WCS2017

August 08 [Tue], 2017, 13:07
The annual World Cosplay Summit held on July 29th to August 6th, 2017, (This time, the "Cosplay Championship", where 34 teams from various countries and regions compete to be crowned world cosplay champions, along with various other events,) were held in Aichi Prefecture, Japan.

2017August5th.
[World Cosplay Championship 2017 - 1st stage]

This summer of the WCS, I could be able to managed having an any press pass. Therefore, I wondered around Oasis area, just like I used to do, with any other ordinary Cosplayers do.
Besides that, the Red Carpet wasn't schedule this year.(The optimistic point of view, the one of the representative was fainted out, because of the heat, the last year(2016))
For the first time, although I have been attending WCS for several consecutive years,if I remenbered correctly, inside of Oasis were more crowded than preivious years. Usually, inside of Oasis21 were full of people, so could not make any move inch by inch. However this year 2017, was not so much as croweded. I thought that the new regulation works perfectly. In fact, it was not, So the out side of Oasis21 and between Aichi Arts Center Concert hall were as crowed as ever. Therefore people were just spreaded around Oasis Area. I personally, think it was O.K. as long as they were having a fun at WCS.

2017August6th.
[Osu Cosplay Parade]

This years of Osu Cosplay Parede was wee bit different.
While waitting on a line, the staffs from Osu, gave each cosplayers for a battle of water. I also have been attending Osu Cosplay Parade for several consecutive years for the first time.
And a water supply point was different than previous year. Before was pointed as like a ¼, every year, I straggled, to find a meaning of, locating on a such short distance. Now, it's located in a half distance of the parade course, which was good change for those of whom attending a parade.
And finally, the Course of Parade must have been sepatared from the representatives one. It was a good changes, just heading back to Oosu Kannon. Because of that made Cosplay Parade shorter distance, than I usually felt.
By the time, half minites past twelve. Osu Cosplay Parede seems had ended. So, we had a lunch around Oosu area, then head back to Osasi21, for the lest of schedule, we had to attend, and we did. So's our stoy of WCS2017 went so and so.

[World Cosplay Championship 2017 - 2nd stage]
World Cosplay Championship resolts are:
1st Place (Grand Champion) : China
2nd Place (Runner-up) : Mexico
3rd Place : Japan

栄ホココス

June 30 [Fri], 2017, 10:45


ソーシャルレポート


  • ホココス

  • 2017年5月21日(日)
    テレビ愛知・世界コスプレサミット実行委員会が開催する一大コスプレイベント通称「ホココス」が、名古屋の街中、栄で開催されました。今回から、「世界コスプレサミット」実行委員会が運営をすると言うことで、早朝から、日経名古屋支店前の参加受付待機列は、お昼頃まで、絶える事がありませんでした。天気が良く最高のコンディションの中、広い歩行者天国のあちこちでコスプレイヤーが撮影や交流を楽しんでいました。また、さまざまなテーマでのギャザリングも行われ、多くのコスプレイヤーが集まり、撮影後もしばらく交流の輪が続いていました。「ホココス」は、歩行者天国+コスプレという事で、南大津通を歩行者天国とし、さまざまなイベントを展開、「矢場公園」や「SUNSHINE SAKAE」などでもイベントを開催、三越前からパルコ前まで、コスプレ参加者がパレードをする「コスプレパレード。」好きなアニソン・ボカロ曲などをコスプレ衣装で熱唱する「カラオケ参加ステージ」もSUNSHINE SAKAEで開催されました。「サンシャインサカエ」地下1階ステージでは、記念すべき第15回となる「世界コスプレサミット2017」の大発表会も行われ、詳細情報を発表。

