失地農民をして就業援助の支援と重点支援対象

May 28 [Mon], 2012, 11:16
本社ニュース記者方维芳報道:25日、記者から省人力資源社会保障庁によると、今から8月末まで、私は基本的な保障省失地農民顕著な問題を特定項目の治理。統計によると、今の時点で、全省の参加失地農民養老保険の者達25万人余りで、累計年金支給2.33億元rmt 。調査によると、今回の特定項目の治理を重点検査2008年以来の土地補償金全額かどうかを直ちに所定の位置について、集団土地管理を使って流用資金と規範でかどうか、政府が収用をほとんどの土地の基本保障メカニズムを確立し、農民が実装されて。検査を確保するため、失地農民生活の基本養老保障レベル以下にしないと現地の最低生活保障の標準化、土地収用補償金支給失地農民と保険納付などの接続できるコーナー、先に保後徴。基本的な生活を下回らない最低生活保障失地農民の就業促進を積極的に創業、省は、失地農民就職を都市就業体係、失業登記を実行し、町の失業者と同等の就職支援政策。また、失地農民として就業援助の支援と重点支援対象を展開、ターゲットの労働技能訓练を高め、失地農民の就業創業能力開発を通じて、公益性職位などを通じて優先的に配置され、就職難の農民の積極的な支持と案内土地収用、土地収用され農民自助努力による職業や自主創業、柔軟で多様な就業実現の方式。失地農民の就業を都市就業体係調査によると、私の省は失地農民の養老保険の仕事を省政府の民生工事目標の評価システムは、省財政毎年手配1億元の資金を支持して、各地の失地農民の養老保険の仕事アラド戦記 rmt 。現在、すでに73の県(市、区)が成立した失地農民社会保障方法を実施し、たパイロット。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/peiosq/index1_0.rdf