ただ、素直に述べるだけ 

October 30 [Sun], 2005, 13:06
昨日、母校の文化祭らしき催しに行ってきた。6年間共に学校へ通っていた子と二人で。久しぶりの母校は、どうも入りにくい雰囲気で、行く気が全くなかった私にとっては憂鬱そのものの時間だったようにも思える。どうしてこの場所を選んで入学し、様々な想いを募らせ、生きてきたのかが不思議で仕方が無い。入学しなければ良かった、と何度も思った。本当は、普通に生きたかったようにも思える。彼と出会わなかったら。

ということを前置きに・・、日記を始めてみようと思ったのはひょんなことがきっかけです。自分に素直になったことが無いから、文字にしてみれば素直になれると思ったから。タイピングしていれば、どんどん自分の頭の中で溢れ出す言葉を打ち出す事が出来る。本当は嫌だった事も、本当に好きな彼のことも、家庭の事も、大学の事も、自分の本当の気持ちも、今までの人生も。だから、日記を書こうか、と思ったわけであります。夜、バイトが無い日以外は書いていきたいな、と心底思う。ストレスを溜め込む私にとって、こうやって文字にして気持ちを押し出すことは、良いことなのかもしれない。良いストレス発散方法になるかもしれない。
2005年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:peakaboo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる