草津・軽井沢旅行 準備編

May 10 [Sat], 2014, 15:37
備忘録も兼ねて。

我が家はギリギリになってから旅行先を決めて、宿を予約することがほとんどなので、今回も道路地図を広げてこの辺までなら運転できるんじゃなだろうか、といった「距離面」を考えて場所を決定、宿泊を予約したのも、4月16日なもんで、ほとんど予約で埋まっておりました。

場所を決めたのはいいけれど、ゴールデンウィークの草津・軽井沢なんていくもんじゃない、と、何を見ても書いてある。
夫に「どうする?」「どうしたらいいかな?」と聞いてみても、「どうしようねぇ…」の返事しかない。
ほとんどの家でそうだと思うのだが、我が家でもそう。
『夫、すべて妻にお任せ』
・・・ふー。
でも仕方ない。夫は知っているのだ。下手なことを言ってもどうせ嫁に却下されることを。
仕方がないので夜な夜な1人であれこれプランを練ってみる。
ちなみに、本当に悩んだ挙句、軽井沢→草津、ではなくて草津→軽井沢コースに。


@草津での渋滞。駐車場問題。
新潟経由の白根山立ち寄りの草津、というザ・観光コースを実現したかったのだが、とにかく混むし回避ルートもない、という口コミの多さに断念。
素直に東北自動車道から北関東経由で行くことにしても、渋滞回避として早く出発することにはかわらない。しかもやっぱり一度草津の駐車場に入れてから白根山に行きたいなーと考えるも、G.W.に限っては無理そうなのでもうやっぱり断念。
白根山はあきらめたが、とにかくあまりに早く到着予定のために駐車料金を調査。
無料駐車場もあるようだが、G.W.真っただ中では到着時にはすでに満車であることが予想される。前日からの車中泊の人々とかが多いらしいね。
無料以外の駐車場にも午前中から長蛇の列だとか。
この辺はとにかく早く出発するしかないね、ということで。


A軽井沢での渋滞。駐車場問題。
G.W.の軽井沢は観光客が多すぎて、特にアウトレット周辺の混雑っぷりはすごいらしい。
もちろん草津→軽井沢も道路が混むので、覚悟しなくてはいけない。
草津から鬼押出しを観光して軽井沢に向かいたいのはもちろんだが、だれしもが考えるのでG.W.に考えてはいけないのであろう。(でも本当にそこまで?!とも思える)
さらには観光地。ハレルニテラス、軽井沢銀座、どこも渋滞。
さて、どうする。

B高速道路の渋滞。
なんにせよ安全第一でいきたいものである。東北道、北関東道はいいとして、やはり関越でしょう。
こればかりはかなりの難問と思える。
というか、よくわからないけど知恵袋その他の質問コバコには混雑の文字以外見当たらない。

わたくし1人で悩みに悩んで夫に運転させた記録は次回より。





TGC in Fukushima

April 29 [Tue], 2014, 23:46
行ってきました〜!!
キラキラ女子の祭典、福島で行われたお祭りでございます。

12時開場、15時スタートに対して10時ごろに到着した私たち。
入場の列に並ぶことなく、とりあえずぐるぐる楽しみます。


福島アピールのため、きぼっこちゃんとあかべぇに会えた。
かわいい


絶対見ようと思っていたジミー・チュウの靴。


飲食ブースはあまり混んでないねぇ。

それにしてもどんどん大量の人間がバスに乗って会場まで運ばれてくる。
次から次へと、とにかくやってくる。
いつまでもいつまでも。
少し遅れて入場してもかまわないわ、と思っていた私たちは余裕でご飯食べたりしていたけど、結局入場する列に並んでから場内に行けるまで2時間近くかかってしまった。

ショーがスタートして一番最初に香里奈がでてきて、観客もオーーと大興奮だったけど、その後にでてきた土屋アンナの圧倒的な迫力と存在感がすごすぎて。
あまりの歓声で会場が揺れる感じだったし、私も自分で驚くくらいに圧倒された。
他のモデルさんはかわいらしかったり、格好良かったり、あとはやっぱりモデルとして認識できないな、って感じだったりしましたが。
なんだかテレビに出ている人がたくさんいたな。
筧美和子とか木村沙織(バレーボール)とかは、夫が喜びそうだな、とか。
西山茉希は産後なのにすっごい細いな。でも幸せかな、と心配してみたり。
益若ちゃんはヨーカドーのショーに出ていたのか。自分のデザインの服か。
でも歓声が小さい。時代がかわったのね。

クリス・ハートの歌をきいたり、おかあちゃんっぽい体型になったミンミの歌をきいたりして帰ってきましたが、なんにしてもダイエット。これにつきるわ。

きれいになってるね

April 19 [Sat], 2014, 17:23
先月手術したあとの様子を見せるために、病院へ。

長々と待たされた挙句、傷跡をみた先生、
「きれいですね。大丈夫」

これで終わってしまった。

拍子抜けしたけど、首の傷は私の眼には大きいけど、東京で美容外科をやってる先生にとって大丈夫なら、大丈夫なのだろう。
そう言われたら、反論できないじゃないか。

医者ってば。

たけのこの春

April 13 [Sun], 2014, 21:27
とうもろこしみたいないい香り!!

