おさんぽ 

January 25 [Thu], 2007, 0:51


昔から、朝起きるのが大の苦手でした。
そんな私が、サムセサのために今はちゃんと起き、お散歩に行き、ご飯を作っています。


階下で寝ている彼らは、ちゃんと私の起きる時間を知っています。
起きる音がすると、階段下でじっと待っている、、、。階段を下りながらいつも、「おはよー」と2匹に声をかけて私の一日は始まります。


1時間でも寝坊すると必ずセサミが、一定リズムで
ワンッ(起きろっ)!   ワンッ(起きろっ)!   ワンッ(起きろっ)!と大騒ぎ。これだから、ゆっくりと寝坊なんてできません。たまには寝床でゆっくり本でも読みたいんだけどなーと思いつつ、絶対ムリ。


朝一番の私の仕事は、サムセサとお散歩。
朝日に背を向けて歩く時、目の前に「私」「サムリー」「セサミ」の影が伸びて。私の両脇を、もじゃもじゃした影がヒョコヒョコと歩いている。これを見るのがたまらなくスキなんだ。



この影を見ながら歩いているといつもほんわかと温かい気持ちになります。


タイの飼い犬はほとんどが、日中放し飼い。(うちは違うけどね)



ご近所のクワン(♂)


この辺の犬社会のボス的存在。サムセサに興味を示しつつ、いつも距離を持ってついて来る。そして他の犬がちょっかいを出すと怒ってくれる、サムセサ専任ボディガード



「カモン。こっちだぜ。」


でも、最近お互いに盛りがついているので、心配なママ。
ちょっとクワンが近づきすぎると「こらっ」と威喝しているのでした。。。



お友達はいいけど一線を越えたらママ、許しませんよ


実は先住犬。 

January 21 [Sun], 2007, 3:19
忘れちゃいけないこの方。




チェンマイに住みはじめた9年前。今よりちょっと(だいぶ?!)若かったわたくしは、今では絶対買わないであろう大きな「ぬいぐるみ」を購入。毎晩抱っこして寝ていました。





もっちゃん



私の古い友達に顔がよく似ていたので、彼のあだなをそのままつける。
仕事柄、子どもが家に遊びに来ることが多かったのですが、そんな時もっちゃんは大人気。

そのうち、私の家=もっちゃん

という代名詞がついてしまうほど。まだ我が家に来たことがない子まで「もっちゃんに会いに行きたい」と言い出す始末。

このおとぼけの顔が人気の秘訣??

が。サムリーとセサミが来てからは、その人気をすっかり奪われてしまったもっちゃん。それでも動かずしゃべらずのもっちゃんは、相変わらずのポーカーフェイスです。




こんな風にも使われて。。。





よいしょっと。あったか〜





これでも一応、ずっと前から住んでいる「先住犬」ですけど。。。

更に布系のものなら何でもカミカミしたがるサムセサ。もっちゃんもしばしば餌食になりました。

すっかりガビガビにされてしまったもっちゃん。このままじゃ捨てられる!




ということで、とうとう、、、。





何してんの?もっちゃん。





「・・・・・。」



かなり大胆なママ。ザブザブ洗って。脱水機でゴイーン。日陰干し。




以来、もっちゃんはサムセサのいない2階に移り、一人気ままに過ごしております。
良かったね。もっちゃん。





「・・・・・。」


セサミが仲間入り! 

January 19 [Fri], 2007, 1:13

タイルの上はちゅめたいでしゅー。


2004年サムリーが我が家に来た年の冬は今年よりずっと寒かった。 普段は犬に服を着せない派の私だけど、この冬ばかりは見るに見かねて子犬用の服を買ってきて、夜だけ着せてました。



タイでは、生まれてひと月くらいでお母さん犬と離され、ペットショップに売られてしまうのが一般的です。うちのサムリーも、出会った時は生後1ヶ月。まだお母さんのお乳が欲しい頃なのに、知らないおうちに連れてこられて、その上、日中はお留守番させられて、、、ごめんね。 毎朝、小さなサムリーを残して仕事に行くのが辛かった。通勤時間は片道30分でしたが昼食を削ってでも毎日、お昼休みに家に帰っていました。。。



