さてさてやっと… / 2006年08月11日(金)
やっとCD制作作業がフィナーレを迎えた気分です。皆さんありがとうございました。
この日誌を見て興味をもたれた方は、CDを是非聞いてください。購入希望の方は
info@fracture.jp
まで連絡してください。
 
   
Posted at 12:47/ この記事のURL
コメント(0)
ともちインタビューその1 byタッキーペリン / 2006年08月09日(水)
一番楽しかった曲は?
どんげんでんなる」。唯一演奏に関わったので。あえてフレットレスベースで音程感を外そうと努めました(笑)

一番好きな曲は?
海よ」。マンフェスでやることになった時に、じぇひともギターを弾きたいと尚Pに懇願したくらい。
マンフェスライブミックス」の間奏前で、半拍食って「さっ」が入るところはタッPのアイデア。さすがかっちょ良い(笑)

一番大変だった曲は?
少女」の出だし、弾き直してもらうしかないかなとリリース5日前になって悩みました。

一番賭けだった曲は?
あびき」。なにしろ岡野さんの歌とギターだけにしようと、何を思ったか言い出してしまったため(笑)

一番音数が多い曲は?
寺町坊譚」賑やか過ぎます(笑)

一番実験的だった曲は?
「まるで天使のように」。完成2歩前バージョンは演奏の向こうで手拍子と野次が飛び交ってたのだが、尚Pの提案で、手前に手拍子と野次、遠くでバンド演奏って感じにした。
コレを音が悪いって言わないで(笑)狙いなんです。

我ながら鳥肌が立った曲は?
恋のシーソー」。完成2歩前バージョンは出だしのボーカルにリヴァーブたっぷり掛けてたけど、橋さんがそれはどうかな?とダメだし(笑)修正して更に鳥肌が立った。
後半のブレークでドラムをちゃちにと尚Pからダメだし。ここもまた鳥肌(笑)。  
   
Posted at 14:52 / 日誌 / この記事のURL
コメント(0)
ともちインタビュー4by尚スペ / 2006年08月04日(金)
アピールポイント
唄、詩、曲、最高に良いです。
バックに関しては単品だけ聞いてもらっても結構良いと思いますよ!(笑)
ギターとか余り弾かない様にしようと思ってましたが、結構弾きまくって、田中っちが巧くはしょってくれてます。(笑)

作ってる間、どれくらい飲んだ?w
録音なんか後回しにして、銅座に繰り出そーゼ!ってくらい。(ダメやろ!(笑))

その他 自由になんか一言。
案の定長くなりました。(笑)
でも、まだなんか書きたらない位ホント楽しかったし、良い経験させてもらいました。
基本的に自分は音録っただけで、最終的には田中っちがスゲーカッコよくまとめてくれました。
自分が録音に立ち会えず、本人の意思で歌入れされた時も多々あったし、基本的にはギターなんかも全て自分達で弾いて欲しかったけど、そこは時間的に無理なとこもあったり。
仮ミックスの段階で、田中っちに「ここはこっちの方が良くない?」とかやりとりもあったけど、それは田中っちも納得した上でやって欲しいとか、ホント皆がPだっ!って感じで作り上げた感が満載やと思います。
気の許せる仲間と、音楽と、酒!他には何もいらねーゼっ!ってくらい素敵な時間でした。
あ〜、欲言えば綺麗どころが欲しかったですねぇ。(笑)
ともちゃんがこっちにいればなぁ〜!(笑)ねぇ岡野兄弟&田中っち!(笑)
ペコポン、強ポン、さゆりさん、たけちゃん、たけちゃんの妹さん、マサキ、田中っち、ともちゃん、橋ノ介、せらっち、河内屋さん、しおりちゃん、その他このアルバムに関わった方々、ホント有難う御座いました〜!

また、どっかで呑みましょう〜!(結局(笑))
 
   
Posted at 18:21 / 日誌 / この記事のURL
コメント(0)
ともちインタビューその3by尚スペ / 2006年08月04日(金)
別のとこに書き込んだんで後はコピーするのみ!

