長時間パソコンによる頭痛を鎮痛薬を飲まなくても解消できる? 

2015年04月08日(水) 11時58分
「仕事で長時間パソコンをすると頭痛がひどくなるけど、
 なんとかならないかなぁ?」

と悩んでいませんか?



仕事中に頭痛がひどくなると、仕事どころではなくなりますよね。

だからといって、仕事を終わられないといけないので、
仕事の手を休めるわけにもいかないですよね。

だから、かなりツラいけど結局仕事を続けないといけない、
なんてことになってしまいますよね。

そんな時、即効で頭痛を解消したい!
と思いませんか?


鎮痛薬を飲めば即効で頭痛を解消できることが多いですよね。

でも、鎮痛剤を飲むと、
今度は眠気がひどくなって仕事にならなくなる、
なんてことはありませんか?

また、鎮痛薬には胃が荒れるなど、副作用の心配があります。

そして、鎮痛薬を飲み続けると体が薬に慣れてしまって、
薬が効かなくなってしまうのです。

そうなってしまったら、何をしても頭痛が治まらなくなって、
もうどうしようもなくなってしまいますよね。


ですから、長時間パソコンによる頭痛は、
できれば鎮痛薬を飲まないで解消したい
ですよね。


長時間パソコンをしていることによる頭痛の主な原因は
肩こり、首のこり、目の疲れ
などです。

肩や首がこるということは筋肉がかたくなるということです。

そうなると、血管を圧迫してしまいます。

それで、頭への血液の流れが悪くなるので、
頭痛が発生してしまうのです。

目の疲れも同様に目の周辺の筋肉が硬くなって、
その周辺の血液の流れが悪くなるので、
頭痛が発生してしまうのです。


ですから、長時間パソコンによる頭痛を解消するには、
肩、首のこりや目の疲れなどを解消するといいですよ。

首を回したり肩を上下に動かしたりして筋肉を動かせば、
こりは緩和されます。

また、目の疲れを取るには、時々遠くを見たり、
目の周辺を温めたりするといいですよ。


とはいっても仕事中に時々そういったことは、
なかなかできないと思いませんか?


そういう場合にはかたくなった筋肉を柔らかくする成分が
配合されているサプリなどを取るといいですよ。


「ズキガード」は、筋弛緩(筋肉を柔らかくする)作用がある
ナツシロギクや青リンゴが配合されているサプリです。

ナツシロギクや青リンゴは両方とも
頭痛を緩和する効果が確認されているんですよ。

また、サプリは薬と違って副作用の心配があまりないので、
鎮痛薬よりかは安心して飲むことができますよね。


詳しい情報は下の画像をクリックすると確認できます。
↓   ↓   ↓















.