THE 4TH KIND フォース・カインド

January 11 [Mon], 2010, 20:15
- 信じれないのは、信じたくないだけなのか。-

鑑賞したのは旅行前なので、ちょっと古い感想になってしまうのですが…公開3日目に観に行ってました。宣伝にもあった少々不気味な「記録映像」と「再現映像」、そしてナビゲーターのミラ・ジョヴォヴィッチの語り口が妙に印象的だったので、てっきりホラー映画かと思っていたのですが…ちょっと違いますね。オカルトとか、そっち系の作品でした。
このテの話も好きですけれど、こういう形で画面に見せられると…信じたいのだけれど、信じたくないような…微妙な気持ちになりますね〜
アラスカ州北部の町ノーム。60年代以降のFBIによる訪問が2000回を超えるというこの町では、多数の住民が行方不明になっていた。この映画は、2000年10月、ノーム在住の心理学者アビゲイル・タイラー博士のもとに「不眠症」を訴えて訪れた患者に施した「催眠療法」の記録映像の抜粋と、その再現映像とで構成されている。
催眠療法により、彼等が眠れない理由を解明しようとしたタイラー博士だったが、そのカメラに映し出されていたものは、これまでに誰も目にしたことのない映像だった…。それは一体何なのか? 現実のものなのか?? -


問題の「記録映像」はもちろん衝撃的なのですが、私がより衝撃を受けたのは、実際のタイラー博士の現在の姿でした。
彼女自身、この「記録」を撮る以前にかなり衝撃的な体験をしているので、見方によっては「病んでいる」ような印象を受けなくもないのですけれど…。その表情から語られる言葉は、実際にソレを体験したからこそ語れる真実なのか、それとも、自分自身を癒すために、彼女が作り出した記憶なのか…(でも、実際に録画されたテープはどう説明するのか??)
画面のコチラ側で観ている私は、「記録映像」を信じたいのに、彼女がマトモな人なのかどうかが、わからなくなってくるのですよ〜。
ちなみにフォース・カインドとは直訳すると「4番目の種類」(ついでに書くと1が<目撃>、2は<痕跡>、3は<接触>…接近遭遇の分類カテゴリ) 勘のいい人だったらピンときてしまうかも!
何の解決もなく、なんとなくうやむやな感じで終わってしまう印象を受けるのだけれど、本当に「信じるかどうかは、あなた次第。」だな、と思いました。エンディングの中で流れる電話の声とかも、信憑性があるようなないような…皆さん、どう解釈します??
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
Trackback

» THE 4TH KIND フォース・カインド (The Fourth Kind)

監督 オラントゥンデ・オスサンミ 主演 ミラ・ジョヴォヴィッチ 2009年 アメリカ映画 99分 サスペンス 採点★★ そりゃあもう、子供の頃から“未確認飛行物体”やら“未確認動物”やらと、未確認が大好きな私。ムーとかトワイライト・ゾーンなんかを読み漁り、TVでその手..

Subterranean サブタレイニアン  July 10 [Sat], 2010, 2:28

» mini review 10452「フォース・カインド」★★★★★★★☆☆☆

行方不明者が多発するアラスカ州ノームを舞台に、原因不明の現象の究明に迫る衝撃的な実録スリラー。2000年に起こった凄惨な出来事の渦中にいた心理学者が録画した記録映像の一部を本編に用い、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチがナビゲーターと、心理学者を演じる再現映像で世にも恐ろしい異変を描く。犠牲となった人たちの混乱と悲痛な叫び声、さらには現実のものとは思えないショック映像に息をのむ。[もっと詳しく]

素直に驚き、延々と無駄話をすること。

こういう映画の愉しみ方は、決まっている。ひたすら、無邪気に驚くことである。
そうすると「この世の中は不思議と謎と恐怖に満ちている」ということの片鱗が、少し分かることになる。
映画に描かれた事柄が、事実かどうかはどうでもいい。
そんなことは、専門家やアマチュアオタクが、延々と百年も議論を繰り返していることだ。
それを、僕たちが知ったかぶりで、同意したり反論したりしても、詮無いことだ。
また科学的か、非科学的か、真実か、捏造か、と問うても仕方がないことだ。
それもまた、僕たちがどういう立場にたつかということで、いかようにも変わってくるからだ。
少年時代に、挿画...

