ペルバッコ■イタリア・フォトブログ

フィレンツェやミラノの達人たちが日常の食卓から郊外での出来事などを綴るイタリアの毎日

イタリア時刻とフィレンツェ天気
2016年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像perbacco
ローマ週間 (2016年05月16日)
アイコン画像perbacco
3月「肉の日」報告 (2016年05月16日)
アイコン画像おがた かおる
ローマ週間 (2016年05月01日)
アイコン画像saigarou 坂本
3月「肉の日」報告 (2016年04月23日)
アイコン画像Perbacco よこた
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
アイコン画像鈴木美智子
8月「肉の日」のお知らせ (2015年08月28日)
アイコン画像ヒロ吉
フィレンツェで飲むカクテル (2015年05月20日)
アイコン画像Andyさん
3月「肉の日」報告 (2015年04月22日)
月別アーカイブ
ブログ・ランキング

アイコンをクリックしていただけると、当ブログが参加しているブログランキングに反映され、クリック数が多いと順位が上がり、ブログ・ライターの「やる気」が上がります。

クリックは1日1回で〜す!
応援お願いします!
(クリックは無料です)

イタリア情報に登録しています!
にほんブログ村 海外生活ブログ イタリア情報へ
にほんブログ村

BLOGRAM ランキング
こちらもクリックよろしくね! blogram投票ボタン

6月「無(6)肉の日」お知らせ / 2016年06月21日(火)
6月も終わりが近づいてきました。
肉の日も近づいてきました。
今月は6月、年に一度の無(6)肉の日です。



肉料理ではなく魚料理を楽しみます。
詳細は以下の通りです。

お店はヴェスプッチ橋を渡った川の向こう側、今年4月にオープンしたてのBurro & Acciughe (ブッロ・エ・アッチューゲ)です。



場所:Burro e Acciughe(ブッロ・エ・アッチューゲ)
住所:Via dell'Orto, 35 Firenze

Burro & Acciughe のFB ページ

日にち:6月29日(水)
時間:19時より
集合:現地集合

締め切り:6月26日(日)までにお知らせください。
申し込み先:info@italia20.jp、もしくはFacebook の肉の日イタリアーノのページからご連絡ください。→閉め切りました


話題のお店なので、今回は19時から21時までとなっています。
2時間という制限はありますが、短期集中で楽しみましょう!

席数がとても少なくなっております。
先着順とさせていただきます。
定員になり次第、受付を締め切らせていただきます。

ご連絡をお待ちしております。

スタッフ一同

 
   
Posted at 23:53 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
5月「肉の日@シエナ編」報告 最終回 / 2016年06月15日(水)
5月「肉の日@シエナ編」の報告、最終回の始まりで―す
この回はよこたに代わり、宮崎が担当です。

5月「肉の日@シエナ編その1」はこちら
5月「肉の日@シエナ編その2はこちら

すっかり打ち解けたフィレンツェ&シエナチームは、一杯のお腹を落ち着かせるために、暢君の案内に従いシエナの町に繰り出しました。
目印の旗はないですが、完全に暢ツアーです。



シエナの町に行くと、ほとんど決まった所しか歩かず、よって決まった景色しか見ていなかったのですが、やはり在住の人と歩くと、見える景色が違います。



上の写真は、シエナのパノラマスポットとして有名なポイントですが、その後は、坂を下り、今も尚残っている城壁を見ながら、エスカレーターで町の上まで行き、そして更に観光客の姿が少ない通りを進み、はい、町の中心のカンポ広場へ到着です。

「いや〜、シエナ綺麗だわ〜

とつくづく感じました。



カンポ広場から暢君のエノテカはすぐ近く。
正確に言うと、マンジャの塔を正面に見て広場の右端にあるポストから暢君のエノテカはほんの40歩
エノテカ前で、「肉の日@シエナ編」の締めの挨拶をして帰りのバスの時間までそれぞれ自由行動となりました。
と言ってもね、ほとんどの人達がエノテカでの試飲を楽しんでいました。