    今年で開催15周年を迎える世界コスプレサミットでは、新規参加国が、チリ、ベルギー、UAE(アラブ首長国連邦)、ミャンマー、プエルトリコの5ヶ国が新たに参加。今夏は最多数となる35ヶ国の参加を予定。会場はオアシス21広場と隣接するテレビ塔周辺エリアも含めたエリア拡大や、同じ作品系統のジャンルで愛好家が集合する「大ギャザリング」も予定。名古屋市内ではほかに、結婚式場・ブルーレマン名古屋での撮影パーティー、名古屋テレビ塔会場での大規模なギャザリング、大須商店街などでのコスプレパレードなどが行われる。オフィシャルサポーターに声優の上坂すみれさんが就任が発表。7月29日は、開幕オープニングイベントとなる、蒲郡市のラグーナテンボス内「ラグナシア」を貸し切りにオールナイトで楽しむコスプレイベント「ラグコス2017」にて、東京・大阪からのバスツアー実施の告知。8月3日は、ロケ撮影として人気の犬山市の博物館明治村を会場した「明治村COSPLAY2017」を開催。開催15周年を迎え、チャンピオンシップイベント会場では、2017/08/05(土)「名古屋アニソンフェス」開催の告知、ステージアーティスト第一弾の発表。5日のステージは「名古屋アニソンフェス」とコラボレーション。出演アーティスト第1弾として、名古屋出身の亜咲花さん、ALI PROJECT(アリ・プロジェクト)が出演。翌6日(日)の世界一のコスプレイヤーを決める2ndステージにはスペシャルゲストとしてJAM Project(ジャム・プロジェクト)が出演することも発表。5日・6日は栄の愛知県芸術文化センターで2日間にわたり「世界コスプレチャンピオンシップ」を開催。初日に35カ国が3ブロックに分かれてファーストステージを行い、2日目に勝ち抜いた18チームによるセカンドステージでチャンピオンを決定する。ルール説明後、ゲストの昨年度日本代表・スカイリさんが初日のパフォーマンス順を抽選。Aブロックの1チーム目に日本が選ばれ、会場の観客から驚きの声が上がった。声優の古谷徹さんを審査委員長に、上坂さん、興津和幸さん、津田美波さんと、歌手の佐咲紗花さんが審査委員を務めると発表。世界コスプレチャンピオンシップの模様は、オアシス21銀河の広場会場にて、ゲストに人気声優・杉田智和氏を迎えて、チャンピオンシップのライブビューイングも実施。また、チャンピオンシップを中継するニコ生ライブビューイング会場の公募告知。今年はさらに、会場来場コスプレイヤーの皆さんから抽選でステージランウェイに参加できる中継ステージイベント「niconico cospllection」が復活。撮影スポットとして、ひそかに注目を集めるシックな西洋庭園「フラリエ」(矢場町/大須4)もコスプレ撮影会場として、解放されることが告知。協賛企業・地方公共団体からは、名古屋市が公式ウォーター「名水」として参加者支援。イラストレーター・岸田メルさんのオリジナルイラストによる「世界コスプレサミット限定ドニチエコきっぷ」の発売。フジタクシークループは、岸田メル氏デザインにゆるWCS公式キャラクター・デザインタクシーを名古屋市内で運行。会場では、実際のタクシー車両の展示。協賛企業「もえたく!」より、チケットの当たるキャンペーン実施の告知。このほか、今夏WCS2017チャンピオンシップ開催時での会場周辺公式更衣室の情報も早々と発表されました。
    今年の夏に開催する「世界コスプレサミット」は15周年を迎え、名古屋の夏を盛り上げてくれそうです。

