「忙しい」とは言うけれど... 

February 18 [Fri], 2005, 12:33
忙しいの定義って、人それぞれに違うのでしょうが、約束事をするときに
あんまり「忙しい」「忙しい」言われると、なんか腹立ちません?
特に、どちらの利益にもならない公(おおやけ)の用事である場合は。

忙しいのは、社会人なら皆同じでしょう。それなのに、「忙しいんですよね〜」
などと簡単に言えるのは、ちょっと思いやりに欠けているんじゃないでしょうか。

誰だって忙しいさ。
それなのに、時間を作って何かをしようとしているんだよ。
それに参加しようというなら、お客様根性捨ててほしい。
みんなで補い合わないと、上手く回ってゆかないんだよ。

忙しいなら、忙しいでいい。だけど、それを言うなら他人任せにしないで、
もう少し能動的に動いてみようよ。

忙しいから、私は「こういう風にします。」「こういう風にしたいです。」
「こんなのは、どうですか?」

そういってもらえるなら、誰だって納得もできるでしょう。
そんな風に言ったなら。忙しくてもちゃんと考えてくれているんだな。

こんなふうに肯定的に捉えてもらえることが多いでしょう。(経験上の話)

「忙しい」と一言だけいうのは、一番簡単な逃げです。
逆立ちしたって、よい印象など与えられるわけがありません。

他人のことを、少しでも思いやれたなら、こんな安直な言葉は出てこない。
営業先の人が言っていました、ただ「忙しい」という所に仕事は回さないと。
それって、仕事のことだけじゃなくて個人に対しても言えることじゃないの
でしょうか。その人曰く。安直に「忙しい」という人間を信用することは出来ない。
のだそうです。「忙しいけど、なんとかやってみましょう」そう言われるのとは、
全く印象が違うのだと。

「一時が万事」とは、こういうことをいうのでしょう。
自分がそういう立場に置かれてみると、実感します。

社会に出て仕事をするということは、それだけで何より人間関係の勉強になる
のだと痛感する日々です。
2005年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:peachblossoms
読者になる
Yapme!一覧
読者になる