壁際のベッド

February 01 [Wed], 2012, 15:18
土曜日の朝に、急に思いつき模様替えをし、ベッドが窓際から壁際に移動したわけですが、寒さが全然違う早く気が付けばよかった。
5年目にしてやっとでも、なんか落ち着かない、夏になったら、また窓際に戻そう。
さて、壁際のベッドという事で、思い出したこと。
実家時代を含め、今までの自分の部屋では、ほとんどの時期、ベッドは窓の近くでした。
でも、実家を出て初めて独り暮らししたときの部屋は、ベッドを壁際においていました。
壁の向こうは隣の部屋、この壁がほんっっとに薄くて、隣の部屋の生活が全て丸見え状態のクリアサウンドTも、電話も、すべて筒抜け。
隣の部屋の住人、社会人だと思われる男の人、頻繁に彼女さんと思われる人が遊びに来ていました。
しかし、昼も夜もクリアサウンドお察しの通り、えっとげふんげふん、まぁ、そんな声も。
ある休日は、早朝からで、その声で起こされたりして。
よく1年半も住んでいたものです。
当然、こっちの生活音も聞こえていたんビアンだろうし、生活音にはかなり慎重になっていました。
窓と壁というキーワードで思い出した、そんなどーでもいい思い出でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pdew64av9e
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/pdew64av9e/index1_0.rdf