伝統的な植物による治療法

March 14 [Thu], 2013, 11:56
植物による治療は、ヨーロッパを中心に何世紀も人々が育んできた伝統的治療法といえるでしょう。

中世ヨーロッパでは、伝染病や感染症を予防したり、皮膚病を治癒したりということにも使われていました。

日本でも、「香道」といって香りを楽しむ伝統は古くからありますし、医療でも、明治時代に酋洋医学が入ってくるまでは、自然界の植物などを薬として使っていました。

肌にぬったり体に取リ入れるものですから、香りだけを重視した、嗜好品として売られているものは避けましょう。

できれば、しっかりとした決まりごとのあるイギリスやフランス、オーストラリア、ニュージーランドなどの公式団体の認定商品であると安心です。

エッセンシャルオイルの選び方

February 04 [Mon], 2013, 17:08
精油を求めるときは、専門家に相談してからのほうがいいでしょう。

ただし、日本では薬と違い厳しい決まりごとはありませんから、精油を選び、どう使うかはあくまで自分の責任において行わなければいけません。

選ぶときのポイントを、いくつかあげておきますので、参考にしてください。

・100%天然で、成分がいっさい加工されていないこと。

・産地、抽出部分が明確であること。

・原料のハーブは有機栽培、または野生であること。

・ロット番号、消費期限、学名まで明記されていること。

・公的機関で成分分析されていること。

植物を使った治療法

December 10 [Mon], 2012, 16:54
精油(エッセンシャル・オイル)の効能は、体を活性化したり、心を落ち着かせたりするだけではなく、ケガや病気の予防と治療、血流のアップ、痛みの緩和、消炎作用、さらに精神的なバランスを図る作用もあるといいます。

もちろん、肌にも効き目は大です。

表皮の血行を高め、細胞の成長や再生を活発にします。

肌も心もアロマテラピーによって新陳代謝が高められるでしょう。

植物を使った治療法という点からみれば、どこの国でも人類が誕生したときからあったはずです。

精油の原料であるハーブに関していえば、ネアンデルタール人の墓から発見された8種類の植物のうち、7種類は今日でも使われています。

リムーバー

September 16 [Sun], 2012, 20:54
脱毛クリームを洗い流したあとで皮膚がかゆくなるんです。

最初に使いはじめたときからそうなのですが、これは薬品に対するアレルギーでしょうか?

今まで、とくに化粧品でかぶれたりしたことはないし、アレルギー体質といわれたこともありません。

数時間後にはいつの間にか治っているのですが、ちょっと気になります。

脱毛クリーム(リムーバー)を皮膚に塗って毛を溶かすのが、この方法です。

しばらく時間をおいてから、溶けた毛をクリームとともに拭き取るか、洗い流すかします。

ムダ毛処理法再チェック

August 24 [Fri], 2012, 21:13
エステティック、サロンで使われているのと同じ機種であるとか、同じ効果が得られるなどと宣伝している場合もありますが、家庭用脱毛器は前述のような理由から、あまり確実な脱毛法とはいえません。

あなたのムダ毛処理法再チェックしてみましょう。

この夏、スポーツクラブに通いはじめるようになったのをきっかけに、脱毛クリームを使いはじめました。

時間もかからないし、道具も必要ないし、お風呂に入る前にクリームを塗って、時間が来たらそのまま浴室で洗い流せばいいので、すごく便利だなと思っています。

電気による刺激

August 02 [Thu], 2012, 13:47
家庭用脱毛器などでは、単に毛抜きなどで抜いているのとそれほど変わらず、以前と同じ状態で毛が生えてくる可能性は大きいといっていいでしょう。

どのような道具を使おうと、「抜く」という方法で処理したあとは、1本1本の毛周期にかかわらず、すべて成長期に入るからです。

さらに問題なのは、慣れない機器を未熟な技術で扱うために、肌のトラブルも少なくないということです。

電気による刺激が強すぎると、それがもとで毛穴や皮膚に毛嚢炎や色素沈着が起きることすらあります。

肌の弱い方なら、なおさらです。

痛みの問題

June 06 [Wed], 2012, 17:50
痛みの問題を抜きにしても、皮膚のかぶれ、化膿、色素沈着、ヤケドなど・エステティックサロンの電気脱毛によるトラブルは決して少なくありません。

全国の消費生活センターにもこうした苦情がかなり多く寄せられているようです。

最近では、エステティックサロンでも「レーザーによる永久脱毛法」と銘打った脱毛を行っているところがあるようです。

レーザー脱毛は、電気脱毛に比べ、短時間で痛みもないというのがうたい文句ですが、これは医療機関で使用するレーザーとは別モノです。

エステシャンの技術差の問題

May 12 [Sat], 2012, 17:32
毛穴から毛根部に的確に針を挿入し、痛みを最小限に抑えながら抜毛する技術は、一朝一夕に取得できるものではありません。

ですから電気脱毛は熟練した技術者が行ってこそのものですが、実際に現場では、未熟なエステシャンが施術に当たることもあるようです。

電気脱毛は、受けた人によって「すごく痛かった」「そうでもなかった」と感想が分かれますが、それは本人の痛みに対する感受性の問題ばかりでなく、エステシャンの技術差の問題でもあるわけです。

電気脱毛

April 28 [Sat], 2012, 19:55
針を用いて毛根を破壊する電気脱毛は、術後に炎症や色素沈着が起こるというリスクがあります。

医療機関では、こうした場合でも必要な抗生物質や消炎剤を処方できますが、エステティックサロンではそれが不可能で、せいぜい冷やすかクリームを塗るなどの措置しかできません。

また電気脱毛の大きな問題点として、「痛み」があります。

皮膚に針を刺すのですから、痛みはかなりのものがあります。

医療機関では麻酔を使用できますが、エステティックサロンでは麻酔は使えませんから、耐えるしかありません。

また電気脱毛を施術するにはかなりの熟練を要します。

トラブルの起こる可能性

April 23 [Mon], 2012, 17:15
自分でするよりも手慣れたエステシャンが行うことで、トラブルの起こる可能性が低くなるということもあるでしょう。

エステティックサロンの中には、「電気脱毛士認定証」などという資格証を掲げているところもあるようですが、これはあくまでも民間資格であり、公的なものではありません。

アメリカには公的な電気脱毛士の資格免許があり、これらの公的な資格を取得した脱毛士のみが施術を行えることになっていますが、日本ではこうした資格制度はまだ整っていないのです。

医療行為が認められていないエステ脱毛は、効果的で安全な脱毛とはいえません。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:れんん
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/peosaun/index1_0.rdf