    http://www.worldcosplaysummit.jp/170521_newsflash.html

    2017May21st.
    A big event in the middle of Minami Ootsu-dori (South Ootsu street) of Sakae shopping area during a pedestrian’s paradise (Hokousha tengoku) was made into a cosplay venue known as “Hokocos” was held on May 21 (Sun)."HOKOCOS" was held in Sakae Nagoya, Aichi. Nagoya's most prosperous commercial area, SAKAE, whereabouts the ‘Holy ground of cosplay’ Nagoya, where World Cosplay Summit( In fact, this activity is widely known as the beginning of the "World Cosplay Summit" which gathers outstanding cosplayers all over the world to compete. At the "Cosplay Championship", the cosplayers perform on the stage to decide who is the winner and are judged on their clothing and acting. The "World Cosplay Summit" is perhaps the highest level of competition in the world of cosplay.) is held, become a pedestrian zone on the day of "HOKOCOS". This was used to known as "SAKAE COSPLAY FESTIVAL." And ran by "Tokai TV" and "COSTAiL!," as you are aware of fatal mistake, they made, last year. So the "World Cosplay Summit" notorious as "WCS" took over this year. They said, it was totally different, but the man power is the same.

    With good weather and best condition, Aperfect day to be great cosplay. Millions of participates were queued up from the early in the morning. However, Hours of waiting on a line to just get to the reception desk, then another hours of waiting on a line to just use a dressing room, where locating in a different spot, is not good operating systems for the cosplay event. Although, we were remembered the last year incidents when we wait 5 or more hours to just get a dressing room. So's participates numb with its worth.

    The opening of "HOKOCOS" is the most fascinating moment. A great number of participants representing animations, comics and games will gather together to hold a cosplay parade in the south part of Otsu in the Sakae area. Walking on the road you will notice that there are not only Japanese Cosplayers, but also a lot of cosplayers from all over the world participating in this festival. A wide selection of characters representing the world of Japanese anime. The participants in "HOKOCOS" are not only well-known cartoon characters, but also some characters that will only be known to a certain generation. The quality of cosplaying at this festival is so high that even people who are not into games or anime will think the cosplayers are "cool" and "cute"! cosplayers enjoyed photo taking and exchanges around the wide pedestrian’s paradise. Also, gathering with various themes was done, especially a lot of cosplayers gathered for “male idol” gathering, circle of exchanges continued for a while after photo taking.

    At the same time, the karaoke contest and meeting will be held on the B1 floor of the Sunshine Sakae Building. Although it begins from noon, it is said that players have queued up early in the morning and many pedestrians will be attracted by their singing. On the stage, also a major presentation for the memorable 15th World Cosplay Summit 2017 (WCS 2017) Schedules are announced:
    7/29 LAGUCOS
    8/3 Meiji Mura COSPLAY 2017
    8/5 Cosplay Championship 1st day
    8/6 Cosplay Championship 2nd day
    Official website

    谷汲山きもの歩き

    June 15 [Thu], 2017, 9:37
    平成29年6月11日の日曜日は、良い天気、良い気候の中、岐阜県揖斐郡の谷汲山で「谷汲山きもの歩き」をしてきました。初対面の色々な年齢の方が集まりましたが、皆さんと、和気あいあいと過ごす事ができました。

    朝、まずJR岐阜駅の北口に送迎バスが迎えに来る事になっていました。10時15分前に谷汲までの送迎バスが迎えにきてくださり名古屋からの電車だったので、このバスに乗り換えて向かいます。約40分のバスの旅で「旧谷汲駅」に到着です。

    現地に到着後、ちゃちゃと、着替え終わったので、先行して、参道を回って来ました。ランチに、鮎料理を出してる店が気になったので、そこへランチをしました。

    食後、皆と合流し、わいわいぶらぶら 華厳寺に向かい沢山写真を撮りました。

    途中で「いのりちゃん」という谷汲のゆるキャラと出会いました。そして中日新聞さんの取材も受けました。
    華厳寺山門すぐ前にある「立花屋」さんのおかみさんが 私達が着物で歩いているのをとてもほめてくださり、いのりちゃんがついたおせんべいのお土産をくださいました。このおせんべいがカステラ焼でとても甘くて美味しかったのでした。

    森林浴とお参りですっかり心が清く軽くなったので帰り道はクーポン券での試食まわり。「松屋」さんでみたらしをいただきながらお茶もだしていただけました。豆乳ドーナツ、ミニソフトクリームもいただきました。

