世界のCO2削減の考え 

December 11 [Thu], 2008, 16:33
今、世界の国々の代表の話し合いが行われていますが、みんな同じ考えではないようです。先進国と発展途上国との考えの違いや、先進国でも、自国の産業に影響を与える、負担を与えることでも、CO2削減に世界の国々は同じ歩調ではありません。CO2削減は、各国の産業界に、CO2を出さないように設備を整え、化石燃料に頼らない体質にするように求めなければいけないからです。お金がかかります。国、会社が苦しくなります、アメリカは、渋っています。発展途上国は違う理由で乗り気ではありません。先進国が国を発展させるためにいままで、CO2をたくさん出してきたのに、同じ土俵でCO2の削減を、発展途上国がしなければならないのに、不公平を感じているからです。発展途上国で大きな負担をもって、発展途上国にCO2削減の援助をしなければCO2の削減は難しいと思います。以前、戦国自衛隊を見たことがありますが、何にもインフラ整備のない時代に、自衛隊の最新兵器がタイムスリップしてしまう。これは、CO2削減の整備を発展途上国に設置することににています。維持、管理、燃料など、設備だけ最新設備を投入するだけでは難しいのです。今、中国は、石炭を多量に消費しています。そのために、煙が凄いことになっています。各家庭でも、煮炊きする時に石炭を使っています。そんなところに、ガルコンロを使って、料理することは考えられないのです。別に不自由してないからです。ただ、CO2削減しないといけないだけじゃ動きません。国が必要性を感じ、積極的に石炭を使う生活から、変えていかなければなりません。日本だって、工場から出る煙で公害問題になり、病気の人が出て、訴訟になり、ばい煙を防がなくてはいけないと言う認識がうまれ、だんだんに今の、公害を出さない産業活動に結びついたのですから・・・・。中国も、同じ経過をたどるとわかってくることだと思います。しかし・・・、全世界の経験を待っていたのでは、温暖化が一気に進んでしまいます。そのための世界規模の、会議なので、重要です。

考えようCO2 

December 11 [Thu], 2008, 15:30
環境問題の元凶とされているCO2がありますが、CO2によって、地球の温度が上昇し、さまざまな問題が起きる、まずは、CO2の削減に取り組みをしている。病気で言えば、原因治療ですが、症状がでることとして、海面上昇、氷河が溶けだし、海流が変化して、漁業にも影響が出る。そして、台風も近海で発生し、年々大型化して、被害が大きくなる。最近では、お米の産地に変化があり、新潟、宮城、岩手、秋田、ではなく、北海道のお米が質が良くなってくる・・・気温が北海道の方が低い、寒暖の差があるということですね。そして日本では、4つの季節がありますが、それも、はっきりとした四季がなくなってきている。そして、毒蜘蛛が輸入などによって侵入し、日本で繁殖してくる、と言うことは、比較的暖かい地域で繁殖したものが、徐々に北上してきている証拠です。以前台湾で最南端の都市で、デング熱が発症する人が出て、熱帯の伝染病が人間の住まいにまで迫ってきています。温暖化、CO2の増加に伴って様々な問題がでています。症状に対処もし、CO2の出さない暮らしにしていかなければならないと言うことになります。先ごろ、ガソリン(化石燃料)の高騰で、燃費の良い軽自動車が人気を呼び、家庭では数台あった車を減らし、需要を抑えなんとかしていったために、投機対象の原油の価格が下がり始めましたが、その後、原油に頼らない生活にしないといけない感覚が身に付き、原油がだぶつきはじめました、価格もけっこう下がっています。産業に大きな打撃を与えましたが、打撃を伴わなければ、人間は変われない。ということなのでしょうね。当分原油は簡単には上がらないことを祈っていますが・・・。一層、化石燃料に頼らない産業、日常生活にしていかないといけないことが身にしみたこの頃です。



リンク

子供用 自転車

一人暮し

背中の痛みは万病の元

まとめローン一本化

気になる山本裕典くん

簡単手作り菓子

グッチバッグはここから始まる!!

スティッチ画像探し隊!!

ハンドメイド チュニックのお楽しみ!!

ジェムケリー ピンキーリングでお洒落に飾りましょう。

ナンバーナイン07木村 拓哉、調査隊!!

ハイソックス物語(ハイソックスの家族たち)

コムサブランド

快晴堂

ギャル

白バイ

中性脂肪

ミズノプロ

いろんな悩み(包茎、整形)