ご帰還 

2005年12月27日(火) 22時30分
旭川から息子が帰って来た。
娘が近くで飛行機の離発着を見たことがないと言うので見学がてら空港まで迎えに行った。
北海道からの便が着くと半分以上の人があの花柄の六花亭の袋を持っている。
バッシュや練習着まで入った恐ろしく重いバッグとお土産を持って到着口から出てきた。
イベント好きな彼ら。普通には歩かない。
小学生のように「カバン持ちジャンケン」が始まった。
私は皆の交通費を払っている「資本家」だから参加しなかった。(笑)
なぜか負け続ける娘。今年の初めに運を使い果たしてしまっていたらしい。



家に着くと毎度のことだがピーチェリの大歓迎式典。
一段落すると朝8時前にアパートを出発した息子、疲れて眠ってしまった。
普段ピーチェリが使っている座布団に寝てしまったものだからチェリーは何とか場所を確保したようだがピースは困っている。



何とか足の間に自分の場所を見つけたようです。



今年の冬 

2005年12月22日(木) 21時47分
今年の我が家の冬は石油温風機騒動で始まった。
連日松下電器産業が修理と回収のお願いを放送しているが実は我が家の温風機がそれだったのである。
我が家の場合は数年前に修理に出したこともあり会社側が我が家にあることを把握していた。
すぐに修理に来てくれたが修理した後も事故があったということで再修理又はメーカーが買い取るという。どうしようかと迷ったが15年ぐらい使い続けたものであり、ここで再修理してもあと何年も使えないだろうと思い、買い取ってもらい新品を買うことにした。
しかし本体は15万円以上するのである。痛い出費だわ。

そして今日、関西では朝からトップニュースは雪の話題だ。
私が6時半に起きたときは雪はまったく降っていなかった。ところが7時過ぎから急に強く降りだし、気温が低かったせいかみるみる積もりだした。パパと娘を普段より早く送り出した。
今日は私も8時には家を出ないといけなかったので屋根裏からスキー用のブーツを探し出し勇気を振り絞って出発。
こんな日はデジカメを持って出るのは基本である。(笑)
家の前は真っ白になっていた。



そして近所の交差点では吹雪のように降りだした。いつもと違い車がほとんど走っていない。
傘をさしているにもかかわらず私の眼鏡にまで雪はくっついてくる。初めて眼鏡にワイパーが欲しいと思った。



雪を踏みしめて歩いていくと昨今世間では登校中の子どもの安全を見守るためのスクールボランティアの方を何人もお見かけした。毎日毎日多くの方が子どものために角々に立っておられる。
本当に頭が下がる。今日はそのボランティアさんの一人がサンタさんの格好で立っておられた。
子ども達は大喜び。写真を撮らせていただいた。



6時過ぎに自宅に戻ると何とストーブの前には犬だんごならぬダンゴ3兄弟が。
夏には決して見られない光景ですね。



しかしもう雪は勘弁して〜〜〜。



大願成就! 

2005年12月08日(木) 14時26分



以前から仲良くしていただいている亜季さんがリコママにお土産を託けてくださった。
いつもブログでおいしそうな手作りのお菓子を拝見し、亜季さんの近所に住みお友達になりたいと心底思っていた。しかし昨日とうとう!とうとう!とうとうそのお味を拝見することができたのである。
これはもう素人ではないなどというものではなく売っているものよりはるかにおいしいのです。
しかもシュトーレン、スノーボール、クッキー。たくさんいただいてしまいました。



そのときにわかりました。私は今までまずいシュトーレンしか食べたことなかったのです。
「ドイツ人ってこんなものおいしいと思ってるんだ。よかった、日本人で。」と思っていたのにこんなに味わい深いものだったのですね。
こんなお菓子が毎日食べられるご家族は幸せでしょうねぇ。
「亜季さ〜〜〜ん、ご主人転勤はないのですか〜〜〜?」
おいしいお菓子をご覧になりたい方は↓です。
http://lovelovean.exblog.jp/

