キルドレの決定因子?/フラッタ・リンツ・ライフ 森博嗣

November 20 [Tue], 2007, 18:31
『フラッタ・リンツ・ライフ』 森博嗣
今回はネタバレ&私の勝手な推測が含まれます。未読でネタバレ見たくないという方は追記を押さない方がいいです。キーワードはHLA?
 
スカイクロラシリーズ第4段。時系列的には3作目。
草薙水素の部下栗田仁朗(クリタジンロウ)の視点で語られる。戦闘機に乗って戦うパイロットの子供達の物語。クリタは基地の近くに住むある女を時々尋ねるようになっていた。なぜそこに足を運ぶのか。彼女相良亜緒衣(サガラアオイ)は草薙の過去を知っているらしい。やがてサガラはキルドレに関するある重要な情報を持っているため組織に追われ、クリタに逃亡の手助けを求める。クリタは草薙の存在を気にかけながらもサガラを逃がすが。。。子供ではなくなるということ、変化することの哀しみを描いた物語。
スカイ・クロラシリーズとは、森博嗣さんにとっての「かもめのジョナサン」なのかも知れない。本当に綺麗なものを追求した小説。


このフラッタ・リンツ・ライフでは草薙は大尉となり、めったに飛ぶことがなくなっている。


とても象徴的なシーンがある。
 
「私はなんとも思ってないよ。ただ、そうね、もう飛行機には乗れないかもしれない。それだけ」
彼女は、こちらへ壊れそうな微笑を向けた。「もう一度キルドレに戻ることは出来ないのだから・・・・・。
(略)誰でも歳をとる。誰でも過去の自分には戻れない。普通のことなんだよね」
「ええ」僕は頷いた。
「それは全然・・・・・、どうでも良い。ただ、でも・・・・、飛行機に乗れない。もう戦えない」前を
向いている草薙はまだ笑っていた。でも、その目から涙がこぼれる。「飛べない。もう飛べない。ああ・・・・・」

草薙はキルドレでなくなってしまった。だからこそ涙を流すことができたのだろう。子供は泣けない。大人だから、泣けるのだ。


今回の作品ではシリーズの根幹に関わるキルドレについて重要な情報がもたらされる。なぜ草薙はキルドレでなくなったのか。提示された境界条件は

・ 草薙が過去に妊娠したから(キルドレでなくなった)
・ 男性の場合には滅多にない。
・ 違う型の血液を入ればありうるかもしれない(男性でも起こりうるかもしれない)
・ 草薙はキルドレではない男性の子供を産んだ


ここから私が連想して思い出すのが血液型不適合妊娠だ。条件が似ている。
よってキルドレである要因は血液中のなんらかのある抗原を持っているか否かで決定されると思われる。その抗原(タンパク質)を仮にKR+とする。KR+を持たないのがキルドレで普通の人間がKR+を持つとする。そして[KR-]の女性(キルドレ)と[KR+]の男性(普通の人間)の間に子供が出来、その子供が[KR+]だった場合、妊娠中胎盤を通じて子供の抗原KR+が母親の体液に移行する。すると母親はそれを異物と認識し抗原KR+に対する抗体を産生する。その抗体(タンパク質)が老化のプログラムに関係するのだとしたら。。。

 
というのは私の妄想です。最後の一行はとくにあやしい。ですが、血液中の何らかのタンパク質が関係するのだと思う。免疫の多様性か何かの遺伝子が指定するタンパク合成のレセプターなのかもしれない。あるいは単純にAIDSのように粘膜接触で何らかのウィルスか抗原が性行為を通じて入ったのが原因かも知れない。これについてはまた今度もうちょっと生物学的に考察したい。


帯の「僕が僕であり続けたい」。この言葉の意味を考えると、切ないね。
引用作品は『海からの贈りもの』アン・モロウ・リンドバーグ 吉田健一訳
この本は大好きなので引用されてて、どきっとした。ここでも自由と生活というテーマと共鳴する。
TB:世界はゴミ箱の中にさん
  ミステリ不全症群。さん
   
