バティと田平

February 29 [Mon], 2016, 9:29
このご時世、「看護師は比較的お給料がいい」というイメージを持たれている方も多いことでしょう。しかし、よく見てみると、純粋に多いというよりも、夜勤の手当てを含めて稼ぎが多くなるという現実があります。あなたがもしも、看護師としてより多く稼ぎたければ、仕事探しの段階で、日勤だけの職場ではなく夜勤がある勤務先を選択してください。当然ですが、夜勤の時間帯の勤務の有無によって貰える給料が大きく異なってきます。いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、これほどやりがいを感じられる仕事も少ないでしょう。病棟のある病院では当然、24時間体制ですから、看護師も24時間、とぎれなく勤務します。そういう訳で、業務は日勤と夜勤という形に人員を交代させながら業務につくことになります。こうした交代制の勤務では、睡眠時間をうまく調整できない場合は睡眠不足が続いて心身の健康に響くかもしれません。看護師として勤務していくうちにもちろん辞めたくなることもままあります。重要な仕事で失敗してしまったり患者さんとのトラブルなどもあるのです。ただ、喜ばしいこと、看護師の仕事をやり続けたいと感じることも多くあります。先輩が激励してくれたり、温かな言葉をかけてくれたりと周囲の方々に支えられて働けているんだということを日々痛感しています。少々昔の話ですが、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風に感覚的に捉えられ、そうしたイメージが定着していたようでしたが、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能である専門職であることが、よく知られるようになっております。というのも、看護師の得られる給料は、家庭でただ一人の働き手であったとしても問題なく、自分と家族を生活させていくことが可能なのです。こうしてみるとよくわかりますね。看護師はかなりの高給を期待できる仕事なのです。准看護師ではなく、国家試験を合格して正看護師になろうと考えるならば、専門学校や看護課程のある短大や大学を卒業することが必須になります。看護課程を卒業すること自体が受験資格なので、避けようがありませんね。とはいえ、看護の専門学校は人気があって倍率がかなり高いため、看護学校の受験合格を目指した予備校も人気があるのです。准看護師に限らず、働きながら正看護師の資格を取ろうとする場合は、通信で学べる学校もいくつかあるので、こちらを利用してみましょう。殆どの病院において、看護師が十分に足りていないことは医療の現場に支障が出るほどの問題となりつつあります。原因は様々ですが、その一つとして仕事に追われる看護師の厳しい労働環境があります。最近、医師が行っていた一部の医療行為を看護師が担当できるようになったことで仕事が増加する一方になり、労働時間も長くなりますから、休みを取ることも難しいのが現状です。また、シフトを組んでの勤務形態は夜勤を避けることができず、子供の出産を期に退職する人もいます。看護師がかぶる帽子というのは、戴帽式という、看護学生が実習に出る直前の式でかぶせられるものです。料理人にとっての帽子とはまた違う意味を持つ帽子だといえます。ですが、昨今では、看護師の着る制服というのも変遷を遂げており、帽子が持つ意味が薄れてしまう日もそう遠くないでしょう。ただ髪の毛が落ちなければいいと、特別な情感もないものになるとしたら物悲しく思えますが、これも世の中の傾向なのでしょうね。こことは別のところで働きたい、と転職を真剣に考えている看護師はそこそこいます。たいていの医療機関では、看護師の需要が大変高く、そのため求人の数はとても多いのです。今、働いている仕事場ではどう考えても給料が労働に見合わなかったり、例えば残業が多すぎるといったように、労働環境が劣悪であるなど、転職をしようという結論に至った理由は、十人十色さまざまです。もっと良い職場環境を期待したり、今より良い待遇を求めての転職である場合、なるべくなら、給料の額だとか労働条件に加えて、どんな評判が流れているか、確認しておきたいところです。看護師が活躍できる場所は、病院だけだと思う方もいるかもしれませんが、そうではありません。数々の介護施設のうち、グループホームのようなところでも特に看護師は重宝されているのです。このグループホームにいるのは、認知症の問題を抱えている方、というのが条件なので、特別な配慮が必要となってきます。介護関係に携わりたいという看護師の方は、職場としてグループホームを選ぶということも視野に入れてみてください。病院という場所で働く看護師はなかなかリラックスできる暇などなく、そうこうしているうちに常に強いストレスにさらされ続けることになるでしょう。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、さらに精神的なダメージも蓄積するわけです。自分なりにそうしたストレスを処理できる手段を知っているかどうかということは、この仕事を続けていくのであれば見逃すことのできない点になるでしょう。国外で助けを求めている人に、医療従事者として手助けしたいと思案している看護師の方もいるでしょう。