結婚して自分用の台所をもったせいか、母がいろいろやってくれたことを追体験したいのか、いつの間にかかなり料理を楽しんでおります。

昨日買ってきたタケノコをゆでて、アレこれ料理を。
幸せ〜。




ちなみに、タイヤ交換していたら変な人に話しかけられた。
外国の人なのかな。カタコトで、一生懸命、なにやら話しかけてくる。
もっとしっかりねじ締めないと、僕は社長に怒られた!とかね。
夫も超警戒。
春だし、わくわくしたのかな。

ワイン×3

April 12 [Sat], 2014, 6:24
ふふふ。
昨日はワインを楽しむ会。
with同僚のワイン好き。
3人で3本。
控え目に。




夫飯記録

April 08 [Tue], 2014, 22:00
今日の夫飯。
忙しかったからね、私。
彼はパスタが好きだからね。
私はパスタばかり食べていたら太ってしまう年代にいるのですが、作ってくれるものにいろいろ言えません。
同僚の話を聞いていると、私よりも旦那さんに厳しいことを言っているのだな、と思います。
私の指導方法は結構正しいのだな。

夫を成長させることに関しては、私は上手なのかも!!

と、思う。
夫が忍耐強いのではなく、本当にこの辺については私は頑張って言いたいことを言わないでウソみたいに褒めたりいろいろしております。息子のように接しております。
私は、夫を通して本当に自分に自信がつきました。
夫を育てることに関しては、きっととても上手だということ・・・・
夫の性格がいいから、と言わないで!!


演劇部

April 06 [Sun], 2014, 17:53
私はずっとガラスの仮面を読んでいたし、中学のころから映画と劇団四季にどっぷりはまっていたので、本当のことをいうと演劇部に入りたかったし、舞台俳優そして映画俳優にあこがれていた。
でも私が10代のころは、そういうことを口に出して言うのはとってもバカげたことだったし、特に福島という土地でそんなことを希望するのはおろかなことだった。
それがたとえ演劇部であっても、そして当時演劇部に入っていた人たちもたくさんいたのだけど、私はそうやって自分のしたいことを素直に口に出せる人間ではなかったので、今でも当時の自分を哀れに思う。
素直にやってみればよかったのに。

そして現代。世の中なんと開放的な時代になったことか。
テレビの中がとても身近になり、本当のモデルや本当のアイドルじゃなくとも、ちやほやされる「読モ」「地元アイドル」のある時代。

昨年映画にでた姪が演劇部に入った。
そして今日はなんとちょっとした発表会。
家族総出、さらに祖母と叔父叔母まで行くという、この状況。
個人的には、姪のやっていることを見てみたくもあり、それと同時に恥ずかしいな、という気持ちもあり。
私の夫に至っては、恥ずかしい以外の何もないのだろうが。

そして演目鑑賞。
舞台上では、なんとも青春が奏でられている。
この子たち一人一人、なんかしらの夢があって堂々とやってるんだろうなぁ〜。
姪はいつもふにゃふにゃしてるけど、大きな声がだせるんだな〜。
やっぱり姪はかわいいな〜。
でも正直、恥ずかしいな〜・・・。

恥ずかしいのは姪の演技じゃなくて、やりたいことを堂々とやる、ということ。
私はどいういうわけかそういうことを避けて生きてきたので、やりたいことがあって、それを素直に言葉や行動にできることが本当に素晴らしいことだと知ってはいるのだけど、どうにもそういうことを素直にできる人間をうらやましく思うと同時に、単純だなと冷めて思ったりする。

「海外いきたかったら、親に言えばよかったのに!」
と言われたら、「親の経済状況を考えたらそんなこと口が裂けても言えませんでした。素直に言える家庭に生まれてよかったですね」、としか言えなかったし、短大に行かせてもらえただけでも御の字だった私にとっては、東京の大学に落ちたからこの短大にしぶしぶ来たんだという友人には、「もっと勉強すればよかったのに」としか思えなかったように、自分の家の金銭面に関する劣等感というものを抱いていたのは確か。

