一段落…? 

February 23 [Thu], 2006, 22:41
忙しい忙しいと言っていましたが、ちょっと一段落した…気がします

やっぱりバレーの話ですよね
バタバタしていて遅れましたが……

スギさん!!ブロック賞おめでとう!!

ん〜あと1本でブロック100本達成だったのに惜しい
でも、あのつらかった状況の中で、ブロック賞取っちゃったってのはスゴイ
そうです。今までのスギさんの苦労が報われない訳ありません

スギさんのすごい優しくてちょっとおっとりしている性格からも分かるように、いままでは進んで自らみんなをひっぱっていくような選手ではなかったと思います。
けれど、シンさん、ユウさんなど、チームのすごい大事な選手が抜けて、残ったスギさんは、みんなをひっぱっていかなきゃならない状況になって。
正直、不慣れなことだったと思いますみんなを引っ張っていくのは。。
だけどスギさんはがんばってました
進んで声を出して、点が決まったときは人一倍喜んで、失点したときは人一倍悔しがって。
あんなスギさんみたの初めてでした。
それと、涙。
いろんな方のブログを読んで知ったのですが、スギさん、負け試合の後に隠れるようにして一人で泣いてることが何度もあったそうです。
最終戦でのインタビューでは、溢れでてくる涙をこらえきれずに泣いていました。
これは、努力したからこそでた涙ですよね。
ずっと、切れないように切れないようにと必死で繋いできた緊張感が、フッとあのとき切れたのでしょう。
今回のVではほんとに、スギさんがカッコよかったです。もうその言葉に尽きます。

なんか言葉つながってないですよねスミマセン。いろんな想いがごちゃまぜになってるんです。

ここらへんで終わりにしときます。
最後に、スギさんへ

本当にお疲れ様でした。
もう、今は何もがんばらなくていいです。
思いっきり好きなことでもやって、帰省したならご家族と一緒にまったり過ごしてください。
そして、またたくさんの笑顔を見せてください。
感動をたくさんありがとうございました
次は黒鷲旗ですね。
スギさんの活躍期待してます




吹奏楽コンクール県大会!! 

August 12 [Fri], 2005, 21:46
今日はなんと!!吹奏楽コンクールの県大会でした!!
ちなみにσ(´∀`●)らは中学校Aの部ですぅ。
まぁいろいろあったんで、最後まで読んでみてください☆(笑

演奏前、舞台裏で先輩とアイコンタクトしてがんばりましょうと伝えました。
そして演奏。
今年のコンクールでの演奏は、吹いていてとても楽しく感じました☆
そして、演奏中にはいままであったいろんな出来事、つらかったこと、楽しかったこと、すべてがいっきに頭の中を駆け巡りました。
曲のフィニッシュのあの余韻はずっと忘れないでしょう。

運命の結果発表。
σ(´∀`●)らはみんなで、「絶対関東いけるべ!!」とか言って絶対いけると信じてました。
しかし結果は銀賞・・・・。
悔しすぎて、そのときは涙もでませんでしたね・・・。

しかぁし!!涙腺弱い自分がこれで終わるわけないのですよ!!(爆

帰りに、σ(´∀`●)の一番尊敬していたI先輩に、今までのお礼を言おうと思って先輩のところまで行きました。大荷物で(笑

ぺっかぁ「I先輩、ありがとうございました・・・」

I先輩「うん、これからもがんばってね」

ここでマジでなにかがふっきれたんです。先輩が泣き出したからかもしれませんが、猛烈になにかがこみ上げてきたんです。
先輩のクラの音がもうきけない・・・と思うともう涙が止まりませんでした。

ぺっかぁ「先輩・・・握手しましょう・・・」

ぺっかぁ&先輩 号泣。(笑
その後も、がんばってね。と繰り返すI先輩。
いやぁ、いい先輩に出会ったなぁって心からそう思いましたよ。
尊敬してます、I先輩。

ホントに感動しました。これほど3年生に引退してほしくないと思ったのは初めてですから。

こんな感じで、結構いい一日でした☆
先輩が完全に引退するのは10月の文化祭です。
それまでまたがんばっていこうと思います。


初☆ 

August 12 [Fri], 2005, 21:42
初ブログです!!
ここでは、σ(´∀`●)の所属している吹奏楽部であった出来事を中心に更新していこうと思いますぅ☆
まぁそれだけじゃないですけど(笑
たまにサボるかもしれませんが、ご勘弁ください(何

それでは・・・
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pekkaa-brass
読者になる
Yapme!一覧
読者になる