長嶋とレナ(れな)

May 23 [Mon], 2016, 11:40
暑い時期が来ると、思わず「冷たいものが飲みたい!」と思ってしまうことが多いですが普段はもちろん、妊活している時には可能な限り体を冷やしてしまう飲み物を控えた方がいいでしょう。反対に、温まる飲み物を飲むと妊活にもプラスになります。生活全般で日頃から体を冷やさないように気を付けてください。


実は妊娠したいと思った段階から初期の時期にかけては摂るようにする事が望ましい摂取の仕方とされてて、胎児の先天性奇形を防ぐ効果があるといわれています。
妊娠して3ヵ月くらいまでの期間は、葉酸が摂取できる食品やサプトから意識的に食事などから摂取するようにする事が重要です。
赤ちゃんを授かって産婦人科等で行われる栄養指導を受ける方や、母親学級で指導された方も多いと思います。実際には、こうした機会に葉酸の多い食品を知ったという方も多いですよね。一般的に、葉酸を多く含む代表的な食べ物としては、レバーを挙げることが出来ます。

もちろん、野菜も代表的な食品の一つです。



普段の食事にこうした食材を取り入れて、葉酸を摂取しようと考えている方は、加熱によって大部分が失われてしまい、実際に体が吸収する確率が低いということを理解して、十分な葉酸摂取を心がけてください。ビタミンの中でも、妊娠中に特に重要な葉酸が、ゴーヤーに多いとされています。葉酸摂取のために、妊婦がゴーヤーを献立に取り入れるのは良いとされますが、食べ過ぎも害になることがあります。


ゴーヤーばかりを食べ過ぎると、胃もたれ、下痢など、辛い症状が起こる羽目になりかねません。妊娠して様々な変化が起こっている身体に、不調が起きると結果的には胎児にも良くないのです。
特に、妊娠中の方であれば葉酸は非常に重要な栄養素と言えます。いわゆる緑の野菜には、葉酸が含まれることが多く、主な食材と言えば枝豆、ほうれん草などでしょう。

中でもほうれん草は妊娠している女性には、葉酸と同様に必要な鉄分を豊富に含んでいるため、野菜の中でも、おすすめできるものです。

検査を受けて不妊症が判明し、そこから妊活に入る場合には、妊活が長くなってくると、心が疲弊していきます。

そこで何年と期間を設定したうえで、徹底して夫婦で協力して頑張っていこうという話し合いをはじめに済ませておくのがいい形かもしれません。
妊活の期間を設定しておくことで、夫婦でよく話し合って決めたことだからギブアップせずに頑張ろうとポジティブに思い続けられるのです。ビタミンBの一種である葉酸は、色々な食べ物に含有しています。例えば、果物に限った話では、イチゴ、ライチに多いことが紹介されています。
その他の果物にも、葉酸が多く含有しているものがあります。


柿やキウイフルーツ、またはアセロラにも多く含まれています。


または、かんきつ類も葉酸が豊富な果物に当たります。十分な葉酸を簡単に摂取するためには、オレンジジュースで補うのも問題ありません。
妊婦にとって欠かせない栄養素が何をおいても葉酸です。

葉酸が不足していると赤ちゃんの脳や神経系に障害が残る危険が高くなるのです。では、いつまでに葉酸を摂取するとよいのかというのは、妊娠3ヶ月以内となっているため、この頃、特に葉酸を摂る必要があるわけですね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:仁菜
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/peapx01ewrb3t4/index1_0.rdf