    最後は旧谷汲駅で 展示の古い電車との撮影を楽しみました。「千と千尋」ごっこがやりたくなるロケーションでした。

    そして、3時30分には撤収準備をし、4時にまたJR岐阜駅行きのバスを出して頂き、帰路に付きました。

    今回、谷汲の方々のあたたかい 沢山のおもてなしをして頂き、楽しかったです。
    これからも谷汲山は観光に良い季節お参り、グルメ、華厳寺も奥まで行くとちょっとした登山。
    次回は紅葉の頃に「谷汲山きもの歩き」を開催予定らしいです。

    谷汲山華厳寺

    第33回 有松絞り祭り

    June 08 [Thu], 2017, 9:16
    2017年6月3日(土)は、「有松絞りまつり」
    名古屋和髪隊のイケメン隊士として、「江戸の旅姿」で「鳴海宿から有松宿」まで歩いて来ました。
    朝の内は肌寒かったのですが、昼過ぎには暑くなってしまいました。
    お昼前に、有松に到着し、軽くランチにしました。

    しかしまあ、「有松絞りまつり」には、ここ数年、ほぼほぼ参加させてもらってますが、相変わらず人出は凄かったです。

    午後は14時から、「時代衣装おかむら」の花魁道中のお手伝いを、させてもらいました。
    今年も参加者は3日が9人、4日は、15人で、花魁道中は、花魁体験の参加者には、最大の見せ場でもあります。
    「時代衣装おかむら」の女将さんの花魁道中のお手伝いは、我ら名古屋和髪隊にとっては、もう慣れっこなので、打ち合わせ無し!のぶっつけ本番で、道中をサポートして来ました。
    鳴海宿から有松宿へのウォーキング後の花魁道中のサポートだったので、終了後は、クタクタに疲れましたが、ちょっと早めのディナーを有松界隈で済まし、帰って来ました。

    参加された皆様方、お疲れ様でした。また来年も、ご縁がありましたら、よろしくお願い致します。

    第33回 有松絞り祭り

    第六回大須お化髪行列

    February 06 [Mon], 2017, 11:54
    2017February3rd.
    第六回大須お化髪行列/節分の断髪式(ヘアードネーション)

    2017年2月3日節分の日、「名古屋和髪隊」主催の「大須お化髪行列」が開催されました。今年で、第6回目を迎える、このイベントは、
    =他人に成りすまし 厄を落とす=
    という江戸時代からの花街(はなまち)の行事を、現代風にアレンジしたものです。毎回、色々な方の支えにより楽しく続けていられます。
    当日は、お天気もよく、風は冷たかったのですが、日射しは、暖かく、楽しい時間を過ごす事が出来ました。ふれあい広場で集合時には11人。ちょうど名古屋の「京谷かつら」さんのご一行もお見えになっていました。今年の大須の節分は平日の金曜日の為か、人が少なかったような気がします。おかげで、商店街もスムーズにかっぽでき、記念写真も難無く、撮る事ができました。14時には「黒紋付の会」の方々にもお会いする事ができ、仕事の途中や地方から来てくださった方々も、大須観音に来てくださり、青い空の下、毎年恒例、皆で豪快に、豆まきもできました。

    行列が終わってから、三輪神社へ断髪式に向かいました。大須の三輪神社の境内をお借りして、15時より「断髪式」をさせていただきました。
    人の「縁」とは本当に、尊いもので、岐阜県恵那市岩村から「岩村ふるさと小町」の桃子さんが「ヘアドネーションの断髪式」を「お化髪行列」の時に、髪つながりで 大須でやってみたいと相談を受け、それならば…と三輪神社さんへお話しさせて頂き、快く場所をお貸し頂ける事に成り、そして髪を切る方も、大須の日本髪つながりで、日本髪の結える美容室の「千鳥」のオーナー竜也さんに頼む事にしました。皆様に見守られながら、「岩村ふるさと小町」の桃子さんとともこさんが31センチ以上の髪を切り、寄付させて頂きました。「厄落とし」として行いました。断髪式も、無事に終わり、見守りの方々も帰ってしまった後に、一般の方が飛び込みで、ヘヤードネーションにチャレンジされました。計3名様の髪の寄付をいただきました。みんなのお気持ちにより、初の試みが、大成功で発進させて頂けました。
    この日、寄付された髪の毛は、一旦、ヘアーサロン千鳥の方で、お預かり。後日、まとめて、ヘアードネーションの団体『NPO法人 JHDAC/ジャーダック(Japan Hair Donation & Charity)』に寄付されます。参加された皆様方、お疲れ様でした。又、来年、お化髪行列で、お目に掛かりましょう。