CDの全体的なイメージコンセプトは?
二人ともビートルズ好きってとこで二人のイメージでいったらビートルズのどの時期になるだろうって考えた。
これも自分が勝手に感じたイメージやけど、強ポンは「リボルバー」より前、ペコポンはそれ以降かなと。
曲の作り方も強ポンは結構スタンダードな感じ。ペコポンは間の取り方・コード進行が独特。(曲が良ければそんなもん、どっちでもいいんですが(笑))
ただ、それだけでは片付けられないビートルズの時期的なもの、そして岡野兄弟(笑)
で、これはこだわったところにも当てはまるかと思うけど、ギターの音は、強ぽんの方はなるべく生音に近い感じで、ペコポンのは歪み系を多く使った。

二つのCDの違いと共通点について
違い
選曲の時点でペコポンのは静かで綺麗な曲が多かった。
ライブとかの選曲でもあるけど、ドカンと盛り上げて、間バラードで落として、最後盛り上げるってパターンがペコポンの方には出来なかった。
5、6曲とゆー枠組みの中で結構迷ったところはあったけど、強ぽんのはV(上げ、下げ、上げ(アンコール))、ペコポンのはMやと思う。
MはMでゆったりして好きです。(笑)
ビートルズで言えば「ホワイトアルバム」
(↑まとまりがないとか批評されていた(笑)曲が良ければ良いじゃん!)
共通点
CDに関しての共通点はないと思います。(笑)
岡野兄弟の共通点は、二人ともかなり気ぃ使いですね。(笑)
素敵な兄弟です。ご両親、素晴らしいんだろうな、とか思ってました。
あと、酒好き…って書くまでもないですね(笑)

CDジャケットについて
プロジェクト発足時に「音以外は口出ししません。」との話をしたんで、良い出来ってくらいで何てないんですが、感想を。
強ポン若っ!カッコいいっ!(今もカッコイーですよ(笑))
自分も写真残しとかないと、と思いました(笑)(被写体に問題アリ…)
ペコポンのは最初見た時「これだけ?色は?」とつい口出ししてしまいましたが、今思えば白黒で「ホワイトアルバム」に通じるものが…(笑)
でも、CD屋に並んでたら「なんじゃこりゃ?」って目につくやろなぁと。
ジャケ買いしそうな、かわいい頭です。(笑)
…次っ!(笑)  
   
Posted at 18:16 / 日誌 / この記事のURL
コメント(0)
ともちインタビューその2by尚スペクタ〜 / 2006年08月04日(金)
続き…
一番大変だった曲は?
ナシっ!もしくは全てっ!(笑)
ナシで言えば…
弾き語りのテープをもらってずっと聴いてると、その歌声、ギターの後ろからリズムが聞こえてくる。(気がする。)
すると、次にベース、ギター、って他の音が聞こえてくる。(気がする。)
後は、頭の中で鳴ってる音を形にするだけ。(のよーな気がする。)(笑)
ただのアル中だけではなく、音中でもあるのか?(一回検査しないと…)
全てで言えば…
一番最初に聞いた時、自分が感じたイメージは、作詞・作曲者のイメージとかけ離れていないかってところ。
一人〜聞く人によってそれは違うと思うけど、「この曲はこのアレンジでいーのか?」「この詩にこの音色でいーのか?」とか考えていた。(気がする。(笑))
考えてばかりいてもしょーがないんで、開き直って(酒呑んで)バックは私の感じたイメージ(ノリだけ)で行かせて頂きました。(笑)

こだわったトコロは?
ナシっ!(笑)
ただ、お二人の唄入れに関しては、録音するからってコジンマリなって欲しくないってのがあって、良い雰囲気で唄ってほしいなぁと。
ばぁちゃんの事とかあって、テンションとかも気になっていましたが、基本、本人達がokやったらok(笑)
あ、何ヶ所か注文的な事は言ったかな?
強ポンの「シーソー」の「灯篭のように〜」ってとこを韻を踏むような感じの方がとか、ペコポンの「どんげんでん」の最後は怒ってくださいとか、「寺町」は笑いながら歌ってくださいとか(笑)
でも、田舎とかで聞いてるんで、ok出しても良さそうなテイクも「いや、もっと凄いのを聞いた事がある!」ってなったら、ダメ出しじゃなく、いつもの様に酒呑んでからかなぁと。
あっ!今ここで明かされる、飲酒録音の事実っ!皆は(特に吉田は)ただ呑みたいだけではなかった!(笑)
(それにしては、毎回ヘベレケになっていたっ!(笑))
酒は心の潤滑油!あなたと私の潤滑油!(笑)
「堕天使」の「一人ぼっちの夜〜」の「る〜」の酒ヤケの声とか、「どんげんでん」の行間に入る「お〜、いえ〜」、シャウト、怒りの叫びなんかは最高にカッコいいと思う。
飲酒のなせる業やと思います。(笑)

…まだ終わらない(笑)  
   
Posted at 18:13 / 日誌 / この記事のURL
コメント(0)
ともちインタビューby尚スペクタ〜 / 2006年08月04日(金)
ごぶおつです!
私も完結させんばなぁとは気にはなっていましたが、つよP日誌の最後に書き込んだあたりから録音時の記憶が所々飛んでるのと、ペコポンの録音に至っては毎回所々しか記憶がない…(笑、いや笑えない)
つーことで、ともちゃんのインタビューに答えさせてもらおうかと思います。
(↑記憶がある範囲で!(笑)いや!音は残っている!)
が、どーせまた顔同様長々なるんで一回で終わるかどーか…(笑)

ともちインタビュー、いってみよーっ!(笑)

一番楽しかった曲は?
全て!(笑)
ギターだけで特にと言えば「海よ」「堕天使」「どんげんでん」「寺町
寺町」の左から聞こえてくるギターは田中っちのギブソン、レスポール。
田中っちが作ってくれたこの音はかっこいい!
ただ、弾いてる人間が最後の最後に「なんか足りん!」って、グデングデンの一発録り。
(そればっか(笑))
ブレス」「こそぐり」のピアニカはマサキモデル。
これも良い音出してくれました!

一番好きな曲は?
全て!(笑)
なんかずっと付き合ってたら全ての曲が自分の曲の様な感じになってきて可愛い!可愛い!って。(笑)
バックの音出す上で、そーならないといけないと思うし、そーじゃなかったらやれないと思うけど、あくまでペコポン、強ポンの曲。
で、曲はあくまでメロありきやと思うんで、そこを立てることは気を付けた。(つもりです(笑))


…ほら終わらない(笑)  
   
Posted at 12:51 / 日誌 / この記事のURL
コメント(0)
そうそうなんか忘れもんしてたね。/強 / 2006年08月03日(木)
それじゃ答えます。

>一番楽しかった曲は?
もちろん「海よ」。尚Pのデモ音源から始まりCD録音、じゅる耳アワーそしてマンフェスまで。楽しんだなあ。たどたどしい口笛が良いかな。バイオリンも良いかも。

>一番好きな曲は?
うんん難しいな。逆に一番ピンと来ない曲は「海よ」だったんだけど、それはただ歌いこんでなかっただけだった。
みんな好きだね。

>一番大変だった曲は?
歌入れじゃ「少女」かな。九月の時はリズムだけを頼りに
根性で歌ったかな。十二月には歌を録り直しに帰崎したぐらい(笑)。二人の名Pの魔法でいい曲になったね。

>こだわったトコロは?
喉の焼きかげんと呑むタイミング。曲調のバランスは尚Pがうまく選んでくれた。

>CDの全体的なイメージコンセプトは?
それはなんてったってタナカッチに聞きたいなあ。発売記念ライブの翌朝、初めて完成した音聞いたくらいだからね。それにしても」最後のタナカッチの追い込みは素晴らしかった。ライブ感いっぱいだ。

>二つのCDの違いと共通点について
長崎弁とひょうずん語。ジョン風とポール風(笑)。ビートルズ風が共通点かな。

>CDジャケットについて
二十歳の頃の写真を黒枠で囲ってくれたタナカッチにサンキュー。狙いどうり。東望海岸の傘と缶ビールは十二月の記念。気に入ったジャケットです。

>アピールポイント
噛めば噛むほど聞けば聞くほど良くなるよ!

