英語ぺらぺら君で英語 話せるようになるには@独学期間

May 12 [Tue], 2015, 4:01


言っていることがわかっても、答えを考えるのに戸惑ってしまい、英会話をするシーンはいつも、外人に呆れた顔をされていたとしても、
簡単な単語で文章を作る感覚がどんどん磨かれていき、その場で感じたことをスムーズに英語で言えるようになる方法がこちら


下のようなうっとうしいだけの悩みはさっさと解消して、伸び伸びと英語が話せるようになりたいと思いませんか?



英語も話せない自分をみじめに思うことがある

■英会話の本を読んでも翌日にはすっかり忘れている

英語の壁に何度も挫折を味わっている

日本語ですらたどたどしい


英会話教室に通っているのに、それでもさっぱり英語が身につかない。という人は、案外たくさんいます。そういう人たちは決まって「教室では言葉が通じるのに。。。」捨て台詞を吐く点じゃないでしょうか。
教室の中だろうが外だろうが、英語は英語です。違いがあるわけではないものの、なぜ、英会話教室で学んだことを実践で活かせないのかというと、理由は3つあります。

1つ目は、英会話講師があなたのレベルに合わせてわかりやすい表現をしてくれること。もっと言えば、日本人にとって理解しやすい英文で話してくれるからです。
実際の英会話の場面では、あなたの英語力を考慮して言葉を選んでくれる優しい外国人なんて、そんなにいるわけではありません。むしろ、話が通じないと思ったらさっさと会話を切り上げられてしまうことでしょう。


英会話教室の2つ目の問題は、あなたの話す内容がどんなにめちゃくちゃでも、英会話講師は一生懸命に理解しようと頑張ってくれること。発音がひどくて全然聞き取れなくても、一生懸命に考えてくれるからです。
講師はあなたからお金をもらって英語を教えているわけですから、嫌でもあなたの英語に付き合わなければいけません。しかし、利害関係の全くない外国人が、あなたのひどい英会話に付き合ってくれるほどやさしいわけがありません。

そして英会話教室の抱える最大の問題点は3つ目の「講師の指導力」です。講師は確かにネイティブレベルで英会話を身に着けているかもしれませんが、悪い言い方をすると「英語が話せるだけ」です。
英語をわかりやすく教えるスキルを必ずしも身に着けているわけではありません。教室に行って英会話に触れることは確かに大切ですが、時間を有効に使えているか?というと疑問を感じざるを得ません。


さらに「グループセッションがメインなので賞味のレッスン時間がわずかしかない。」というのも英会話教室が抱える問題の一つで、費用対効果は決して高いわけではありません。
そもそも、週に1回とかそんな頻度で教室に通い続けても、結局は、前回学んだことを復習することから始めなければいけないため、3歩進んでは2歩下がる状態を延々と続けることになります。



石井あきらさんの英語ぺらぺら君中級編を実践する場合にも、毎日続けることだけはできるだけ徹底すべきです。日を空けてしまうとその間に、前回まで学んだことをグングン忘れてしまいます。
ただ逆に、脳の仕組みとして繰り返し覚えたことはどんどん忘れにくくなります。長期記憶に深く刻まれることになるので、どんなに時間が経過しても忘れなくなっていきます。

英語ぺらぺら君中級編の標準的な勉強時間は1日20分程度で済みます。その20分というのも、机に向かう必要があるわけじゃなく、場所を選びません。
音声を聞き、口をパクパク動かせる状態であれば、いつでもどこでも英会話レッスンに取り組めるようになるので、移動中やちょっとした休憩時間をすべて英会話の練習へ注ぎ込むことが出来ます。


クエッショニングと呼ばれる独特の練習方法を採用しているため、英語ぺらぺら君中級編を始めたばかりのころは確かに、負担が大きく感じるかもしれません。
質問のペースについていけず、ちょっと難易度が高いように感じるかもしれませんが、1週間くらい頑張って続けてみると、感覚がかなり追いついてくるはずです。

2週間、3週間と続けていけば、頭も口もだいぶスムーズに動かせるようになり、英語を英語のまま理解できる反射神経がグングン鍛えられていきます。
そして1か月くらい英語ぺらぺら君中級編を続けることが出来たら、質問を聞いている段階ですでに答えが思い浮かぶくらい、英語感覚が研ぎ澄まされていきますよ。

→→英会話にとっさに反応できる反射神経も養ってくれる石井あきらさんの英語ぺらぺら君中級で模範解答のあるクエッショニングの詳細は??


