遺産相続の税金について。 

November 13 [Thu], 2014, 17:03
Q.2人の子供のいる家庭の親が亡くなった場合の遺産相続について
また税金についてお聞きしたいのですが、宜しくお願い致します。

親が亡くなり2人の子供が遺産を相続する場合は相続税を支払いその残りを
2分割して遺産相続すると思いますが、1人の子供が遺産
を相続するような内容の遺言がある場合はその子供はその遺言を放棄して
2分割にする事は出来るのでしょうか?

また土地など直ぐに2分割出来ないような遺産の場合一旦遺言通りに
一人の子供が相続して後からもう一人の子供に分割するような考えは
現実的には難しいのでしょうか?
もちろん相続税と譲渡税?の様なものが2重で掛かり税金も高くなる
気がしますが。

宜しくお願い致します。

A.(前半の質問について)
遺言の内容と違う内容の遺産分割協議を行うことは、相続人(及び受遺者)全員の合意があれば可能です。

(後半の質問について)
一旦遺言のとおりに相続した後で、その相続人からもう一方の相続人に対して、その土地を譲渡(売買、贈与、交換など)することももちろん可能です。
ただ、ご指摘のとおり、譲渡する際に、譲渡所得税や贈与税、不動産取得税などが発生する可能性があり、トータルの税負担は重くなると思います。

余談ですが、初めの「親が亡くなり2人の子供が遺産を相続する場合は相続税を支払いその残りを2分割して遺産相続すると思いますが、」というくだりは、発想の順序が逆だと思います。
まず、遺産を分割して相続したうえで、各相続人は、被相続人との関係や相続した遺産の内容・評価に応じて相続税を支払うことになります。

<引用元:弁護士ドットコム>

相続税申告ナビ


相続税についてお悩みではありませんか?
カテゴリアーカイブ
ヤプミー!一覧
読者になる