丸本と柴っさん

September 04 [Sun], 2016, 22:20
毛が生えてくる、または毛を増やす、毛を太くする食べ物としては、海の中で生えている様子からか、海藻は髪を育てるといわれています。海藻と同じくミネラルを補給する緑黄色野菜、皮膚や毛髪のタンパク源としての大豆、毛のつやを増すという青魚、血行を良くし、細胞分裂を盛んにする唐辛子も、毛を育てるためにはどれも大切な食べ物といわれています。ただし、これらは食べ物なので、一度に多量に食べて効くものではありません。これらの食材を取り入れた、バランスの良い食生活を心がけて心がけてください。せっかく生えた毛も、栄養が偏ると抜けてしまうことが増えるという残念な結果も考えられます。
髪を健康にしていくためには、頭皮マッサージをしてみるのがよいでしょう。マッサージで血液が頭皮の隅々まで巡るようになると、育毛の助けになるエネルギーが今までよりももっと、届くようになるでしょう。頭皮を傷つけないために、爪の先が当たらないようにしてゆっくりと、指の腹でマッサージしてみてください。頭皮のことを大事にしないやり方では、逆効果なので、あらかじめ、注意しておくことが大切です。
東洋医学で頻繁に目にするツボの中には、育毛促進に効き目のあるという便利なツボもあると考えられています。マッサージで頭皮を揉むことがあれば、そういったツボを刺激してみてはいかがでしょうか?ただし、ツボをマッサージしたとしても驚くような効果が出てくるわけではないのです。発毛促進効果が、そんなにすぐに見られるなら、薄毛の人々の悩みなんてあるはずないです。
健康な髪のために必要な栄養素には亜鉛があります。健康な髪のために食事で亜鉛を取り入れることが身近な方法ですが、吸収率がそれほど高くないため、それほど容易ではありません。食事で亜鉛を含む食べ物を取り入れることばかりでなく、亜鉛の吸収を邪魔する加工食品などには気を付けて、摂取を控えなければなりません。しっかりした髪の毛を目指すのなら、亜鉛の摂り方はサプリなどが確実です。
薬を使った育毛を実践する方も前より多く聞くようになりました。育毛効果があるとされている薬には、基本的には飲むタイプと塗るタイプに分類されますが、副作用というリスクはどちらにも付きまといます。費用ばかりに目がいき、専門家である医者の処方をないがしろにすると、個人輸入を利用すると、場合によっては偽物を入手してしまうことも私の知っている限りでは存在しています。
育毛の悩みというと体質や遺伝がまっさきに浮かぶかもしれませんが、実は、栄養不足や偏りが薄毛を招いているという後天的なケースも多いようです。髪に必要な栄養をバランスよく摂取しつづけることが大事で、長らく育毛に必要な栄養素が欠乏した状態を続けていると、肌の免疫機能が損なわれ、頭皮など汗をかきやすい部分のトラブルにつながるだけでなく、生えてくる毛より抜け毛のほうが多くなってしまいます。一週間単位で見てみるとわかりやすいと思いますが、外食の割合が多かったり、惣菜や弁当などを買ってきて食べる中食の方、あるいはレトルト食品(カレー、丼の具、パスタソース)やパンだけで食事を済ませてしまう方、お菓子(特にスナック菓子)についつい手が伸びてしまう方、食生活を見なおす必要があるでしょう。髪とすこやかな地肌のためにしっかりと栄養をとり、不健康な発毛サイクルから脱却しましょう。



プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:樹
読者になる
2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる