TPPと貿易

August 12 [Mon], 2013, 15:19
FTAとは自由貿易協定のことです。
一般には国と国の貿易においては関税がかけられています。
そのために国内の産業が外国に対して優位な立場に立つことができるのです。
しかし、それを続けていると外国から強い反発を受けるようになりました。
したがって現在ではできるだけ関税を低くするような協定が結ばれる傾向にあるのです。
それがFTAと呼ばれるのです。
二つの国だけではなく、複数の国においてノートパソコン同様の協定を結ぶ場合が多いのですが、TPPもその一つと考えてよいでしょう。
環太平洋戦略的経済協力協定と言う名称ですが、目的は国家間の貿易障壁をなくすことにあります。
それが実現すると障壁によって保護されてきた産業は非常に苦しい立場になります。
極端な場合は産業そのものがなくなってしまう恐れもあるのです。
そのようなTPPですから、国内では反対している人たちが多いのです。
しかし、時代の流れは自由貿易に向かっていますから、現時点で反対したとしてもいずれはTPPに参加するのは明らかでしょう。
もちろん、TPPにはたくさんの交渉項目がありますから、すべてが一律に関税なしとなるわけではありません。
ある程度は日本の要求を呑んでもらわなければなりません。
影響を受ける産業と利益増が見込まれる産業とに分かれるかもしれません。
どのような状況であっても、すべての人が賛成することにはなりません。
しかし、どの分野でどれくらいの影響があるのかは明確にはなっていません。
参加に関する交渉においても、その会議内容は明らかにされないからです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:りょう72n3
読者になる
2013年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pdrt579c/index1_0.rdf