っております。

さて気になる場所は
いろいろと考えましたが、初心ならぬ、初回に戻るということで、初めて「肉の日」を開催した伝統トスカーナ料理のお店Trattoria Coco Lezzone(トラットリア・ココ・レツォーネ)にすることにしました。

〜詳細〜
●日付:12月29日
●時間:19:30
●場所:Trattoria Coco Lezzone
●住所:Via del Parioncino,26r
現地集合にてお願いいたします。
●お申込み先:FBの「肉の日」ページ
      又は
      ITALIA20のメール
●締め切り:12月26日(月)
席に限りがございますので、満席になった時点で締め切りとさせて頂くことがあります。
 ご了承下さいませ。

2016年の締めくくりとして、皆さまのご参加をお待ちしております。

【ビステッカのイメージ画像】

宮崎

今日も肉クリックありがとうございます

 
   
Posted at 01:40 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
11月「イイ肉の日」報告 / 2016年12月19日(月)
99回目を迎えた、2016年11月「イイ肉の日」のご報告です。

いや〜、今回のお店はいつも以上にイイ所でした。
フィレンツェの街の中心から少し離れていて、位置的にはちょうど市内中心と空港の間にある、Osteria di Poneta(オステリア・ディ・ポネータ)


店内はそう広くなく、先日の「イイ肉の日」のお知らせブログに書きましたが、どこかの邸宅のサロンっぽい雰囲気で、こぢんまりとしています。

ここのお得意料理は、「お肉のグリルと生パスタ」とのことですが、いやいやそれ以外の料理もとても美味しかったです。

頼んだ料理はこちらの数々。

旬の野菜・アーティチョークのサラダ野菜のスフォルマート
前菜もお肉系を頼むのが本来の「肉の日」ですが、今回は「旬の野菜」の言葉に負けて野菜を選びました。
普通、スフォルマート(写真・右)の一人前は一人で食べるくらいに適した小さいサイズなのですが、ここのは数人で分けて頂くのにちょうどいいくらいのしっかりとした大きさでした。
お味は
美味しかったです。



プリモは後回しにして、セコンドへ。
前菜が野菜だったので、今回はセコンドをドドーンと4品肉で攻めまくってみました。

その1:フィレンツェ風オッソブーコ、ホウレンソウ付



その2:鶏肉とうさぎのフリット、パターテ・フリッテ付
いや〜、このパターテ・フリッテ(ポテトフライ)が、カリッとしていて美味しく、私の中では今までの「肉の日」で一番美味しかったような気がします。
他の参加者からも「ここのパターテ・フリッテ、美味しいという声が上がっていました。



その3:フィレンツェ風トリッパ
「肉の日」によく参加してくれるH子ちゃんが大のトリッパ好きなので、彼女が参加する時には一皿だけでもトリッパを注文しています。
そう、トリッパの食べ比べ。
今回もH子ちゃんが参加していたので、定番のトリッパを注文。
「トリッパは臭みがあるから、苦手」という人も結構いるのですが、ここのは変な臭みがなくて美味しく、H子ちゃんはもちろん他の参加者の皆さんもいつも以上に満足していました。



4品目は、こちら。

その4:ビステッカ・アッラ・フィオレンティーナ
ここがイイお店という所以の1つは、肉に対して「誠実」というところ。

フィレンツェ市内のお店でも、ビステッカを注文すると、

「これで1.3〜1.5Kgあります。これでいいですか

と焼く前のお肉をテーブルに見せに来てくれる所はあります。
でもこのオステリア・ディ・ポネータは、お肉を見せに来てくれる時に重さと値段、そしてお肉の種類と番号まできちんと教えてくれるのです。



この日私達が美味しく頂いたのは、Scottona(スコットーナ)という16〜18ケ月の牝牛を約2.3Kg=120ユーロでした。
スコットーナは、まだ出産をしていない牝牛でとても柔らかいのが特徴だそうです。



焼き上がったビステッカは、テーブル脇でカメリエーレのアントニオさんが手際よく切り分けてくれサービスしてくれました。



焼き加減もちょうどよく、2.3Kgのお肉を11人でペロッと平らげました。



で、更に「肉の日」定番のプリモのピリ辛トマトソース・カレッティエーラへ戻り、食事は終了。
いろいろ、少しずつよく食べました。



ドルチェは、まだ食べられる人が好きな物を注文して〆の一皿。
4〜5種類頼んだ中でも、アントニオさんがお勧めしてくれた洋梨の赤ワイン煮が一番美味しかったです。



ここまでバスやタクシーで来ないといけないのがちょっと大変ですが、いやいやそれだけの価値は十分にあります。
ここのオーナーさんのレアンドロさんとクリスティーナさん



そして今回の我ら「肉の日」メンバー10名+アントニオさん+カメラマンの私・宮崎
何気に私達の後ろのテーブルにいる女性もしっかりと写ろうとしてカメラ目線なのが、面白い1枚です。



さて、今月12月の「肉の日」は毎年恒例の忘年会バージョン&なんとなんと記念すべき100回目です。
告知する前から、
「参加します
という声を頂いております。

今週中には告知いたしますが、すでに参加を決めている方は告知前でもお気軽にご連絡下さいませ。

宮崎


→クリックしてね
 
   
Posted at 00:10 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
2017年ペルバッコオリジナルカレンダー / 2016年12月07日(水)
今年も作りました
「2017年ペルバッコオリジナルカレンダー」

今年はペルバッコスタッフの写真だけではなく、皆さまからイタリアに関する写真を募集し、スタッフがごく普通に目にするイタリアの日常の光景が、奥行を感じる構図と共に表現された1枚にいたしました。

どなたの作品がカレンダーになったのか、各月の写真、そしてお申込みに関しては下記ペルバッコサイトをご覧下さい。

2017年カレンダーご案内ページ

ご案内ページに行く前に、表紙と個人的に気に入っている写真をご紹介します。

こちらが表紙です。
2010年の初回から偶然、そして途中から必然的にフィレンツェのドゥオモが表紙となり、今年は青空とクーポラにしました。



私・宮崎が個人的に気に入っている写真はこちらです。
ごちゃごちゃとしな中にも、イタリアらしさを感じる1枚。
「私が撮りました
と言いたいところですが、違います・・・。



その他、風景、建物、人物、食べ物など、イタリアをいろいろな角度からお楽しみ頂ける写真を選びました。

今回も作成料・送料など、実費(1,600円)を負担していただける方に限定で提供いたします。
発送・税関などの手続きの関係で2017年になってからの到着になる場合もございますが、年内到着ご希望の方は12月12日(月)までにお知らせ下さい。
年内に届くよう最善を尽くします

2017年1月になってからの到着でもよろしければ、12月23日(金)を締め切りとさせて頂きます。
ただし、数に限りがございますのでお早めにお知らせ下さい。

2017年も、2017年は、是非ともペルバッコカレンダーと共にお過ごし下さい。

宮崎

今日もクリックありがとうございます


 
   
Posted at 07:55 / お知らせ / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
オリジナル・
コーディネートサービス






提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました

ウィークエンド・フィレンツェ
ウィークエンド・フィレンツェ

ウフィッツィ、最後の晩餐のミラノ、ヴェネツィア、ヴァチカン美術館のローマなど、イタリア主要7都市の美術館・博物館のオンライン・チケット予約が可能











  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.