    ・関連動画
    第六回大須お化髪行列/節分の断髪式(ヘアードネーション)
    http://dive-tv.nagoya
    https://www.facebook.com/dive.tv.nagoya/

    ・「大須お化髪行列」
    Facebookページ

    ・大須の三輪神社【場所】三輪神社 愛知県名古屋市中区大須3-9-32
    大須のめずらしい三ツ鳥居がある三輪神社。この三ツ鳥居は八の字にくぐると3倍ご利益があるそうです。
    三輪神社の歴史は古く、ここには昔「矢場」があり、それが矢場町の由来。縁結びの神様でもあり、境内には「幸せなでうさぎ」があり、思いを込めて撫でる事で、願いを叶える事が出来ます。http://miwajinnjya.com/

    【ヘアドネーションとは】
    日本では2009年よりNPO法人JHDACにより始まりました。小児がん、無毛症、先天性の脱毛症や、不慮の事故で髪を失ってしまった子供達に無償でウィッグを提供し、子供たちの「社会性の復帰」をサポートすることなどを、目的とした活動です。31cm以上の切らせていただける長さの髪があれば、誰でもヘアドネーションができます。お預かりした髪はNPO法人JHDAC(ジャーダック)さんに、送らせていただきます。
    【髪の毛の送り先】
    NPO法人 JHDAC/ジャーダック(Japan Hair Donation & Charity)
    http://www.jhdac.org/
    Facebookページ/ Npo法人 Japan Hair Donation & Charity

    【節分の断髪式の主催】
    岩村ふるさと小町(岐阜県恵那市)
    【連絡先】
    岩村ふるさと小町 代表・秋田 桃子
    メール:momokoakita@yahoo.co.jp
    【目的】
    既に、ヘアドネーションの経験のある秋田代表が、より多くの方にヘアドネーションの活動が有る事を知って頂き、ご自身も着物姿、日本髪を解いた状態で、断髪をすることで、興味を持って頂くイベント。
    【協力】
    三輪神社http://miwajinnjya.com/
    ヘアーサロン千鳥:TEL 052-212-7582http://nihongami.jp/
    名古屋和髪隊

    第32回 有松絞り祭り

    June 10 [Fri], 2016, 9:30
    2016June4th.

    土曜日は第32回有松絞りまつりの「鳴海宿〜有松宿を江戸の旅姿で歩こう!」と言うイベントに参加して来ました。

    当日の天気は曇り、最高気温25度ちょうどいい ウォーキング日和で、皆とにこにこと、2キロの道のりを歩く事ができました。そして 有松宿の入り口祇園寺で 名古屋甚句の皆さんと合流。有松宿を楽しみました。

    お昼は、出店の屋台で適度にランチを済まし、お祭り気分を満喫して来ました。

    そして今年も14時から「時代衣装おかむら」の花魁道中の先導・警護を、お手伝いを、させてもらいました。去年の実績から、何をどうするか等のノウハウが有るので、軽く打ち合わせだけで、道中をサポートして来ました。それにしても、花魁道中は、花魁体験の参加者には、最大の見せ場でもあり、華やかな花魁さん達は、有松の江戸の町並みに似合います。

    鳴海宿から有松宿へのウォーキング後の花魁道中のサポートだったので、終了後は、程良く、ハングリーだったので、再度、出店の屋台にて、ディナーを済まし、帰って来ました。