この日用意された試飲のワインは、発泡性のものから白、ロゼ、赤、そして食後酒と44種類
それがたったの10ユーロで楽しめるという超お得な内容でした。

「試飲最初のワインは、やっぱり泡でしょう〜。」

ということで、ポルトフィーノ近くの海底約60mで26ヶ月間寝かせたスプマンテから。
珍しいですよね〜。



スプマンテでスッキリした後は、もう各自気になるものをいろいろと。
時間制限ありますから、みんな必死です



最後はしっかりと働いている暢君に、

(沢山の感謝の気持ちを込めて)
「バイバーイ、又ね〜。

とかなりあっさりと挨拶をし、お気楽ご気楽なフィレンツェメンバーはシエナをあとにしました。

さて、次の週末「肉の日」はいつかな〜。
お〜、秋の味覚10月29日(土)ですね。
どこに行きましょうかね、電車+タクシーパターンのあそこかな〜〜〜。
イッヒッヒッ。
場所発表は10月になってからのお楽しみです。

首を長〜くして待っていて下さい

宮崎

 
   
Posted at 23:25 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
5月「肉の日@シエナ編」報告 その2 / 2016年06月13日(月)
それでは、いよいよ肉の日シエナ編の始まりでーす。

5月肉の日@シエナ編 その1はこちらから

今回オーガナイズのソムリエ暢君(のぶくん)取り扱いのスパークリングワインでスタートしました。

スパークリングワインを楽しみながら、参加さ皆さんの紹介です。
今回は、オペラ歌手、洋服やカバンのデザイナー、ジュエリー職人、ウェディング会社勤務、彫刻家、ソムリエ、バリスタ、語学学校生、B&B経営者など、バラエティーに富んだ皆さんがフィレンツェ、シエナ、2つの町から集まりました。

シエナメンバーとして参加の彫刻家とB&BのHPはこちらです。
彫刻家:Hanako Kumazawa
B&B:La Chiacca B&B


そんな自己紹介を行っていると、前菜が運ばれてきました。

今回は一人ずつの盛り合わせスタイルで楽しみます。
トスカーナの肉と野菜が満載の一皿です。


内容をモンタルチーノ出身のシェフPierino(ピエリーの)さんが、説明してくださいました。
その説明を通訳してくれたのはシエナ在住で日本へオリーヴ・オイルやワインを輸出販売している聖美さんです。
聖美さんのブログはこちら

前菜はトスカーナ風クロスティーニ、チーズのタルト、キャンティ風ツナ、リッボリータ、野菜のフリッタータが所狭しとお皿に乗っています。
しっかり、たっぷり前菜です。

このあたりからワインは赤へ移行です。
でも、ワインの話はまた後で。

いつのころからか始まった肉の日ルール「肉の日だからパスタよりも肉を先に食べるべし!」にのっとり、メインの1品目のスカロッピーネです。
優しいお味で食が進みます。

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、中世の頃からフィレンツェとシエナは犬猿の仲
なにかと張り合う二つの町です。
こんなに楽しい食卓でも、ほら、写真の通り。
フィレンツェ軍(左)とシエナ軍(右)が肉を挟んでいがみ合う場面も…もちろん冗談です。

そしてメイン二皿目はお肉の盛り合わせ。
チンタセネーゼ豚にコロンナータ産のラルドを乗せた物と牛肉のグリルです。
控えめに見えるかもしれませんが、、、かなり皆さん満腹で、締めのパスタはなしでした。

デザートにはベリーのソースがかかったババロアでした。
満腹肉腹にホッとするデザートでした。

写真ではわかりづらいですが、皆さん席替えもして、また肉の輪が一つ大きくなったと思います。
最後にシェフも一緒にみんなで記念撮影です。

そして、表に出てもフィレンツェとシエナの友好の証拠写真です。

通常とお肉を食べておしまいの肉の日ですが、今回はせっかくのシエナの遠足、ソムリエ暢君に街を案内、そしてイベント実施中の暢君勤務のエノテカにもお邪魔してきました。

その模様はまた次回。

よこた

それ、クリックだ!
   
 
   
Posted at 23:35 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
5月「肉の日@シエナ編」報告 その1 / 2016年06月10日(金)
こんにちは、よこたです。
5月の肉の日は日曜日にあたり、遠足に出かけました。
フィレンツェのお隣シエナまで足を延ばしました。

当日はあいにくの雨。
そしてシエナまでは、当初バスの旅を予定していましたが、、、もろもろの都合で急遽、列車の旅に変更しました!
アクシデント変更なくして遠足とは言えませんよね〜

フィレンツェチームは12人、うち11人がフィレンツェから一緒に出発しました。
フィレンツェチームの間でも、初対面同士の方もいらっしゃり、ちょうどよい自己紹介の時間となりました!!
まさしく怪我の功名とはこのことです