嵯峨野 

2005年11月23日(水) 23時32分
本来休日には出かけない主義の私だがこれからの自分の予定と紅葉の見頃を考えるとどうしても今日しかないと判断し京都の嵯峨野に紅葉を見に行くことにした。
ネエネエとパパも誘ったが混んでるところは行きたくないとあっさり断わられ一人で出発。
阪急電車を利用したが自宅の最寄り駅の高槻からは特急はいっぱいで乗ることができなかった。
仕方なく普通で桂まで。そこから乗り換え嵐山へ。
覚悟はしていたが想像以上の人出。歩いている私はまだしもマイカー、タクシーはほとんど動かない。
マイカーは他府県ナンバーがとても多かった。
何と有名な渡月橋はホコテン状態になっていた。(ホコテンではありません)



雑踏の中を歩き今日の目的地天龍寺へ。
庭園が有名なお寺だ。一番きれいな時に来たようで本当に目が覚めるような赤だった。





帰りに少し足を延ばし留守番のパパとネエネエに「森嘉」のお豆腐をお土産に買った。



少し疲れたけれど充分満足の一日となった。
今シーズンもう一度友人と紅葉狩りを計画している。

従姉妹(いとこ)会 

2005年11月22日(火) 19時49分
何年かぶりで母方の従姉妹に会った。 電車で一時間もかからないところに住んでいるのにお互い子育ての忙しさもありなかなか会えなかった。どれみ(従姉妹のHN)ちゃんとみるきと私の3人で待ち合わせたのだがここでとんだボケをかましてしまった。ほとんど乗ったことがない阪神電車の打出駅集合だったのに間違って手前の香枦園駅で降りてしまった。改札を出ようとしたら違う駅名が視界に入りびっくり。 仕方なく次の電車で打出へ。10分の遅刻だぁ。 今回集まるについて私がお願いしたのはだただ一つ。「私が行ったことないお店に連れて行って。」 選んでくれたのは芦屋の和食のお店「河」野菜がたっぷりでお味も上々。さすが芦屋。 ブーイング覚悟で画像を貼り付けておきましょう。デジカメ忘れたのであれこれ注文をつけてどれみちゃんに撮ってもらいました。(笑) 画像は5枚までなのでデザートは省略っと。 帰りにパンやケーキが得意などれみちゃんがお手製のケーキをお土産にくれた。 「まいう〜〜〜♪」 エヘヘ・・。画像残す前に食べてしまった。。。

ネエネエ災難 

2005年11月12日(土) 15時44分
うちのワンズはトイレは内でも外でもOKだ。
今朝、C子(仮名)がトイレシートに行ったのでウンチを捨てようと近づいた。
その時確かにいつもより量が少ないと感じた。しかしそういうこともあろうと特に気にしなかった。
しばらくしてネエネエの悲鳴。



なんでこんな器用なことができるのだろう。
まさか狙って命中させたとは思えない。
偶然落ちたんだろうけれどつくづく私のスリッパでなくてよかったと思った。(笑)



仕方なくネエネエは自室用のスリッパを持っておりてきた。
それを不審そうに見つめるC子(仮名)であった。

万博のコスモス 

2005年10月21日(金) 16時20分


私のサイトのお客様の中にはこの画像を見て??と思われる世代の方がおられると思います。(註:それは私だと言いたい方は免許証の画像をBBSに貼ってね)
35年前の日本万国博覧会の時に「芸術は爆発だぁ!」の岡本太郎のデザインで作られた「太陽の塔」である。
多くのパビリオンがあった跡地は万博記念公園として残されている。
人間の英知を競った建物は今はなく木々が生い茂っている。



季節季節の花が植えられており今はコスモスが真っ盛り。
ここ数日忙しかったがやっと今日時間が取れたので一人で気分転換に行ってきた。
小学校の遠足や学齢前の子ども達もたくさん来ていた。






しかし今年は気温が高いのでヒマワリも残っていた。



今日は恒例の「おいしいもの」はなし〜〜♪

万葉散歩 

2005年09月24日(土) 20時32分
以前ネットで見つけ、今年は絶対見に行こうと決めていた。明日香村の彼岸花。
毎日ネットで「今日の彼岸花」をチェックしていた。ただ今年は天候不順で例年のように咲いていない。それでも今が見頃とのことなので行くことにした。
京都駅までJRで行き、そこから近鉄で橿原神宮前まで。そして明日香村を周遊するかめバスの一日乗車券を買った。
運転手さんに「彼岸花が見たいんですがどこで降りるといいですか?」と聞くと困ったような顔。「今年はあんまりなんですよ。」
本当は棚田の彼岸花を見たかったが、それでも若干は見られると言う橘寺に。