そんなサムちゃんに、早くお友だちを!と休日はペットショップめぐり。



サムリーが白だから今度は真っ黒が欲しいな〜。そう思って探してたんだけどなかなかいなくって。



そんな時に見つけたのが今のセサミでした



フンワリ少女系のサムリーに対し、この子ってばちょっと小悪魔的で決してこびをうらなそう。意外と相性良いかも すごーく悩んで、とうとう決定。



いざ、バイクで連れて帰るのに、お店の人がダンボールを用意してくれてその中に破いた新聞紙を入れてくれたんだけどセサミってば、おりから出た途端逃げ出して新聞紙をビリビリ引きちぎって遊び始めました。



「わー。ずいぶんおてんばだわ!!」(←これが私の第一印象)



家に連れてきてすぐに、サムちゃんと恐る恐る会わせてみると、、、、。サムちゃん、クンクン匂いをかいで、その後ゴロンとお腹を見せました。心を許すよ、というポーズかしら。それからずーっと2匹は仲良しです。よかったよかった。



セサミを連れてきたのは主人にナイショだったから、どんなご対面かワクワクして主人の帰りを待ちました。




「ただいま〜。」



サムちゃんがテケテケとお迎えに行きます。




その後ろをセサミちゃんも、テケテケ。。。。



主人「あ、だれだ!君はだれだ!わ〜かわいい〜!きみ、だれ?!だれだ〜??」



タイ人の主人。とにかく日本語で「だれだれ」を連発(笑)。



そんな初対面でした






あなたこそ、だれ?





パパが作ったおうち。白いペンキはママが塗りました。




いつも腹ペコですぅ。 

January 17 [Wed], 2007, 0:28

本日は、なんとなくロックな気分・・・。というわけで、学生時代によく聴いたデビッド・ボウイのハンキー・ドリーをかけてます。このアルバムは、全てが名曲!だ。と、思う。始めて聴いたあの頃からもう10年以上も経っているのに、全然飽きないんだもんな。恐るべし。ボウイさん。


若かりし頃のボウイは美しい



さて。今日もサムセサは元気です。夕食の支度をしていると、いつも台所でウロウロ様子を伺う2匹。サムリーは、必ず私の足の上に自分の足を置いて、「予〜約」ってやるんだよね。おっかし〜。


まだ〜?



小さく刻んだ野菜やささみ、ご飯などを茹でて、冷まして、乾燥フードに混ぜる。これがいつものお食事。これに、日によって卵が入ったり、ミルクが入ったりします。お腹いっぱいになると、いつもこれ。



はぁ〜。喰った喰った。

お初!サムリー 

January 16 [Tue], 2007, 3:13
チェンマイは、今年に入って少し温かくなりました。 日も確実に伸びてますね〜。

今日は、はじめてのお披露目ということで、まずは先住犬のサムちゃんことサムリーを紹介します。サムリーとは、タイ語でコットンという意味。今でこそ茶色っぽくなっちゃいましたが、うちに来たばかりの頃は、真っ白で綿毛のようだったんですよ。

我が家に来たのは、忘れもしない2004年10月。ペットショップで種犬(?)として飼われていたお父さんと一緒にいたサムちゃん。わたしが抱っこした途端ペロペロとホッペを舐めてくれて、その日に連れて帰ってきちゃいました。

タオルに大事に包まれて我が家に到着したサムちゃん。ツルツルのタイルにおっかなびっくりで最初は動けなかったっけ。真っ白のタイルにサムちゃんも真っ白なんで、どこにいるのか分からなかったなあ。


ちゅぶらな瞳はママ似でしゅー。

すぐに、パパが手作りで小屋を作ってくれました♪
私たちにとってサムちゃんがはじめての飼い犬。パパもママも新米だけど、これからずっとあなたを大切にするからね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:タイ チェンマイで暮らす  うちのペキニーズたち
読者になる
サムリー(オフホワイト) ♀2歳
おてんば やきもち焼き
特技:両手を合わせてサワディカー(こんにちは)

セサミ(白&黒) ♀2歳
マイペース おっちょこちょい
特技:手でカイカイすること
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ayu
» 実は先住犬。 (2007年01月24日)
アイコン画像ともこ
» 実は先住犬。 (2007年01月24日)
アイコン画像ayu
» セサミが仲間入り! (2007年01月20日)
アイコン画像いずごん
» セサミが仲間入り! (2007年01月20日)
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる