マネーロンダリング 橘玲 

2005年04月17日(日) 2時18分
徒波書店で発見。
ストーリー展開は淡々とポートピア連続殺人事件風。
でも人と人の思惑の絡み具合がすごい感じ
すごい分厚くて読みごたえがあった。

アムリタ(上)(下) 吉本ばなな 

2005年02月17日(木) 9時51分
少しづつ読んだ。
人間って過去があって今があって未来があるんだけど
生きてるのは今なんだなぁ…
ってそんな事が心に残った。


世界の中心で、愛をさけぶ 片山恭一 

2005年01月19日(水) 6時53分
話題になっていたので、日本にいる間にチェックしたいなぁ…と思っていたら
幼なじみの子が持っていて長期に渡って貸してくれる事になる。
帰りの飛行機の中で読んだ。

マリカのソファー/バリ夢日記―世界の旅〈1〉  吉本ばなな 

2004年12月23日(木) 21時10分
世界の旅のシリーズの1。
徒波で発見したので購入。
多重人格の女の子とジュンコ先生と呼ばれる女の人がバリ島に行く話で、
吉本ばななさんのバリ島の描写と、原マスミさんのさし絵がとってもキレイな本。

光射す海 鈴木光司 

2004年12月06日(月) 1時52分
例によって徒波書房にて購入
リング、螺旋なんかを書いた作家鈴木さんの本
運命の不思議さとか巡り合わせとか。
いつもこの人の話はその不思議さに吸い込まれる感じ。
新たにまた2冊彼の本を買ってしまった…。


どこかの事件 星新一 

2004年11月28日(日) 2時36分
星さんのショートショート。
普通にさくっと読めました。
やっぱり星さんのショートショート面白い。うん。

不倫と南米―世界の旅〈3〉  吉本ばなな 

2004年11月25日(木) 10時00分
新たに、吉本ばななの短編集を徒波で購入。
アルゼンチンの写真なんかもちらほらあってキレイな本だった。
アルゼンチンっぽくてカラッとしてて、さくっと読めるのに、何故かすーんとくる話達。
他のシリーズも読んでみたいな。

八月の博物館 瀬名秀明 

2004年11月20日(土) 23時18分
友人に勧められて、徒波で発見したので購入。
子供の頃に本を読んで、すっごいわくわくしたあの感じを思い出した。
長編なので少しづつ。
終わっちゃうのがちょっとイヤだった。
もし私が子供だったら、一気に読んじゃってるかな…。
とちょっと思った。

とかげ 吉本ばなな 

2004年11月02日(火) 23時57分
徒波書房で購入
少しづつ読める短編集。
人生の波とか、それを取り巻くものとか、
そういう感じ。