blog引っ越します 

2005年12月01日(木) 4時09分
この度、yaplogさんから引っ越す事になりました。

「スイスの種」fc2 blog
http://suissenotane.blog37.fc2.com/

blogリストへの登録・リンク等を貼っていただいていた皆様、
大変お手数ですが、お気が向いた時にでも、
こちらに変更お願いいたします。


今後とも、何卒よろしくお願いいたします。


kaoriffy

オーケストラの練習 

2005年11月07日(月) 22時47分
実は今シーズンに入って、既に3度目の練習なのですが、
アマチュアオーケストラの練習が始まりました。


前回の2回でも色々あったのですが、あまりに脱力して、
Blogに書く気もしなかった訳です。


つまりは前回同様、いい加減大陸的なわけです。
私が言うんだから、相当なわけです。


そんな、大陸的な人々の犠牲になったのはオット
最初は「人数足りないから、練習だけ手伝いに来て」
という話だったのに、練習に行ってみたら本人の意図も聞かれずに、
勝手にメンバーにされておりました。Σ(゚Д゚;エーッ ! ?

私的には、今まで日本で一緒に吹いていたオットが
一緒に吹いてくれるのは、安心できるし、
何より久々に一緒に吹けて嬉しい。
冬の夜の帰り道、一人じゃないのが何より嬉しい。
(結局、オケにもツマにも良いように利用されるオット)


そんな訳でオットと二人で行ってきた、今回の練習。
まずは管楽器のみ集まって練習。(弦楽器は後から合流)





・・・・・・いやぁ、「日本人って、沢山練習してるんだなぁ…(´∀`;)」
と思いました。
木管楽器の人なんて、本当に大変だったんだろうなぁ。



ウチのオケ、練習は一ヶ月に一回だから、
今まで2ヶ月間は練習期間があったはずなんだが…。

日本のアマオケの初見時でも、もうちょっとこう、
なんだ、ほれ、あれだ・・・。(言葉を濁してみる)

今回はじめて来た指揮者も最初、
「一体今まで何回練習したの!?」って聞いてたし。
「これで3回目」って言ったら「なぁんだ。それなら大丈夫!
明日がコンサートじゃないんだね!(・∀・)グッ 」
って
・・・いや、あの、そこでスイスギャグ要らないから。






とりあえずさぁ、頭の中で楽譜の読み替えできないなら

こんな風に書き込んじゃえば良いのにね〜。





・・・・って、あら。
お恥ずかしいワタクシの楽譜。ヽ(ヽ´Д`)イヤァアアア アタマワルッ!!
(カタカナが読めない彼等には、どんな風に見えるんだこの楽譜?呪文?


ま、私にはこの位ぬる〜いオケがちょうど良いのかも。
入れてもらえてるだけ有り難や。

ある秋の日 2 

2005年11月06日(日) 5時17分
また、ジュネーブ散策(今更)。

ご多分に漏れず、日曜日は大抵どこも閉まっているジュネーブ。
散歩でもして時間をつぶすしかないわけですね。
(遠出するには時間もないし、中途半端に寒いし)

今回は、国連周辺をぐるりと歩いてみました。


国連。これ、有名ですかね?ちょっと豪華な運動会みたいです。
この道を全速力で走りぬけようとしたら、かなりの確立で
捕まって厄介な事になる思われます。
やめておきましょう。