でもそれだけじゃない。どんなことにおいても、素直な自分を表現することが昔から本当に苦手で、少数の気心許せる友人に対しては、「やっと素直になれる」という思いから、きっとうざいほどの自分をアピールしてきたんだと思う。(それでも友人でいてくれる皆さん、本当にありがとう)
異性に対して好きだという気持ちを持つことも苦手だし、なぜか罪悪感を持つ。
だから次々と好きな人が変わるような人を信用できないし、自分が誰かを好きだと周囲の人に簡単に言えるような人もなんなのだろうと思っていた。
付き合った相手に対しても、好きだとかなんとか、言ったことはないし、正直今の夫にすら言ったことはないのだろうと思う。
そんな私だから、自分が素直になろうと思った相手に傷つけられた時には本人が思う以上のダメージを受け、心のなかにいつまでも消えないものが残る。
 つまらない人とでも会話できる自分
 うざいくらい高慢ちきな自分
 クソみたいな人をクソと言ってせせら笑う悪い自分
家に1人でいるときはどれもこれも自分じゃないな〜、演技してるな〜と思いながらも、
そういう姿を他人に見せては「イメージと違うな」と言われたりすることで一定の満足感を得たりする、もはや自分がどうであったら安定した気持でいられるのかわからなかった時期があったり。

なんにしても私はややこしいのだな。
姪が素直に自分のやりたいことをいっても、もちろんバカにしないし素直に応援したいと思うけど、親がちゃんと今後あるであろう大変なことを話して聞かせていることを願うばかり。
こんな自分だから、素直に生きている甥や姪が好きなのだろうな。
私の周囲に夫も含め、素直で単純な人が多いのも、私がそうありたいと願うからなのだろうな。
素直で単純だと私がいうことは、絶対に悪いことではなく、本当に恵まれた才能。
子どもが好きすぎていつも子どもの話ししかしないとか、私が(珍しくも)好きだと言っていたことをすっかり忘れて、自分の大恋愛の話を嬉しそうに目の前で私に話して聞かせた人のことも、またそんな大恋愛を素直にできるその人たちの才能をうえ〜っと思いつつも、やはりうらやましく思っている。

私は複雑な自分の人間性と今後どうやって付き合っていくべきか。
今一緒に生活している単純の塊のような人間と付き合っていくことで、複雑な部分がほどけていくといいのですが。
と思いつつ、高校生の演劇を見ておりました。


夫飯記録

April 02 [Wed], 2014, 21:42
仕事はじめ。
忙しいわ〜。
新しい会社を子会社化するのはいいのだけど、事前準備期間が1カ月って、ありえないでしょ社長さん。
使用科目も微妙に違うし。
現にとうとう子会社になってしまったのに正直間に合ってない。
あ〜。いろんな照合しすぎて目がチカチカ。

昨日も今日も夫が料理してくれました。
写真は昨日の。もこみちのレシピ(
我が家は梅2〜3種類使って、味の変化を楽しんでおります。
今日はつくねを作っていた。写真とるの忘れちゃったけどおいしかった〜。

我が家の紅子

March 30 [Sun], 2014, 19:37


もちろんごちそうさんに影響されてますが。
ぬか漬けはじめました。
いりぬかを使って、しばらくいろんな野菜を入れておいて、
最近ちゃんと食べれてます。
いろんな野菜を試すのが楽しい。
ゆで卵までいれてみた。

最近忙しいのよね。

March 28 [Fri], 2014, 21:15
やることたくさんの月末。
今日もワタワタ。
あぁ、4月からのいろいろに向けて、あまりにも時間がないですよ社長さん。

家計簿をつける時間もままならないと不満を口にしたところ
夫が料理をつくってくれた。
その時間に家計簿の私。

おいしそうな春の味。
料理内容と方法を指示したのは私だけど、実行できるようになったのだな、夫よ。

プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:peanuts0141
読者になる
派遣社員から転職して契約社員に。その後正社員になりました。 ミソジ独身を謳歌していた私もついに結婚。 いまさらの二人暮らし、どうなることやら。
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像peanuts0141
» 入院4日目 術後2日目 (2012年07月08日)
アイコン画像盛岡の友人
» 入院4日目 術後2日目 (2012年07月07日)
アイコン画像peanuts0141
» 5月3日 鎌倉 (2012年06月06日)
アイコン画像盛岡の友人
» 5月3日 鎌倉 (2012年06月06日)
アイコン画像peanuts0141
» ホルモン女子会 (2012年03月07日)
アイコン画像盛岡の友人
» ホルモン女子会 (2012年03月07日)
アイコン画像aki
» くいしんぼう (2011年11月24日)
アイコン画像rie
» くいしんぼう (2011年11月24日)
アイコン画像aki
» 山形までの1人旅 (2011年08月21日)
アイコン画像rie
» 山形までの1人旅 (2011年08月19日)
月別アーカイブ
Yapme!一覧
読者になる