実際に、日本の看護師は海外からの需要が高く、困難を抱える人を救うことの出来る看護師という人材が要求されています。当然ですが、海外では患者とやりとりをするうえで英会話ができる事が絶対条件になるでしょう。海外で看護師として活躍したいのであれば、英語をしっかりと学ぶべきでしょう。看護師としての勤務は、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。そういったことが起因しているかは定かではありませんが、ファッションに抜かりのない人が多数いるように感じます。ですが、とにかく忙しいです。働きづめの病院もあり、お金を使う時間がなく貯まるばかりといったケースもよくあるみたいです。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最適なのだろうと感じています。収入面において、看護師という仕事は、様々な他職業と比べても、随分と高給です。人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、どうしても回ってくる夜勤や、否応なしの残業に対する手当が確実に支給されるからです。どちらかというと夜勤が好きで、いつも希望している人であるとか進んで残業をたくさんするといった看護師の場合、仕事をした分だけ、他の人よりもずっと高いです。入院施設のある病院に勤める看護師は、夜勤が必須の職業です。具体的な時間帯ですが、勤める病院が2交代勤務か3交代勤務かによって変わります。主に2交代制勤務のシフトでは、夜勤が17時間(休憩含む)と長いです。また、3交代勤務の場合、時間的に過密なスケジュールが組まれてしまうケースも珍しくありません。応募する病院がどちらの交代勤務で動いているのかを理解しておいてください。普通、注射や採血は看護師が行うものです。一般的に、注射が好きな人は稀なタイプだと思いますが、実際に打たれるとしたら痛みが少ないように処置して欲しいと思うのも当然でしょう。とはいえ、注射をするのも個人の技術の如何によってしまいますから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、上手でない看護師にあたる事も珍しいことでありません。こればかりは個人でどうにかできる事ではないので、諦めて気持ちを切り替えた方が良いでしょう。最近では、より一層、看護師の数が足りなくなってきていると言えます。看護師の免許を持っていても、看護師の職を選択していない人も多いのです。看護師の不足の要因はというと看護師の離職率が高いということが大きいと思います。具体的には、常勤看護師の場合の離職率は、約11%にもなります。大多数が女性の職場なので、出産であったり育児であったりのタイミングでの退職が多いこともありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。24時間交代の勤務、一般的に「シフト勤務」が必須の職業として看護師があります。外来の看護師であれば日勤のみということもありますが、入院病棟に必要な人数を多く割り振りますから、看護師経験が浅い間はほぼ確実にシフトを組んでの仕事になると言えます。個人的な話ですが、妻も看護師で、子供が幼い時にシフトで働いていました。ですから、夜勤の夜は子供が寂しがってしまって苦労した覚えがあります。仕事そのものがかなりの激務、というのはその通りなのですが、看護師の平均寿命が特に短い、といったことはないようです。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、なかなか上手く眠れなくて、疲労を回復できなかったり、ストレスを溜めたりすることは多いようです。そんな仕事ですが、ずっと看護師をしていると、ずっと医療現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、自身の身体に関しても異常を察知したり、勘が働いたりするようになる人もいます。患者に安心して治療を受けてもらうためにも、看護師は服装や髪形など、外見を整えておくことが必要になります。女性のケースでは、派手な化粧はなるだけ控えておいて、TPOに合わせたナチュラルメイクにしておくのが良いでしょう。すっぴんとは異なり、雰囲気が変わりますよ。夜勤は看護師にとって避けられるものではありませんが、体調を崩してしまうならば、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。注意しておかなくてはならない点として、それまでの夜勤手当が入らなくなるので、夜勤で働いていた頃に比べて収入が減ってしまう事が少なくありません。例え年収が下がったとしても、日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。病院で看護師としてフルで働く場合、夜勤で働くことからは逃れられないといっても過言ではなく、子育てをしながら働く看護師にしてみるとかなりの悩みどころとなっている場合が多いです。小学生になる前の子供だったら、数は少ないですが、24時間保育に対応しているような保育所に預けたり、病院付随の託児室があればそこへ預けることもできますが、小学生以降は、夜間面倒を見てくれる場所というのがほとんどないというのが今の現状なのです。ですので、子育て中の看護師の中にはパート勤務に移行していくという方も相当数いると思われます。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。ハードな通常業務だけでなく、実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、仕方なく残業することも日常茶飯事です。けれども、もし忙しくて疲れがたまっていたとしても、笑顔で患者さんやご家族とは接しています。さっきまで愚痴っていた人が打って変わって笑顔になるのです。看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師が働く現場として保育園がある事をご存知ですか?保育園を職場にするのは、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、理想的な職場だと思います。保育園でどのような仕事をするかと言うと、医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、お世話や授乳など保育士のお手伝いするという責任のある仕事だと言えます。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、大きく異なっている点があります。分かりやすい違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、予防するためにはどうしたらいいか忠告したり適切な薬を出すことが主な業務とされます。そして看護師については、医師に指示されたときに、医師が行う診療の補助を行い、心身ともに患者のケアするのが主な業務です。給料についてですが、看護師の場合は勤め先により違いがあり、例えば大学病院と小規模のクリニックでは、金額がかなり変わってくるでしょう。退職する時に出る手当である、退職金については、国立病院や公立医療機関に勤めていたのでしたら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、納得のいく額が支払われることになるでしょう。個人病院はどうなっているかというと、個々の病院によるものの、退職金については規定がない、ということもあり得ますし、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。交代制勤務や夜勤の仕事、煩雑な業務に外見のチェックまで看護師の仕事は多岐に渡って厳しいものなのですが、申し送りの仕事が一番神経を使うようです。入院中の患者さんについての状態を全て理解して、その情報を責任もって次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。伝言で済むものも多いとはいうものの、医療的に重要な処置等に関しての申し送りは重い責任の仕事だと言えます。業務を交代制で進めていく中での極めて大事な仕事の一つとして、申し送りというものが必要になります。患者さんに行なわれた処置についてや、投薬量の変化といった情報、看護の業務に必要な諸々について次に勤務を始める看護師に口頭で報告するというものです。大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話すようにします。申し送りは、素早くスムーズに行うことも重要な点になるでしょう。医療施設で看護師として勤務している人の中には毎日の勤務時間がばらばらであり、ハードな仕事内容であるということを理由に違う仕事に転職しようとする方も多数いると聞きますが、実は看護師の資格というものは、看護師以外の職業でも役立てられることがよくあるといいます。いくつか例を挙げるならば、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、保育関連、リラクゼーションサロンでは、未経験だったとしてもスムーズに採用が決まりやすいはずです。皆さんご存知のように、看護師は離職者が多い職業ですので、結果的に転職率が高いと言えます。ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども多くあります。こうした看護師専用の転職サイトであれば、時間をかけずに希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、仕事に追われて時間のない看護師にはぴったりですね。それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。一般的に、病院は症状によっていくつかの科に分けられていますが、配属先の科によって、看護技術や処置の方法も異なります。ローテーション研修は、看護師にとってひとつの部署だけでは分からなかった幅広い看護技術を得られると同時に、視野を広げて、多くの知識を身に付けることが出来ます。看護師としての今後を思い描くことに繋がりますし、新人看護師の前向きな気持ちも高まります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リク
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/peae5nnp5oinh1/index1_0.rdf