ある秋の日 

2005年10月30日(日) 19時19分
他の海外在住者さんblogでも書かれているように、
夏時間も終わり、冬時間に突入

っていうか「今まで夏のつもりだったのかい?」って位寒かったんですけど。
まぁ、まだまだ寒くなるって事なんでしょうね。
冷え性には辛い季節でございます。


さて。土曜日の夜、

オット「ねぇねぇ、明日さぁ紅葉を見に行かない?(´∇`)」(ヒマ嫌い)
ツマ「……今、何て言った!?(# ゚Д゚) 」
オット「え?だから、紅葉…」

ツマ「・・・どうして、アナタは最大のチャンスを生かせないのっ!?
   さぁ、言って!あの言葉を!( ゚д゚)」

オット「(ピンと来る)Σ(゚Д゚;い、嫌だよぅ。」
ツマ「言ってくれなきゃ、行かない…( ̄_J ̄)」

オット「………(小声で)紅葉を見にいこうよう。」


(´,_ゝ`)プッ


というわけで、日曜日に(今更)レマン湖遊覧船に乗ってきました。


【乗船を待つ人達。意外と乗る人がいるんですね】

オフ会 2 

2005年10月27日(木) 18時42分
お久しぶりです。
またしても、3週間ほどblog放置しておりました。

その間、何をしていたかというと…、


何もしておりませんでした。


家で膝を抱えてダラダラと、DVD等に見入っていたら、
会社から帰ってきたオットが、その姿を見て

調味料バトン 

2005年10月07日(金) 17時30分
「よーなぽと」きちさんから、調味料バトンが回ってきました〜。
(きちさん、遅くなってゴメンねー!)

ちなみに昼休みにオットが帰ってきたので、
オットの分はオットが入力しました。


それにしても久しぶりです、バトン。
一体世の中には、どれほどのバトンが流れているのか・・・。


Q1.次のメニューにどんな調味料をかけますか?  
薬味は含みません。


◆目玉焼き 
ワタシ:醤油もしくはソース
オット:塩コショウ 

◆納豆
ワタシ:付属の出汁+少量の醤油、からし
(出汁だけだと、パンチが足りない)
オット:納豆嫌い
  
◆冷奴
ワタシ:醤油、鰹節、生姜
オット:醤油、鰹節、生姜  
(生姜、にんにくはチューブ入りを愛用。便利だよねぇ。高いけど…)

◆餃子
ワタシ:醤油、酢、(あれば)ラー油。
オット:醤油、(あれば)ラー油。(酢嫌い
(ラー油、高いし餃子以外の利用方法が思いつかないので
買ったことが無いや。)

オットの誕生日 

2005年10月03日(月) 22時21分
タイトルの通り、オットの誕生日でした。


良い妻度アップを図る為、秘密裏に料理を進める私。
びっくりな方がインパクトがあるじゃないか。
もちろん「今日あなた誕生日だけど、私関心ないわよ演技」も怠らない。


今日はオットは夜にオーケストラの練習があるので、
6時半頃に一旦帰宅して、7時半頃に練習に出かける予定。


オットが仕事に行っている間、ケーキを焼いたのだが、
バレては元も子もないので、ケーキを普段使わない部屋に隠したり、
甘い臭いでばれてはならぬと「おとり臭い」用におでんも一緒に煮たりと、
結構隠すのに一苦労。


すっかり「おとり」に引っかかったオットは、
クツクツ煮えるおでんを見て「おいしそ〜う」と
つぶやき「たららら〜ん♪帰ったら熱々おでんヽ(゚∀゚)ノ」とばかりに
練習に出かけていきました。


おでんよ、ありがとう。グッドジョブ!
(っていうか、誕生日におでんで満足なオットって…)

で、出来たのがこちら。
改めて、寿司職人とパティシエの偉大さを知りました。
寿司は小ぶりなおにぎり大になり、生クリームはでこぼこ…。 _| ̄|○


でも、帰ってきたオットはたいそう喜んでくれて、
めでたしめでたし。
良い妻度も無事アップしたようだ。
しめしめ。


久々のイクラと、イチゴのスポンジケーキは我ながら美味しかった〜。
(スイスでは中々スポンジケーキって、お目にかからないので特に)
もちろん、おでんも美味しかったです。特に「魚河岸揚げ」。










しかし、オットは知らない・・・。
ツマが素で間違えて、カレンダーの10月10日に「オット誕生日」と記入し、
最近気が付いて修正テープでそっと消した事を…。


オフ会 

2005年09月29日(木) 21時49分
この情報化社会において最近良く耳にする、オフ会。
やってみました。(ちなみにオフ会の定義、分かっておりません。)