>作ってる間、どれくらい飲んだ?
記憶にございません(笑)

>その他自由になんか一言。
ともちゃんいつもありがとう。素敵な仲間達と納得のいくCDが出来ました。
 
   
Posted at 14:31 / 日誌 / この記事のURL
コメント(0)
ともちゃんの質問にお応えします。by岡野ハゲ / 2006年08月02日(水)
>一番楽しかった曲は?
つうより楽しかったのはやはり酒飲みながら演れたから
どれも楽しかったし、そのわりにはかどらなかったのも
酒飲みながらだったからなあ。強いてあげれば途中ボヤ騒ぎ(誰も騒がなかったのが実情だが)があった「ひぐらしの唄」、あん時のテイクはボツだった。


>一番好きな曲は?
寺町だったり…やっぱり寺町の雑然とした感じがいいなあ。寺町界隈の話しじゃなくて、寺町坊譚。皆好きなんだけどね。最近、妙にどげんでんなるが気に入ってる。


>一番大変だった曲は?
どげんでんなる。尚ちゃんの作ってくれた音に(シャクとか)なかなか合わせきれんかったし、むずかしかったばい。

>こだわったトコロは?
酒を切らさんごと、それはこだわったちゅうか、気をつこた、ノンベばかりやっけん。

>二つのCDの全体的なイメージコンセプトは?
え?強んとは強にまかせるけど、おそらくどちらも
ライブ感。これは一貫して尚プロが言い続けた、飲みながら。タッキーペリンもそういう音にしてくれたし。

>二つのCDの違いと共通点について
違いは、アイツの(強ね)曲の良さに尽きる。同じプロデューサー&エンジニアでこうも違うのは、曲想の違いに尽きる、くやしい?いやまあ。いかんともしがたいのは重々承知。
共通点、兄弟。酒好き。

>CDジャケットについて
わざと落書きぽくイラストで。

>アピールポイント
いいです、本人が言うからまちがいない。
皆さん、是非聞いてください。音をよくほめられます。プロデューサー&エンジニアの力です、感謝。


>作ってる間、どれくらい飲んだ?w
内緒。

>その他 自由になんか
ともちゃん、きれいになったばい。  
   
Posted at 03:55 / 日誌 / この記事のURL
コメント(1)
いまさらやけど。。。w / 2006年08月01日(火)
ここの日記を 完結してほしかな〜なんて。。。

なので、
つよぽん、ゆーいちCD製作に関わった方に インタビュー!
お時間あるとき答えてくださいませ。

関わってみて、それぞれのCDで、

一番楽しかった曲は?

一番好きな曲は?

一番大変だった曲は?

こだわったトコロは?

CDの全体的なイメージコンセプトは?

二つのCDの違いと共通点について

CDジャケットについて

アピールポイント

作ってる間、どれくらい飲んだ?w

その他 自由になんか一言。

 
   
Posted at 17:06 / 日誌 / この記事のURL
コメント(1)
えと / 2006年03月09日(木)
この前ペコさんがおといれしました。2月26日。
夜はPANDa818と月極マイアミパーキングのライブ観に行くことになってたので、
昼ぐらいから夕方までねってことで。

そろそろ来るかな?と思いたなかっち、ペコさんにメール

たなかっち 何時頃来ます?
ペコロス 今マルキョウ
たなかっち おう!(笑)
ペコロス 車ん中にかぎかけたまま。JAF呼ぶけん遅くなる。
たなかっち そっち行きます
ペコロス 3〜40分かかるげなけんランチ食うとって。オイも食うて行くけん。
たなかっち もうJAF来とるよ

でスクープ映像
途方に暮れるペコロス  
   
Posted at 00:26 / 日誌 / この記事のURL
コメント(0)
P R
もといCD製作日誌
岡野雄一ことペコロスの
セカンドアルバム製作にあたり、
ネタばれ厳禁の製作日誌開始。
最新コメント
アイコン画像岡野兄です
いまさらやけど。。。w (2006年08月01日)
アイコン画像尚・スペクター
強だよ (2005年11月11日)
アイコン画像尚スペクター
尚さん、、 (2005年10月12日)
アイコン画像ともち
つよP日誌休刊のお知らせ  (2005年10月07日)
アイコン画像tomtoi
な、なんじゃこりゃーっ!? (2005年09月28日)
アイコン画像たなかっち
リニューアルオープン by tomoti (2005年09月27日)
アイコン画像タッキー
岡野です。 (2005年09月20日)
アイコン画像タッキー
岡野です。 (2005年09月19日)
  | 前へ