がん検診と予防 その1

April 24 [Tue], 2012, 13:17
この為、怖がらずにがん検診を定期的に行う様にして頂きたいと思います。

しかしがんに対しての診断と治療は技術が進歩してきています。

がんを単に見つけたいからがん検診をする事が目的ではないのです。

東京海上日動あんしん生命のがん保険の相談

症状が無いと言う事は進行がまだ少なくて早期発見が可能と言う事です。

一次検診ではがんの種類によって検査が異なりますが、乳がん検診だとマンモグラフィ―や触診、胃癌だとX線検査と言う様になっています。

胃、肺、大腸、乳房、子宮と言う様にがんができる可能性が有りますが、その部位によってがんの特徴も違いますし検査方法も変わってきます。

ここでがんの疑いが有るとされたばあいは二次検診(精密検査)をする事になります。

がん検診の簡単な流れとしては、健康な人で特に自覚症状が無い人を対象にしてがん検診が行われます。

がんになるかならないかはがん検診だけじゃ分からなくて精密検査をしてみなくては駄目と言う事も有ります。結果陰性だった場合、こうした検査は不必要だったと言う事になり、デメリットと言う事になります。またがん検診をする事によって偶発症を引き起こしたり、受ける人の心理的不安は大きい物になると言うデメリットも有ります。



学資保険の相談



生命保険ブログ






プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:kenmoti
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/pediatrics11/index1_0.rdf