    参加された皆様方、お疲れ様でした。また来年も、よろしくお願い致します。
    第32回 有松絞り祭り

    追悼10周忌 本田美奈子.展@大須万松寺献血ルーム

    October 27 [Tue], 2015, 23:34
    須万松寺献血ルームで「追悼10周忌 本田美奈子.展」スタート!11月23日(月・祝)まで開催されました。

    ご縁があって、いつもお手伝いをさせて貰ってる、「(認定)特定非営利活動法人リブ・フォー・ライフ美奈子基金中部支部」のお手伝いをして来たのですが、その時の模様や、インタビューを受けたのが、愛知県赤十字血液センターのHPに掲載されました。

    お疲れ様でした。

    日本赤十字社 愛知県赤十字血液センター

    第31回 有松絞り祭り

    June 26 [Fri], 2015, 9:33
    2015June6th.

    今年の「有松絞りまつり」は、以前に、岡崎城にて、花魁道中のお手伝いをさせてもらった、京都の「時代衣装おかむら」の方々に、おいで頂き、有松絞り祭りでも、花魁体験をお試しで、決行したのですが、参加者全員、想いの他に、ノリノリで、花魁道中までこなし、イオンのメインステージにも立って仕舞いました。
    今回、花魁体験の参加者15人は、それはそれは可憐で、盛大であっかんでした。料金的には、貧乏気質の自分には、ちょっと高いかな?と思われましたが、参加された、仲間は、貴重な体験に、大変、喜んでおりました。正に、お値段以上のプライスレス!でした。

    花魁道中が好評だったので、来年の有松絞りまつりは、「大名行列」にしましょう!と言う声も上がっています。まあなにはともあれ、来年も参加したいです。

    第31回 有松絞り祭り

    「火の10日間」報告書

    September 15 [Mon], 2014, 13:32


    ソーシャルレポート


  • 「火の10日間」報告書


  • ・平成26年7月26日(土)
    「一宮コスプレパレード3rd with ぽぷかる」に中日新聞記者さんの取材協力で、参加して来ました。

    開催の一週間前迄、
    「一宮コスプレパレード3rd with ぽぷかる」

    「世界コスプレサミット2014オープニングイベントinセントレア」に参加して、プレスパスを貰っといて、中川金魚まつりのイベントにハシゴをしようか?

    とギリギリまで悩んでましたが、取材協力の話も、一宮商工会の、日頃お世話に成っている方からの発注だったので、一宮のコスパレに、お仕事で、参加する事と成りました。

    1時に、トライアングルにて、中日新聞の記者さんと待ち合わせて、衣装に着替えて、パレード参加の待ち合わせ場所に「民族大移動」しました。一宮商工会の方々や、ぽぷかるレイヤーの方々も、全くの他人ではなかったので、事前に、取材の許可は頂いていたので、取材名目で、パレード出走前の、ぽぷかるの控え室に、皆で、突入して行きました。

    それにしても、
    「今年の七夕まつりのコスパレは、コスサミじゃ無くて、何故、ぽぷかる?」
    と心に引っ掛かっておりましたが、七夕まつりの初日に、衣装合わせがてら、一宮入りした際に、商工会の関係者の方から、経緯を聞いて来ました。
    「なるほど。そりゃ〜、コスサミも、同日に、イベントをぶつけてくるわ!」
    って理由でした。

    一宮のコスパレは、大須のコスプレをお手本に、2012年度から開催されてます。運営は一宮商工会議所がメインでやってるので、「コスサミ」だろうと「ぽぷかる」だろうと、参加するレイヤーにとっては、看板が何処でも、楽しければ、 レイヤーも集まるし、イベントとして成立する、良い例でした。

    一宮のパレードも知名度は上がり、今迄に経験して来たコスプレパレードでは、一、二位を争う程のパレードのし易い環境が整ってますが、残念な事に、タイムスケジュールが有るからと言って、アーケードの無い炎天下の下を、ゆっくりパレードさせられ、熱中症に掛かるレイヤー様が多発してました。

