綺麗の教科書 毎日続ける美容の秘訣とは…

February 09 [Tue], 2016, 23:59

本来、皮膚の新陳代謝は4週間のサイクルになっていて、365日新しい肌細胞が生まれ、一日毎に剥がれているのです。こうした「日々の生まれ変わり」によって私たちの皮膚は若々しい状態を保持しています。

ドライスキンの主因の一つであるセラミドと皮脂の減少は、アトピー患者など遺伝に縁るものと、逃れようのないエイジングやコスメや洗浄料による後天性の要素によるものの2種類があります。

押し戻してくるお肌のハリ。これを作っているのは、あのコラーゲン、すなわちたんぱく質なのです。バネの働きをするコラーゲンがしっかり肌を下支えしていれば、肌はたるみとは無縁でいられるのです。

スカルプのお手入れの主な目的とは健康な毛髪を維持することだといえます。毛髪に潤いがなく乾燥して艶がなくなったり抜け毛が増加するなど、大勢の方が髪の困り事を秘めているのです。

美容の雑誌や書籍には、小顔になる、肌が美しくなる、痩せるし、デトックス効果が期待できる、免疫の増進など、リンパ液を流してしまえばすべてのことがOK!などというフレーズが踊っている。



アイラインなどのアイメイクを落とすときにメイクをしっかり落とす目的でゴシゴシと強くこするように洗うのが習慣になってしまうとお肌が傷んだり炎症を起こすなどして色素沈着がおこり、目の隈の原因になるのです。

顔の弛みは不必要な老廃物や脂肪が集合することで徐々に進行します。リンパ液の流通が悪くなってくると様々な老廃物が溜まり、浮腫が発生したり、脂肪が溜まり易くなり、たるみへと繋がります。

アトピー性皮膚炎とは、アレルギーと関連している事の中で特にお肌の持続的な症状(掻痒感等)が表出するもので要するに過敏症の一種なのだ。

スポーツなどで汗をたくさんかいて身体のなかの水分量が少なくなってくると自然におしっこが減らされて代わりに汗のための水分が蓄えられ、この予備の水分が使われずにあのむくみの原因になっていると言われています。

メイクアップの長所:自分の顔立ちを普段より好きになれる。顔に無数に点在しているニキビ跡・くすみ・毛穴・そばかす・傷跡を上手に隠せる。日を追うごとに可愛くなっていく楽しさや新鮮味。