関連記事:ナ・バ・テアの感想
      スカイ・クロラの感想
      ダウン・ツ・ヘヴンの感想

関連リンク:MORI LOG ACADEMY: 市民講座5:母と子の絆

フラッタ・リンツ・ライフ―Flutter into Life


なにも欲しくない。
誰のためでもない。
誰も褒めてはくれない。
ただ、飛び続けたい。
僕が僕であり続けたい。
生きているかぎり。
  • URL:http://yaplog.jp/peco0102/archive/178
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
なつ


全ての本を読みました。
いろいろ分からない所がありますが、どうしても気になるところがあります。
あくまで私の考えなので、それをふまえて読んでいただけたらと思います。よかったらコメントもお願いしたいと…、

クレィドゥ・ザ・スカイでの主人公は、栗田仁朗ですか?
相良が主人公に対して銃を向けたことを誤っていたので、そのことからフラッタ・リンツ・ライフでのことだと思い、主人公は栗田仁朗だとおもっていました。

しかし、彼が生きてるのに、「栗田仁朗は草薙氏に撃たれた」らしことを相良に記者が言っています。その時 私は地上に広まったデマだと思いました。
でも、生き抜いたはずの栗田仁朗が最後らへんで、カンナミと呼ばれていたし、スカイクロラでは草薙氏が栗田仁朗を撃ったと言っていたので、何が何やら……、分からなくなってしまいました。

もしよかったら、そこらへんの理解に欠ける私に考えを教えてはもらえませんか??

最後に、長い文章になってしまいすみませんでした。

October 08 [Thu], 2009, 18:52
なつ

全ての本を読みました。
いろいろ分からない所がありますが、どうしても気になるところがあります。
あくまで私の考えなので、それをふまえて読んでいただけたらと思います。よかったらコメントもお願いしたいと…、

クレィドゥ・ザ・スカイでの主人公は、栗田仁朗ですか?
相良が主人公に対して銃を向けたことを誤っていたので、そのことからフラッタ・リンツ・ライフでのことだと思い、主人公は栗田仁朗だとおもっていました。

しかし、彼が生きてるのに、「栗田仁朗は草薙氏に撃たれた」らしことを相良に記者が言っています。その時 私は地上に広まったデマだと思いました。
でも、生き抜いたはずの栗田仁朗が最後らへんで、カンナミと呼ばれていたし、スカイクロラでは草薙氏が栗田仁朗を撃ったと言っていたので、何が何やら……、分からなくなってしまいました。

もしよかったら、そこらへんの理解に欠ける私に考えを教えてはもらえませんか??

最後に、長い文章になってしまいすみませんでした。

October 08 [Thu], 2009, 18:51
はじめまして。TBしました。
「スカイ・クロラ」は本屋さんの立ち読みで知りました。
劇場での予告編で、アニメ化されたことを知り、
映画公開日の8月2日まで、最終局面まで読みたいと思っています。
スタイリッシュな世界にハマっています。
1作目がとても爽快で、詩的でしたが、しだいにドロドロしてきました。
その分、物語が明快ですが。
July 04 [Fri], 2008, 23:04
peco0102
>>MaThyさん
コメントありがとうございます。
いや、私の妄想なんでねw、話半分に思ってくださいねわはは
森博嗣さんのほんとの構想は・・・謎ですね。。。
November 22 [Thu], 2007, 23:22
どうも、こんばんは。
ご訪問のお礼にやってきましたら、こんなすげぇレビューを発見してしまいまして。
そうですか…。ここまで考えなさるわけですか…

いや、実際、筆者の想定もこんなところなのかもしれませんね。
血の話が書いてあるので、ウィルスよりは、抗体説の方が説得力も高めです。

ちょっとした感動を覚えつつ、今日のところは退散させていただきます。
体勢を立て直さないと、撃ち落とされ…上手いこと言おうとして失敗しました(苦笑)

では、失礼しました。
November 22 [Thu], 2007, 23:14