mermaid 

March 13 [Thu], 2008, 16:09
心からあふれる想いが

行かないでと

宙をきる


あなたの横で過ごした日々の

居心地の良さに今となって気づいたんです


踊ろう

あの頃の人魚姫のように

自分を許せるときまで

自分を認められるときまで




これは今までお世話になっ予備校のチューターに向けての詩です。
一年前私は彼に始めて会いました。「これから一緒にがんばろう」この言葉で二人三脚の受験勉強が始まりました。(まだ受験生ですが)二階の窓口を通るたびに話しかけられました。会うたびに声をかけられました。誰もが志望校合格を無理だという中彼の存在は本当に有難かった。私を1人の受験生として扱ってくれたことがどんなにうれしかったか。
今ようやく気づけました。違う校舎に行ってしまってもどうかお元気で。
本当にありがとうございました。

自由 

February 18 [Mon], 2008, 21:49
今夜はあまりにもきれいな空だったから
歩いて帰りました。

都会で生きるとたまにものすごく息苦しくなる時がある
それは友だちといるときも家族といるときもそうで。
縛られるのがものすごく私にとっては苦痛で仕方ない
でも本質的には自由なんだ、と信じたい
いつか、大学に受かったら旅したいなー…
パソコンも携帯も親も友達も名前も日本において
時のない国に行きたい




夜空に漂う雲が

そっと告げる

冷たい風が

やさしく抱きしめる

私の魂が

ぽつり呟く

自由だと、。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pemrk
読者になる
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる