キレイな部屋で気持ちもキレイになる方法 

2011年11月30日(水) 17時30分
はじめに


「あれ、こんなに髪の毛がたくさん…?」

日々生活していると、知らず知らずのうちに部屋は汚れていくものです。

散らかっていけばいくほど、段々掃除も億劫になり、悪循環に陥ります。

そうなる前に、手を打ってキレイな空間で気持ちよく過ごしませんか?

心構え
キレイに使おう、という考えを持つ必要があります。

汚れたり、散らかれなければ片付ける必要もありません。

では、どうしても出てしまうものの対処はどうすればよいのでしょうか。

すぐに片付ける
すべての場合で共通なのですが、処分すべきもの・片付けるもの、後回しにしていませんか?

使ったティッシュのゴミ、片付けますよね?

食べたお皿?もちろん洗います。

あれ、さっき使ったボールペンはどこいったっけ…。

発生してしまった不要物を処分することはもちろん、使ったものをすぐに片付けることを習慣付けるだけでキレイな部屋にグッと近づきます。

定位置を決める
使ったものをすぐに片付けられないのは、明確な保管場所が決まっていないからでは?

特定のシーズンしか使わないようなものはともかく、普段使う小物類の場所、ちゃんと決めていますか?

たとえば、リモコン類。これだけ家電の種類が増えれば、リモコンの数も増えますよね。

それらを使ったら同じ場所に戻すようにすれば、すっきりしますし、リモコンを探す手間も省けます。

すべて収納できるような小箱のようなものを買うと簡単に定位置が決まりますよ。

ほこりなどはすぐ掃除!
ほこり、糸くず、髪の毛。

どんなに気をつけていても、知らず知らずのうちに落ちているものです。

発生するのは仕方ないのですが、問題は対応です。

少量でも発見したら、すぐにコロコロをかけるなど簡単なクリーンを行えば、それだけでキレイな環境を保持できますよ。

おわりに
日ごろから小まめに片付けるようにすると、年末ですら大掛かりな清掃はあまり必要ありません。

はじめは面倒かも知れませんが、キレイな部屋を想像しているうちに、きっと楽しくなりますよ。





M40372 http://www.jp2012.com/product-3769.html
【ルイヴィトンバッグ新作】LOUIS VUITTON モノグラム ネオ 2010新作 M40372 ハンドバッグ ショルダーバッグ