雨のフィレンツェから始まった遠足も、シエナに着いてみるとお日様が顔をのぞかせていました。
テンション上がりますね〜

シエナは丘の上の町、丘の下にある列車の駅からはエスカレーターで上がることができます
延々、いつ到着するともわからないエスカレーターでもフィレンツェチームのおしゃべりはとどまるところを知りません。

中世の門を抜けて、いよいよシエナの中心地に乗り込みます。

今回の肉の日はシエナ在住ソムリエの鈴木暢彦君オーガナイズでRistorante Bagoga(リストランテ・バゴガ)で開催です。

レストランの中に入ってみると、なんとテーブルでナプキンがスーツの形で迎えてくれました!
ちなみに蝶ネクタイは赤くした小麦で作った蝶の形のパスタ「ファルファッレ」でした!
なかなか、やるな!

シエナチーム6人とも合流して、総勢18人でいざ肉の日シエナ編スタートです!

その2に続く

よこた


シエナーーーーークリーック!
   
 
   
Posted at 03:10 / ITALIA20 / この記事のURL
コメント(0)
3月の写真から覚書 その2 / 2016年06月01日(水)
ちょいと間があきましたが、続きです。
3月某日、大人の会社見学です。

ロゴを見て!ときた方もいるかと思います。
この日はフィレンツェのエスプレッソマシンメーカーのLa Marzocco (ラ・マルツォッコ)にお邪魔しました。

見学は縦長だったエスプレッソマシンの歴史から始まり…

最新式のマシンの製造工程も見学しました。
Bar (バール)に並ぶ大型のプロフェッショナル仕様の物から、家庭でもプロ・レベルのコーヒーが淹れられる小型のマシンまで幅広い種類のものがオーダーにあわせて作られています。

みんな大きくても、小さくても同様にハイクォリティーのマシンです。
各機械に付けられるタグがそのことを証明しています。

このメーカーのロゴは盾を持ったライオン、そう、フィレンツェのシンボルでもあります。
トスカーナ州を征服したフィレンツェ、コーヒーマシンの世界も征服したいから!との願いが込められます。

楽しい見学をさせてもらった上にお土産にデミタスカップまで頂きました。
あ〜楽しかった!

よこた


イエス・クリック!
  
 
   
Posted at 01:10 / フィレンツェでの生活 / この記事のURL
コメント(0)
プロフィール
Perbacco
このブログは、イタリアを目指す方のためのコーディネートを行う、イタリア情報サイト「ペルバッコ」のスタッフの素顔を紹介する目的で始められたブログです。

イタリアの空気を感じて、そして楽しんでいただければ幸いです。

より詳しく知りたい方は「ペルバッコ」とその仲間カテゴリーをご参照下さい。

イタリア情報サイト「ペルバッコ」は毎月第1,3週更新です。

perbacco_blogをフォローしましょう ツイッターにて「イタリアの○○って」シリーズつぶやき中!

Italia20
ITALIA20 (イタリア・ヴェンティ):
イタリア全20州を美味しく楽しく巡る旅。

ペルバッコを運営する(株)バッキーノが送る、新しいイタリア旅行のスタイルを提案するプロジェクトです。

毎月29日は肉の日(肉を食べに行く日)を実施しています!
お気軽にお問い合わせ下さい!

肉の日イベントなど、実際の雰囲気を知りたい方は ITALIA20 カテゴリーから

レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ
le volpi e l'uva
(レ・ヴォルピ・エ・ルーヴァ):

フィレンツェのポンテ・ヴェッキオの袂にあるエノテカ。

実店舗の楽しさにあわせて自慢のワイン、食品をイタリアからお取り寄せ!
月ごとにお勧めするワインセットは目が離せませんよ!

毎月29日はホームページ上では語られないお店の裏話満載の”ヴォルピ通信”も配信中。

ヴォルピ通信はこちらからどうぞ!
オリジナル・
コーディネートサービス






提携サービス
BOOKING.COM
BOOKING.COM

私たちイチオシのホテルの予約もより簡単になりました

ウィークエンド・フィレンツェ
ウィークエンド・フィレンツェ

ウフィッツィ、最後の晩餐のミラノ、ヴェネツィア、ヴァチカン美術館のローマなど、イタリア主要7都市の美術館・博物館のオンライン・チケット予約が可能











  | 前へ  
 
GMO MadiaHoldings, Inc.