例えば夫や妻の裏切りによる不倫を察知して…。

April 04 [Mon], 2016, 1:27

なんだか夫のやっていることが変だったり、なんだか近頃「仕事でトラブルが起きちゃって」などと言って、深夜の帰宅が続いている等、夫に対して「浮気してない?」なんて疑いがちになる場面や出来事ってよくありますよね。

結婚する前で素行調査を依頼されるケースも珍しいものではなく、結婚の約束がある人や見合いであった人の素行などといった調査依頼だって、ここ数年はよく聞きます。気になる料金ですが、だいたい1日7万から14万円程度のようです。

家族の幸せのことだけを願って、全く不満を言わず家庭での仕事を命がけでやり続けてきた妻は特に、夫が浮気していることを掴んだ局面では、怒りが爆発してしまうとのことです。

ほとんどの夫は妻の浮気や不倫を疑い始めるまでには、ずいぶん月日を要するというケースが多いみたいです。会社から帰っても見え隠れする妻の浮気サインをかぎ分けることができないという夫が大部分のようです。

意外なことに離婚はまだというケースでも、不倫や浮気、つまり不貞行為をされたら、慰謝料の要求が可能なんですが、離婚に至る場合のほうが比べてみると慰謝料の金額が高額になりやすいのは信じてよいようです。


浮気問題を妻が起こした場合は夫による浮気とはかなり違うことが多く、浮気していることに気付いたときには、既に婚姻関係は修復できない状態になっているカップルが大部分を占めており、復縁せずに離婚をすることになる場合が極めて多いのです。

例えば夫や妻の裏切りによる不倫を察知して、「どうしても離婚」とあなた自身が決断していても、「もう配偶者とは会いたくない。」「話し合いもしたくないから。」と、何も相談していないのに勝手に離婚届を役所に出すのはもってのほかです。

結局のところ夫側の浮気を察知したときに、どんなことよりもまず大事なのは浮気をされた妻の考えだというのは間違いありません。夫の浮気を許してあげることにするか、別々の人生を送るために離婚を選ぶのか。納得いくまで考えて、悔いを残さない選択をすることが肝心です。

依頼した浮気調査ができて、「浮気相手に突きつける証拠が入手できればおしまい」なんてことは言わずに離婚のための裁判であるとか解決のために必要な助言や提案もする探偵社を選んで依頼するのが大切です。

加害者に慰謝料を支払うように要求するのであれば不可欠な状況や条件をパスしている状態でなければ、請求できる慰謝料が低額になったり、状況次第では不倫や浮気の加害者なのに全く要求することができないという場合だってあるんです。


興信所や探偵事務所は非常に浮気調査に強いので、調べる相手が浮気をやっている状況であれば、百発百中で言い逃れのできない証拠をつかみます。証拠が欲しいなどと考えているのであれば、相談してはいかがでしょうか。

1時間当たりの調査料金は、依頼する探偵社によって大きな開きがあります。けれども、料金を見ただけでは探偵の技術や能力などが十分かどうかについての評価は無理ですいろんなところで問い合わせることだって不可欠なのでご注意ください。

探偵にお願いする仕事というのはそのたびに異なりますから、単純な料金設定だったら、対応はできかねるというわけです。しかもこれとともに、探偵社によって開きがあるので、ますます確認しづらい状況になっているわけです。

不倫や浮気調査を行う際は、よくない条件での証拠となる場面の撮影任務が大部分ですから、依頼する探偵社ごとで、調査の際の尾行や追跡の技能や撮影に使う機器は大きな違いがあるため、前もって確認が必要です。

見積もりした調査費用の額が相場よりずいぶん安い印象を受ける場合は、安い料金の理由がちゃんとあります。調査を申込んだ探偵事務所に調査に欠かせない技術や機材が全く足りていないこともあるのです。探偵事務所を決めるときには詳細に確かめることが肝心です。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:颯汰
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/peouncnsmramaw/index1_0.rdf