ここは題詠マラソン俳句部です 

October 31 [Mon], 2005, 2:58
2003年より開催され、今年で3回目となった「題詠マラソン」。
これはwebの掲示板を会場に、100のお題に対して100の短歌を詠もう!というイベントです。一題一首、ひとり100首を詠んで完走です。

このブログでは独自に「俳句部」として2005年3月1日から10月31日まで活動しました。その間に投句いただいた俳句をお題の順に掲載しております。※投句は締め切りました

2004年の「題詠裏マラソン・俳句ヴァージョン」もあわせてご参照いただければ幸いです。

なお、このブログは本家「題詠マラソン」さんとは別個の佐藤りえ個人の管理するブログです。ご質問、ご感想などは佐藤までお寄せください。

001:声 

October 30 [Sun], 2005, 23:33
 風もまた声がわりして二月尽  翻車魚

 淡雪の肥後の大津と声に出し   種茄子

 種のこゑ聴く指先や種を蒔く  檀

 うぐひすの声も定型かと思ふ  天気

 啓蟄やわたしの声を思ひ出す  玉簾

 声あげて笑ふをんなの春炬燵  常夏

 カセットの押し入れライブ子ども声  白豆

 真鍮の声のたなびく遅日かな  四童

 声色の上手き婆なり蓬餅  樹

 声低く高くころがる蜃気楼   マイル

 夢殿の声を聞かずや鳥の耳   やよい

 ふらここにきのふの声とけふの声   六番町

 ねむさうな声にて開花告げらるゝ   好餌

 六月の声する渦巻き耳に当て  三椏白魚

 いくつもの波紋ほどけて秋の声  あこーすてぃっく・いーる

 なつかしい声にふりむく夜寒かな  子熊

002:色 

October 29 [Sat], 2005, 23:35
 春別離五色になれず暮れる雲  翻車魚

 啓蟄の蚯蚓の色は薄蚯蚓   種茄子

 春の蝶色見本帳より出でにけり  檀

 早春の海の色にて方眼紙  天気

 豆の色うつすらさせて大福は  常夏

 春眠と座るきみどり色の午後  玉簾

 塗り分け線なくてこの世は色と色  白豆

 色紙の黒のみ残り涅槃雪   樹

 朧夜の象牙の色を身籠りぬ  四童

 春闌けて納屋にあぶなき色の旗    マイル

 春潮の色を踵にいぬふぐり  やよい

 琺瑯は乳色蚕観察記  六番町

 夜の名は新橋色や朧月  好餌

 赤色の線香花火の巨星墜つ  三椏白魚

 色紙の花敷き詰めて後の月  あこーすてぃっく・いーる

 色褪せた橙遠し三島かな  子熊

003:つぼみ 

October 28 [Fri], 2005, 23:36
 つぼみごと花も実も喰う天の鳥  翻車魚

 北窓開くつぼみの多き植木鉢  檀

 嘘ばかり申すつぼみのをりにけり  天気

 ほらつぼみ美しくたたまれてをり  玉簾

 つちふるや刺繍のつぼみまたたいて  常夏

 一言で言へば大きなつぼみかな  種茄子

 何処からつぼみのうちに来たるかな  白豆

 春の月つぼみひらいてゆく音か  樹

 回転を秘めては開くつぼみかな 四童

 信貴山のつぼみと信じ信じこむ   マイル

 くたくたのつぼみのままに春の暮  やよい

 はくれんの人語溜めおるつぼみかな  六番町

 春寒のつぼみばかりを愛でてをり  好餌

 片意地のとれてつぼみは白き百合  三椏白魚

 西瓜喰うつぼみをむしる業の果て  あこーすてぃっく・いーる

 無花果やせめてつぼみになりたいか  子熊

004:淡 

October 27 [Thu], 2005, 23:37
 淡々と野をゆく東風の背中かな  翻車魚

 淡色の糸の転がる春灯し  檀

 淡雪に一等機関士が溶ける  天気

 淡々と父の呼吸は霞むなり  玉簾

 ためいきの淡々とまた雲になる  白豆

 淡水魚専門店や水温む  常夏

 淡き色好みし君や花曇   樹

 彼岸より寄せ来るものに淡きなし 四童

 三鬼忌や魚淡白な口ひらく    マイル

 淡塩の振られて粒や夕桜     種茄子

 淡々と座席の隅に春ショール  やよい

 万愚節淡きものみな残りたる  六番町

 さんぐゎつの髪の香淡き別れかな  好餌

 淡々(あわあわ)と飛行機の雲夏空に  三椏白魚

 淡水のなか翻る晩夏光  あこーすてぃっく・いーる

 一枚のせいろそば淡きものとして  子熊

005:サラダ 

October 26 [Wed], 2005, 23:37
 皇帝の名の付くサラダあゆの風  檀