田んぼの縁に少し咲いているのが見えるでしょうか。
しかしこの橘寺ですばらしい物を見ることができた。
往生院の天井画だ。お堂に近づくと中にいる人が皆畳の上に寝転がっている。
天井にはきれいな花の絵がいっぱい。



その後またかめバスに乗って石舞台古墳に。
なんとそこでキャバちゃんに遭遇。さくらちゃん。とても人見知りでよく吠えるらしい。
ところが私にはまったく吠えなかったので飼い主さんたちが「さくらが吠えないなんて珍しい!」と驚いておられた。



そしてよくテレビにも登場する石舞台古墳。蘇我馬子の墓と言われているそうだが。



その後、またバスに乗り、近鉄飛鳥駅に。京都まで戻り、買い物をしようと伊勢丹に行くと!!!なぜか北海道展。
ルタオのモダンロールフロマージュがありました!
ロールケーキが大好きな私、迷わず買いました。



一人でうろうろするのが大好きな私。いいリフレッシュになりました♪

最終章その1 

2005年09月22日(木) 0時09分
今日,とうとう運転免許試験場に行って,本免許の試験を受けてきました。朝少し早めに家を出て試験場で早めに手続きしました。午前中は,原付の試験と発表がありました。私は合格発表用の電光掲示板の前で待機していたので,原付の発表の瞬間を見ていました。合格発表後は,合格者は元の試験室に戻り,不合格者は別の部屋に集められて書類を返してもらうことになっています。余裕顔で試験室に戻る人,友達と抱き合って喜んでいる人,友達4,5人で来たけど一人だけ落ちてしまったかわいそうな人など,いろいろいました。

私の試験は昼過ぎからでした。自動車学校を卒業したばかりなので,みんな同じ問題集を持っていました。平日にもかかわらず,受験者は400人!学生がほとんどでした。
試験が終わってから発表まで時間が余っていたので,試験場の中を探検しました。技能試験の会場では,バスやトラック,そしてショベルカーを使って試験をしていました。助手席はもちろん警察官だったので,なんだか変な感じでした。
合格発表のホールに戻ると,400人が試験の結果をそわそわして待っていました。まるで高校入試の合格発表みたいでした。
私の試験番号は214番でした。そしてとうとう発表の瞬間・・・

その2に続く・・・

最終章その2 

2005年09月22日(木) 0時03分
やった〜〜〜〜!受かった〜〜〜〜
その後,写真撮影をして,交付を待つのみと思ったそのとき,試験場の人に,話があるからこの部屋に行くように,と紙を渡されました。行ってみると,座っているのはなんと警察官。ほかにも呼び出されている人がいて,過去に無免許で運転していた人に注意したりしていました。何を言われるのかとびくびくしていたら,警察官いわく,私の名前と生年月日を入力して検索したら,私と生年月日が同じで,しかも下の名前が一緒の人がいたそうです。苗字は,結婚などで簡単に変えることが出来るので,同じ人に2枚目の普通車の免許証を渡すことになってしまうそうなのです。私は生まれて初めて免許証を手にすること,ずっと大阪に住んでいること,だからその人とは別人であることを説明しなければなりませんでした。警察官はすぐに納得してくれました。それにしても,こんな偶然ってあるんですね・・・

そして,やっと免許証を手にし,念願だった「ドライバー」の卵になることが出来ました。

今まで,このブログを見て応援してくださったみなさん,本当にありがとうございました。教習所に入所してからさまざまな失敗をしてきましたが,とうとうここまでたどり着きました。もしまだ免許を持っていない方がこのブログを見て,「よし,自分も車の免許に挑戦してみよう。」と思ってくだされば,うれしいです。今日をもって,このブログも卒業となりました。また,ピースママのHPに登場したときに,かわいがってくださいね。2ヶ月間,ありがとうございました。
2005年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:peachtarako
読者になる
Yapme!一覧
読者になる