10月7日のゴハン 

October 08 [Wed], 2008, 15:49

朝ごはんには故郷の味・信玄餅!
めかぶ茶との相性もバツグン!!


同僚から頂いたラングドシャ(日本土産)と、
ポークジャーキー(江蘇省産)をつまみました。


お昼ゴハンは、会社の敷地内のお店でテイクアウト。
チャーシューバーガーと、サツマイモフライ。


サツマイモフライに味がないので、
ポークジャーキーをおかずに食べました。


同僚に頂いた飴。
海老の絵が描いてありますが、けして海老味ではないです。
縞模様が似ているからです。


またまたジャーキー。
甘辛くて病み付きになります。


栗。炒りたてでほっくほくです。

自宅で晩ゴハン。
彼氏が作ってくれたのですが、あまりに塩っ辛かったので、
砂糖と卵を入れて作り直し。
マッシュポテトと一緒に頂きました。
疲れているときに塩辛い食べ物は、
血圧を上げ、久しぶりに喧嘩をしてしまいました。反省反省。


いらいらしたときには甘いものですね。
チロルチョコ、一気食いです。
仲直りのしるしに、1つ彼氏にあげました。

大董焼鴨(北京ダック) 

October 07 [Tue], 2008, 14:46
友人の友人が北京に遊びに来たとのことで、
すごい勢いでおすすめした北京ダックのレストランに、
なぜか私もお供させていただき、
おいしい北京ダックをいただきました。


豆腐の細切りスープ。
上のパリパリは、プリッツをイメージ。


通称・鳥の巣。慌てて写真を撮ったので、若干崩壊気味。
サクサク&ジューシーでレタスがアクセントになって涙が出そうになるおいしさでした。


ぷりぷりの海老。ちょっぴり酸味が利いて、いくらでもいけます。
海老よりも薬味的に和えられたネギが感動的なおいしさで、白飯が欲しくなりました。


おなじみ北京ダック。ジューシーでしつこくないダック。
左のゴマパンにはさんで食べると、香ばしくて卒倒しそうになりました。


ダックの薬味。ダックの皮に、右上のザラメをつけて食べるのが大好きです!
舌の上でとろけてなくなります。
椅子から転げ落ちるほどおいしいです。


葉っぱ。油菜かなにかです。
しゃきしゃきです。


鰻炒飯。つぶつぶの小米に鰻味。
鰻のタレ最強伝説は北京でも有効です。


フローズン柿のココナッツミルクがけ。
なめらかで甘くて、しつこくなくて最強デザート。私の中の全米が感動しました。


最後のサービスフルーツ。
小林幸子みたいな演出で登場しました。


すべてがフルスロットルですばらしい大董焼鴨。
メニューはでかくて分厚くて、大百科事典みたいです。
予約してでも行く価値ありです。
オーナーが、『めがねっこ海原雄山』みたいで好きです。

大董焼鴨店(南新倉店)
東城区東四十条22号
南新倉国際大厦南側1階
11:00〜22:00
5169-0329

10月6日のゴハン 

October 07 [Tue], 2008, 13:42

日本のお土産のチョコレートとコーヒーと、
中国のヤクルト(日本の1.5倍)です。
チョコレートがおいしすぎて、発狂寸前。


同僚のお土産のROYCEのチョコレート。
おいしく頂きました。ありがとうございます。


自前肉じゃが弁当。
肉じゃがの色が濃すぎるのは黒砂糖で炊いたからなのです。


日本のお土産のおかきと、山西省のお土産の杏のお菓子。
かったいおかきの味を噛み締めながら日本を思い、
酸っぱい杏のお菓子を食べながら、北京に(また)来たことを実感します。


就業時間間際にもおかき。
小腹が空いていたので、味わって食しました。

夕食は大董焼鴨で北京ダック!

なんだか食べすぎな1日でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pekingogan
読者になる
2008年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像真那斗
» 10月7日のゴハン (2008年10月20日)
アイコン画像ヨシオ
» 10月7日のゴハン (2008年10月14日)
Yapme!一覧
読者になる