とにかく、kaoriffy勇気をだして誘ってみました。


お相手は「こまたたまこのジュネーブ通信」たまこさん。

私の友達Aちゃんも交えて、ジュネーブ某所にて
待ち合わせの約束を無事取り付けました!ドキドキ・・(* ゚Д゚)
(オフ会っていうより、私の中のノリがだんだん「出会い系」に
なっていっているのは何故なのか…)

当日、ちょっと緊張しながら時間よりも早めに待ち合わせ時間に
到着したAちゃんと私。

たまこさんから、事前にメールで
「待ち合わせ場所付近でぶらぶらしてますので」
とあったので、
「日本人なんてそんなに居ないし、たまこさん、
妊娠してらっしゃるからすぐ分かるだろう…(´∀` )」

とのんびり構えていた私。

しかし、なぜかその日に限って、待ち合わせ場所に何人か日本人が居る…。
罠か…。罠なのか…。(誰の?)

全員明らかに妊婦ではないのに、何故かとまどうkaoriffy。

そして、


「あ、あの人はっ!もしや!?」


と思い、「こ、こんにちは…(´∀`; )」声を掛けた一人の女性。

振り向いた彼女は










全然妊娠してないっ!Σ(゚Д゚; ベツジンッ



kaoriffy、かなり失礼…_| ̄|○ゴメンナサイ ゴメンナサイ ゴメンナサイ ホント ゴメンナサイ
自分で掘った落とし穴に、まんまと自分で落ちるくらいマヌケ。



A子ちゃんにも「あの人、お腹全然でてないから。」とたしなめられ、
しょぼーんとしていると、前方から本物のたまこさんが颯爽と登場!

花屋 

2005年09月23日(金) 18時12分
先日、お友達の誕生日パーティーにお呼ばれしたので、
プレゼントに花束を持っていくことにしました。

色々とハズレの多いスイスにおいて、
お花屋さんはセンスの良いところが多い気がします。

たまに気が向いて自分の家用に買う花は、
COOPやらMIGROSやらのスーパー特売品なのですが、
今回はスペシャルバージョンなので、
いつも「洒落ている…(´∀`)」と、トランペットの欲しい子供のように
ショーウィンドーを眺めていた、近所の花屋で購入する事に。

お花の買い方は日本と同じで、予算と
どんな感じに作って欲しいか伝えればOK。
(もちろん辞書使用)

「10分くらいかかるから、出来た頃に
もう一度ここに戻ってくる?それともここで待ってる?」と言われたので、
(こちらに人に話しかけられると、全部タメ口に思えるのは何故だろう)
「待ってる」と言ったら、「コーヒー飲む?」と言われたので、
もちろん「うん。」と答える私。貰えるものは貰っておく。
結構美味しいエスプレッソでした。もうけた。

ちなみに他のお客さんは断っていました。
・・・あ、もしかして社交辞令だった?


で、こんな感じで作ってもらいました。ちなみに写ってないけど、
ほおずきも入ってます。

全体像はこんな感じ。ラッピングが変わってて、可愛い。

でも真横から見ると、ちょっとマヌケ。でも担ぎやすい。



ポルトガル旅行 5 

2005年09月21日(水) 22時43分
なんでしょうか、さっき「工事お休み」と書いたとたんに、
ときどき「ゴリゴリゴリゴリッ」「ギュガガガガガガー」とか
音がするんですけど・・・。
頼むから、恐れをなしてくれよぅ!!
じゅ〜すぃ〜とりすとぅ…。・゚・(つД`)・゚・


-------------------------------------

さて、ポルトガルといえば、装飾タイルでも有名です。
私もポルトガルで、鶏の置物の他に(今思い出したけど)、
カラフルな装飾タイルを見るのも、楽しみでした。


さて、その装飾タイル。



期待を裏切らぬ素晴らしさ!!!



最終日に訪れた、国立タイル博物館から秀逸作品の数々をどうぞ。




念の為、彼は天使です。
この憂いを含んだ瞳。「今夜僕とご一緒に、いかがですか。」みたいな。
聖職にあるまじき雰囲気をかもし出しております。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31