サーカスな日々  April 29 [Thu], 2010, 11:30

» 映画:THE 4TH KIND フォース・カインド




 2010年、最初に観た作品はこの作品でした。THE 4TH KIND。

よしなしごと  January 16 [Sat], 2010, 23:35

» THE 4TH KIND フォース・カインド

すげー形相で絶叫してる予告編が印象的な『THE 4TH KIND』を観てきました。
★★★★

途中までミラ・ジョボビッチの米国発音がミラ・ヨホビッチだった事が判ったのが一番の収穫と書こうと思いながら観てました。

ドキュメンタリータッチなホラー映画だとばかり思い込んでいたのが、面白いアプローチのオカルト映画だったが面白かったのやら肩透かし食らったのやら。

実話という設定で、オリジナルのフィルムと映画として取り直した再現フィルムを絶妙に織り交ぜて描くところが、実話なのかフィクションなのか観てる側を混乱させて引き込む作り。
ハンディー実録系のフィクション映画以上に錯覚させる演出がアイデアなんだけど、オリジナルフィルムに登場する役者が微妙に下手なのをベースにしてるから、再現フィルムの“役者”がクオリティー落としすぎてしまってるところがちょっと残念。

オカルト映画と判明してからは冒頭で登場する博士の素の顔が一番ホラーやんと思いながら観てたのですが、徐々に真相に近づいていくにつれて心拍数上げていく演出が上手くて、隣に座ってた友人は途中で飛び上がって声に出してびっくりしてはりました。
俺はそれを見て笑ってました...

そーれりぽーと  January 16 [Sat], 2010, 14:40

» 「The 4th Kind フォース・カインド」みた。

オカルトちっくな予告編。得意なジャンルではないけれど、思わせぶりな予告編は気になるというもの。内容は今も昔も時折特集番組が組まれるような”奇怪な現象”についてであり、当事者らのインタヴューや記録映像の

たいむのひとりごと  January 15 [Fri], 2010, 23:10

» THE 4TH KIND フォース・カインド / The Fourth Kind

{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/}
←please click


今月の観たい映画リストに入れてただけで記事書いてないのに
何故か「フォース・カインド ネタばれ」で検索してここに来る方がけっこういるみたい
 ですので、、、、
{/m_0220/}ほぼネタばれ でいきます{/m_0220/}


ミラ・ジョヴォビッチの映画って面白かった試しがない気がして
どうなのー?と思ったけどこういうの、怖い映画好きはスルー出来ません!
試写にて鑑賞☆

オープニングから、ミラが森から現れカメラ目線で観客に語りかける。

記録映像の一部には、かなり衝撃的な映像が含まれます。ーと。


ホラーというより、超常現象ドキュメント

何が怖いって、一番怖いのは博士の顔{/face2_shock_m/}
この顔が最後までいちばんこわいんだよー{/m_0158/}

本物の記録映像と共に、本当にこの体験したアビゲイル・タイラー博士。
やたら顔色悪く、喋り方も脱力系で不気味!!
これがキャスティングされた人じゃなくホンモノだったら、映画のビジュアル的には大成功!ってくらいコワイ{/m_0207/}

モザイクかかった写真、余計怖いんですけどー{/ee_3/}

色...

我想一個人映画美的女人blog  January 15 [Fri], 2010, 23:04

» 『THE 4TH KIND フォース・カインド』

※ネタバレに加えて、ちょっと辛口な部分もあります。
※もうしわけありませんが、ご覧になってからお読みいただくことをお勧めします。


(原題:The 4th Kind)

----あれれ、この映画、
最初12月23日公開だったのに早まったんだね。
「そうなんだよ。
ということで、ついに喋ることができる!
でも ネタバレがあるので、
ここ、後から覗いてもらった方がいいかも…」
----ネタバレって…。
これって、超常現象か何かを扱った映画でしょ。
アラスカ州の町ノームで実際に起こった事件を再現したとか…。
多くの住民が不眠に悩まされたうえに、
行方不明になっているんだよね。
「うん。そういうことになっているね。
でも、それはいわゆる宣伝の仕方というか、
日本での売り方の方で、
これは
まあ、モルダーとスカリーが担当するような事件。
それもその軸となっている宇宙人。
アメリカのオフィシャルを観ると、すぐ分かるけどね」
----あらら、言っちゃった。
「今日が初日で、いわゆる前宣伝は終わったということで、
そろそろ喋ってもいいんじゃないかな。
観た人も多いだろうし…。
この宇宙人が題材というのは、
実はすでにタイトルで明らかになっている」
----え...

ラムの大通り  January 15 [Fri], 2010, 21:42

» 劇場鑑賞「フォース・カインド」

「フォース・カインド」を鑑賞してきましたアラスカの都市ノームに暮らす女性心理学者が体験したという衝撃のエピソードを、当時撮影されたという記録映像と再現映像で描き出す異色サスペンス。主演は「バイオハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。監督は「ザ・ケ...

日々“是”精進!  January 15 [Fri], 2010, 19:41

» THE 4TH KIND フォース・カインド(2009)


※タイトルはJ・アレン・ハイネックによる接近遭遇の分類のうち、宇宙人による誘拐を指す「第四種」から採られている。
信じられないのは、信じたくないだけなのか。
信じられないという以前に、どうも恐怖が見えないという感じがする。
久々にMOVX京都で鑑賞しました。ミラ・ジョヴォヴィッチ主演の本作「フォース・カインド」は記録映像と再現映像からなるドキュメンタリー風のモキュメンタリーというものだそうです。
モキュメンタリ―については、上記をクリックして頂くと詳細が分かります。これを読むとこの作品が実際に起こった事件なのか?が解明しますよ。
さて実際に起こった事件かどうか?は別として・・・・・。今一つ乗れない作品でした。体が宙に浮くという超常現象のような場面も見られましたが、恐怖感などは感じられず。つまり臨場感などを体感するというものがあまり感じられずというのが正直な感想です。ひたすらミラ演じるアビゲイル・タイラー の感情の浮き沈みだけは凄く捉える事にはなりましたが。

目に見えない恐怖を映像表現するのって結構難しいですよね。でもねジョン・キューザック主演の「1408号室」は良く出来た作品でし...

銅版画制作の日々  January 15 [Fri], 2010, 19:25

» THE 4TH KIND/フォース・カインド

アラスカの都市ノームに住む心理学者タイラー博士が実際に経験した衝撃のエピソードを映画化。当時撮影された映像と再現映像、さらには実際のタイラー博士へのインタビューを交えて描き出したサスペンスムービーだ。主演のタイラー博士を演じるのは「バイオ・ハザード」シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ。監督は『ザ・ケイヴ』のオラントゥンデ・オスサンミ。オカルト好きには堪らないテーマかもしれない。

P R
♪お知らせ♪
●現在、livedoor、exblogへのトラックバックが不安定です!(原因不明…何故かはねられちゃう場合アリ) TBいただくばかりでお返しできないかもしれません。すみません●
●スパムが多いので、コメントは承認制にさせていただきます。記事と関係のないコメント・宣伝の類いは削除させていただきますね。ご了承ください●
2010年01月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
♪プロフィール♪
●HN●hama
●趣味●映画・テレビ・お絵描き・読む・聴く・旅・つくる・食べる!!!
●最近は…●早く涼しくならないかなー

♪Yapme!一覧♪
読者になる
♪最新コメント♪
hama
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
Ramyy*
» タイ・サムイ島旅行(11-12) 4 (2012年01月27日)
hama
» PASTA KITCHEN (2011年07月28日)
K子
» PASTA KITCHEN (2011年07月27日)
ピコ 敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月07日)
アムール敷井
» パークハイアット東京 アフタヌーンティー再び! (2011年07月04日)
hama
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
kiala
» 東北応援キットカット (2011年06月09日)
♪何かありましたら…↓♪

TITLE


MESSAGE


Google
ブログ内検索
ウェブ全体から検索

♪過去記事♪
http://yaplog.jp/peacediary/index1_0.rdf
blogram投票ボタン
↑投票ボタン