 沈黙を頬張るための春サラダ   翻車魚

 天文の知識乏しくサラダ食む  天気

 水菜サラダ鳥の気持ちになりました  玉簾

 立子忌のサラダボウルに盛るひかり  常夏

 春昼にしやきしやきサラダ噛みにけり   樹

 人造にして花の名の夜のサラダ  四童

 サラダ盛る樹上に鳥の巣のできて   マイル

 十月や執着するものサラダになし   種茄子

 イギリスの有名うさぎの食むサラダ  白豆

 キッチンにみどりのサラダ燕来る  やよい

 ひらひらとサラダを食べて卒業す  六番町

 小男が独活のサラダを喰ひて泣く  好餌

 サラダ菜の羽を広げる茄子の馬  三椏白魚

 秋日追いサラダの色の野に向かう  あこーすてぃっく・いーる

 サラダとる故郷合併されたらし  子熊

006:時 

October 25 [Tue], 2005, 23:38
 足元にかはたれ時の菫草  檀

 一擲の時報に濡れて桜咲く  天気

 時間機も壊れてついに春炬燵  翻車魚

 時々でいいかられんげ摘んできて  玉簾

 春月や時差五時間の汝思ふ   樹

 あふむいてくぢらが泳ぐさくら時    マイル

 砂時計硝子は砂に磨られけり   種茄子

 はらわたの山羊は正時を打ちにけり  四童

 桜咲く壁に大きな時間割  やよい

 花時のことにうるさき膝小僧  六番町

 時計屋に柱時計のなくて春  好餌

 校庭で見上げる時計のあるクラス  白豆

 とまらない時計と過ごす麦の秋 三椏白魚

 秋の野に時限爆弾だったもの  あこーすてぃっく・いーる

 大声ではっきり泣かねばならぬ時  子熊

 万愚節おとのおおきな鳩時計  常夏

007:発見 

October 24 [Mon], 2005, 23:39
 笑ふ山ふもとに壺を発見す  檀

 春障子あくを発見して眩む  天気

 塗物の黒に黄砂を発見す  玉簾

 新大陸発見罪や涅槃西風     翻車魚

 寒月や棚に大陸発見記  樹

 赤ちゃんをさくらの如く発見す   マイル

 発見が遅れ法則すねてをり  四童

 発見は俳句の命やまざくら    種茄子

 さくら餅食べた部長を発見す  やよい

 春の野に発見されしアデランス   六番町

 同衾や発見されし五円禿  好餌

 埴輪たち発見されるものとして  白豆

 梅雨籠り発見された島宇宙  三椏白魚

 神の文字発見されたる秋の山  あこーすてぃっく・いーる

 喧嘩して見をり「世界ふしぎ発見!」  子熊

 大陸を発見したる石鹸玉  常夏

008:鞄 

October 23 [Sun], 2005, 23:40
 納税期鞄の底に鳥の羽  檀

 プロムナードに樹あり鞄に春の闇  天気

 せはしなき鞄と春の別れかな  玉簾

 鞄屋に鞄すずなり深雪晴れ    翻車魚

 如月や旅鞄口開きしまま    樹

 花三分ぎゆうと鞄に猫を入れ   マイル

 鞄ではなく風呂敷や百千鳥     種茄子

 鞄からお金も恋も鳥の巣も  四童

 ぺたんこの鞄を抱いて卒業す  やよい

 弟が旅行鞄に住む朧  六番町

 飴色の鞄の奥にいぬふぐり 好餌

 右肩は手提げ鞄がまだ苦手   白豆

 夕立を鞄に詰めていそぐ朝   三椏白魚

 残りものすべて鞄に冬隣り  あこーすてぃっく・いーる

 鞄忌とするねちぎれたストラップ  子熊

 たっしぇんと鞄を落とすイースター  常夏

009:眠 

October 22 [Sat], 2005, 23:40
 眠る前の灯りはさびしヒヤシンス  檀

 眠たいといふほんたうはゆきのはて  玉簾

 眠れないタナトスといる春の闇  翻車魚

 如月の睡眠薬の蒼さかな   樹

 就眠の儀礼となさむ目刺焼く  天気

 急坂の花の車に人眠る    マイル

 蜃気楼目を開けしまま眠りけり   種茄子

 蕨煮る下にマグマの眠りたり   六番町

 蝿眠るモニター画面の片隅に  やよい

 春眠の前後に磨く親不知  好餌

 眠さうな目で焼鳥となる四月  四童

 眠りたくないという猫の腹なでる  白豆

 背中から眠りに落ちる籐の椅子  三椏白魚

 両肩に眠り重たく神の旅  あこーすてぃっく・いーる

 眠り病の映画を笑うて観ていたよ  子熊

 眠かった世界史(ロマノフ朝の転機)  常夏
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:penguin_hyper
読者になる
Yapme!一覧
読者になる