    2015年度の一宮の七夕まつりは、何処とタッグを組んで、七夕コスプレパレードを主催するのか、色々な意味で、楽しみです。


    ・平成26年7月28日(月)
    WCS『各国・地域の代表コスフレイヤー個別インタビュー』に行って来ました。

    インタビューと言えば、個別、又は、記者会見等で見られる様な、インタビューをイメージしてましたが、運営サイドからの情報も少ないままだったので、取り敢えず、会場へ行ってみました。

    ややグダグダ感は有りましたが、受付にて、プレスパスを貰い、説明を受け、お知り合いの運営サイドの方に御挨拶をして、いざインタビューの開始です。と言っても、取材クルーは、当方達だけだったのですが、途中、お知り合いのイベント会社の方達が、遣って来たので、合同で、代表団にインタビューする運びと成りました。

    個別で代表団にインタビューをしたのですが、大変、楽しかってです。要約すると、
     最新アニメ作品の情報は、インターネットの発展で、ほぼ、リアルタイム。
     コスプレイベントの開催事情は、お国に寄って様々。(毎週開催している、お国も有れば、年に2〜3回、開催の、お国も有り。)
     コスプレ名刺のグローバルスタンダードは、両面印刷が主流。
    と大変、興味深いインタビューでした。

    インタビューは各国代表団のレギレーションチェックの合間を練って行なわれた為、持ち時間は、10分そこそこなのですが、インタビューの待ち時間がやたらに長く、丸一日掛かってしまいました。その上、レギュレーションチャックの時間が押しに押しまっくって、こちらのタイムアップの為、全ての代表団へのインベビューは出来ませんでしたが、貴重な経験が出来ました。


    ・平成26年8月1日(金)
    世界コスプレサミット 前夜祭イベント
    「NAGOYA アニソンフェス 2014」

    知り合いからお誘いを受けて、取材チームを引き連れて、行ってきました。出演アーティストは、豪華極まりない程でした。

    ですが、アーティストサイドは、引っ切り無しに、「コスサミ前夜祭」をプッシュしておりましたが、コスサミの代表団は一切、(チャンピオンシップのリハーサルで)参加せず。会場内のスタッフの少なさも、一般ピーポーの目から見ても、明らかでした。コスプレ参加の用意もなかったので、只のアニソンコンサート観が全開でした。

    ・平成26年8月2日(土)
    徳川宗春道中&世界コスプレサミット錦通りレッドカーペットパレード
    世界コスプレチャンピオンシップ
    世界コスプレチャンピオンシップライブビューイング

    コスサミ1日目、プレス登録をしたので、初めて、プレスサイドから、レッドカーペットを見学しました。まじかで、レッドカーペットを取材、出来ました。ですが、プレスゾーンに一般の人が入ってきてしまい、それを注意する、警備の人がいなくて、ここでも、スタッフサイドの人手不足が目に付いて仕舞いました。

    レッドカーペットの取材後は、オアシスの会場に赴き、仲間と合流し、ランチしたりと、お知り合いに絡んでいったりと、うろちょろして、チャンピオンシップの開催時間まで、時間を潰しました。

    チャンピオンシップの取材は、ライブビューイングの取材パスしか取れなかったので、チャンピオンシップが始まる頃に、屋外のオアシス21のライブビューイング会場入りし、チャンピオンシップを見学させてもらいました。ライブビューイングは、チャンピオンシップの中継をゲスト陣が解説を折り交えながら、あーだ!こーだ!と和気藹々とトークショーを繰り広げていく形式で、分かり易く表現するならば、
    「チャンピオンシップの本戦を副音声で見ている感じ」
    と言った所でした。大変、楽しかったです。

