至福って。。 

February 18 [Sun], 2007, 5:07
あ!みてみてー。あんなところに美味しそうないちごケーキ



いちごが全部でちょうど8個。私たちのために誰かが置いてくれたのかしら?

一番力持ちいちごちゃんを踏み台に、みんな上っていきました。



食いしんぼうのいちごちゃんたちは、上るや否や、すぐにパクパク食べ始めました。
最後の仲間もちゃんと上げてあげようね。



満腹になったら、なんだか眠くなってきちゃいました。
隣にいい場所みーつけた!

順番順番 押さないでね。



ああ、いい気持ち。。

お腹いっぱいになって、お昼寝。
きっとこういうことを「至福」っていうんだろうね!


おしまい♪

妖精さんになりたいな。。 

February 15 [Thu], 2007, 23:21
妖精さんの羽に憧れるいちごちゃん。「妖精さん、どうしたらそんな素敵な羽が生えるの?わたしも背中に羽が欲しいなぁ。羽があったら空を飛べるのよね」


妖精さんは言いました。「いちごちゃんにだけ、特別羽の手に入る秘密の場所を教えてあげる」


「さあ、私の肩にのってこの多肉植物の寄せ植えのてっぺんまで行くのよ」「うん。ちょっと怖いけど羽が生えるんならわたし頑張っちゃう!」


よいしょ。よいしょ。わぁ!羽があったー!


どう?ぴったりかしら?


おしまい♪

双子のメロンちゃん2 

February 13 [Tue], 2007, 20:28
そこに、優しいママがやってきてメロンを食べやすいように切ってくれました。「仲良く食べるのよ。喧嘩はやめてね。」
「は〜い!」
甘くて美味しいメロンをふたりは夢中で食べました。


こっちも食べていいのかな。食べちゃおう〜


食べ終えたらシーソーして遊ぼうね♪楽しいね!


どんなに喧嘩したって、ふたりはホントは仲良しの双子ちゃんなんです。



おしまい♪

双子メロンちゃん 

February 13 [Tue], 2007, 20:24
メロンを収穫してきたよ〜。重いなぁ。よいしょ。よいしょ。やっと運べた〜


「あたしが全部食べるの〜。」上にのっちゃったメロンちゃん


「そんなのずるいや〜」メロンくん思わすメロンちゃんに覆いかぶさります。「重い〜やめてよ〜!」


争っているうちに。。「ドテっ」ふたりして転がり落ちてしまいました。


つづく

いちごちゃんたちの大冒険3 

February 12 [Mon], 2007, 19:59
「カエルさん、いちごを探してきましたー」 あら?カエルさんのすがたが何処にも見当たりません。 仲間のいちごちゃんだけが待っていました。 「良かったー、無事で。カエルさんは?」 「あのね。みんながもしいちごをとってきたときは、みんなでお食べなさいって」 「そうだったの。カエルさん、本当はいい人だったんだね」



さあ、みんなで美味しいいちごをいただきましょう。「あ、その前に、カエルさんにもいちごを残しておいてあげよう」 「さんせーい!」
みんなで食べた、やっと見つけたいちごは、今まで食べたどのいちごより甘くて美味しいいちごでした。


おしまい♪

いちごちゃんたちの大冒険2 

February 12 [Mon], 2007, 19:36
仲間のいちごちゃんたちは、あわてて引き返しました。 「カエルさん、わたしたちの仲間をどうか食べないでください!代わりにおいしいいちごをカエルさんのために探してきてあげますから。わたしたちなんかよりずーっと美味しいいちごを」
「おや?それは本当かい?それじゃ、それまでこの子は預かっておくことにしよう」


いちごちゃんたちは、おいしいいちごを探して歩き出しました。大切な仲間を食べられてしまわないように、それはそれは一生懸命探しました。
草をかきわけて暗くなるまで探しました。


やがて日が昇ってきました。いちごはまだ見つかりません。 捕まってしまったいちごちゃんはと言うと。。 カエルさんにこうお願いしたのでした。 「カエルさん、そんなにお腹がすいているんなら、どうかわたしを食べてください。昨日からなんにも食べていないんでしょう?その代わりわたしの仲間たちが、いちごをたくさんとってきたときは、一粒づつ仲間たちにもいちごを食べさせてあげてくださいね」


カエルさんは言いました。「おまえさんは、お腹がすいていないのかい?」 いちごちゃんは答えました。 「お腹はすいてます。でも、仲間たちが今必死でわたしのためにいちごを探してくれているのです。きっとお腹も空いているでしょう」 それを聞いたカエルさんは、目を閉じてじぃっと考え込んでしまいました。 ハートのあたりに手をあてながら。


必死でいちごを探していたいちごちゃんたち。 ついにいちごの匂いを嗅ぎつけました。急いで草をかきわけてみると、たくさんのいちごがなっているではありませんか! みんなで大切にいちごを運んでカエルさんのもとへ急ぎました。


つづく

いちごちゃんたちの大冒険 

February 12 [Mon], 2007, 19:32
フルーツの森の奥 そのまた奥に、いちごちゃんたち8人が仲良く暮していました。
いちごちゃんたちは、冒険と美味しいものが大好き。毎日みんなでお喋りしながら美味しいものを食べるのが日課です。


けれど、いちごちゃんたちが一番好きなのは、やっぱりいちごです。みんなでぺロリと食べてしまうのでもう残りが少ししかなくなってしまいました。 「困ったなぁ」


「そうだ!いちごを探しに行こうよ!」「さんせーい!」みんな一列にならんで外に繰り出しました。
美味しいいちごを探して どこまでも〜♪


途中で大きなカエルさんと出会いました。 「カエルさん、こんにちは!」 「おや。みんなそろって何処に行くのかな?」 「いちごを探しに。何処にあるかカエルさん知ってますか?」


「あなたたちが美味しそうないちごじゃないの。私もお腹が空いてしまっていてねぇ。昨日から何も食べていないんだよ」 いちごちゃんたちピンチ!カエルさんのごちそうになってしまっては大変と、一目散に逃げ出しました。 ところが、一番最後のいちごちゃんだげが転んでカエルさんに捕まってしまったのです。


つづく
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:peachmelba
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・ハンドメイド-オリジナルのいちごちゃんたちが織り成すストーリー どうぞお楽しみください
    ・ハンドメイド-テディベア作ってます
読者になる
2007年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
アイコン画像U^エ^U
» 至福って。。 (2007年10月18日)
アイコン画像リトルAnn
» 至福って。。 (2007年06月01日)
アイコン画像りぼん
» 至福って。。 (2007年03月07日)
アイコン画像くまごっち
» 至福って。。 (2007年02月19日)
Yapme!一覧
読者になる