髪の毛を太くする方法
卓球 サーブ 横回転と種類

英語ぺらぺら君の英会話 独学 参考書とDVD

May 12 [Tue], 2015, 3:57


日本人は英語に関して必要以上の勉強をしています。実際に大学受験レベルの英語の試験問題をネイティブに見せると、「ジーザス!」と唸り声を上げますからね。
英語ネイティブでさえ悲鳴を上げるほど、難しい英語の文章問題を解いているわけですが、英語の成績と英会話のスキルは必ずしも比例しているわけではありません。

英会話ができるようになるには、学校でやってきた勉強とはまったく違ったアプローチが必要になるわけで、リスニングCDを聞き流すやり方なんかもありますが、耳で聞くだけで英語が身につくほど、楽なものではありません。
むしろリスニングCDで繰り返し再生される聞き取れない音を何度も聞いてしまうと、聞き取れない音は理解不能な音として頭の中に焼付くだけです。


リスニングCDなんかでは私たちが身に着けた知識を十分に生かすことが出来ないため、聞き流すだけじゃなくてとにかく話す経験を1秒でも増やしていく必要があります。
英語を話すとなると留学するかもしくは英会話教室に通うという方法があるものの、別にそこまでの手間を書けなくたって、話す訓練はどこでもてっとり早く出来てしまうものです。

石井あきらさんの英語ぺらぺら君中級編にある通り、「質問に答える」というやり方であれば、外人の話の輪の中に飛び込まなくたって、自分で英語を話す機会を増やすことが出来ます。
それに「英語を話す」という経験さえできればよいので、ブツブツとつぶやくように発音するだけでもOKだし、口をパクパク動かすだけでも十分に英会話を話す経験としてあなたの中に蓄積されていきます。



英語ぺらぺら君中級編の中で石井あきらさんも話していますが、日本人が英語を苦手と感じてしまうのは、学校の授業で成績をつけられてしまうことと、英語が通じなかった失敗経験がトラウマになっているからです。
実際の英会話では学校の試験とは違って正解が求められるわけではないのでアバウトでOKです。言い間違い・聞き間違いはその場で訂正していけばOKです。
それに書き言葉と話し言葉には根本的な違いがあるわけですから、学校で習ったことをそのまま、英会話で使えるものではありません。覚えた知識を活用するノウハウをまた別に学ばないといけません。

英語ぺらぺら君中級編では、知識を実践へと活かす方法を半強制的に身に着けていくことが出来ます。1日20分の勉強時間さえ確保できれば1か月くらいで英語感覚を身に着けることが出来ます。
あなたも、リスニングCDみたいに、偏ったやり方で英会話習得に取り組むんじゃなくて、バランスよくスキルを養っていけば、下のようになることが出来ますよ。



外人と会話をするのが非常に楽しみになる

海外から見た日本の姿を見ることが出来る

英語が今よりずっと身近になる

難しい英会話にどんどんチャレンジしたくなる


さっぱり英語感覚が身につかない勉強にしがみつき、これからも英語上達のチャンスを逃すことになる前に、
少しずつ言い方を変えて英語感覚を養っていき、海外旅行で頼りにされる優越感を味わってみませんか?

使えない知識ばかりを覚えて勉強時間を無駄にするのは今日で終わりにして、冗談も交えてスムーズに英会話ができるようになるにはこちら



クレジットカード 枚数


P R
カテゴリアーカイブ


ブログランキング
ブログランキング
リンクリックブログランキング サプリメントダイエット

ブログランキング

PVランキング