    チャンピオンシップの終了後、上位3チームの囲み取材と、審査員の古谷徹の総評等の取材をし、会場を後にしました。コスサミの関係のお知り合い様から、コスサミアフターのお誘いを受けていたので、一旦、名古屋国際ホテルで待ち合わせ。程良く、皆と、集合し、アフターの会場入りをし、丑三つ時まで、アフターを楽しんで来ました。

    ・平成26年8月3日(日)
    大須コスプレパレード&大須夏まつり

    前日のチャンピオンシップのアフター上がりで、大須入りしたので、割と良いパレード列のポールポジションが取れました。

    例年の大須コスプレパレードは、日差しが強い午後出走が通例だったのですが、ここ最近は、熱中症対策からか、午前中に出走する様に成りました。

    大須コスプレパレードが始まって、コスサミ代表団を先頭にパレードさせておいて、代表団とは十分に距離を取ってからの、一般参加者のパレードの出走。小一時間程掛けて、大須商店街をパレードし、大須観音のスタート地点に帰って来た時点で、パレード参加列の3分の2以上が、出走待ちで列を作っていました。パレードに参加した仲間達と冗談交じりで、
    「これ、列に並んで、もう一回、パレード、行けるんちゃう?」
    と話しておりましたが、今年のコスサミは、ベテラン勢が、熱中症で、バッタッバッタと倒れていったので、無理はせずに、ランチに行きました。

    ランチ後、皆とは別れて、大須夏祭りのステージにて、ライブをやるとの事で見に行きました。その時点で、パレードは終了しておりましたが、まだまだ大須夏祭り開催中で、ステージ会場はいつも以上の人混みで賑わっておりました。

    賑わっていたのは良いのですが、機材トラブルなのか、楽器の音は良く響くのに、歌手の音声は全く聞こえてこずでした。バンド演奏後も、漫才みたいな事も、しておりましたが、マイク無しの地声で、路上コントを披露していましたが、人混みを挟んだ距離では、何を言っているのか全く聞き取れず、スベっている様に見えてしまいました。

    この時点で、寝不足に、脱水症状気味になったので、戦線を離脱し、仲間と合流し、早目にアフターをして、今年のコスサミが終了しました。

    第30回 有松絞り祭り

    June 13 [Fri], 2014, 9:31
    2014June7th, and 8th.

    第30回 有松絞り祭り
    平成25年6月7日(土)8日(日)と名古屋市緑区の有松において、「有松絞りまつり」が行われます。
    名鉄有松駅からの南側、東西に1キロ程の江戸時代の町並みが残る街道が、お祭りモード、一色になります。2日間でおよそ10万人の人出が有り、毎年、お祭りの規模も賑やかになり、沿道を歩くのが、大変な位の賑わいでした。

    平成6月7日(土)お天気は、曇り空 最低気温20度。最高気温26度と絶好のイベント日和でした。
    名古屋市緑区有松の「有松絞りまつり」にて、「東海道 江戸旅姿歩き」のイベントにて、「鳴海」〜「有松」迄、歩いて来ました。我等、「名古屋和髪隊」は鳴海を12時45分に出発。有松絞り会館まで約3キロの道のりを、総勢30人の「江戸旅姿」に扮した衣装で移動。今年は、京都、大阪、伊勢から駆けつけた方々もおり、そして「きものでジャック」の方々も、途中から参加で、本当に華やかな、行列になりました。
    会場内の出店の屋台にて、買い食いをし、そして14時からの名古屋甚句の方の応援で、ステージイベントに立たせて、貰いました。

    今年の、有松絞り祭りも、なんだかんだと楽しかったです。また来年も、参加したいです。
    こうこく
    プロフィール
    • プロフィール画像
    • アイコン画像 ニックネーム:世界のコスプレ王、PeepingPinky.
    • アイコン画像 職業:
    • アイコン画像 趣味:
      ・『パイレーツ・オブ・ナゴヤン』-「ジャックほにゃらら船長」
      ・名古屋和髪隊-イケメン隊士
      ・これぱ!-コスプレスタッフ
    読者になる
    2017年08月
    « 前の月    |    次の月 »
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31