【 更新情報 】

スポンサード リンク

引越しの手順

引越しの手順について紹介したいと思います。引越しをするといっても引越しには手順があります。
引越しの日を決める、段取りをするといった計画が引越しには重要なポイントになっていると思います。引越しの手順をわきまえれば引越しの費用や手間も省けてスムーズに引越しが出来ると思います。まず引越しの手順の一番初めは引越しの計画を立てるということです。
引越しの日取りやどこの引越し業者に頼むのか、引越しの時間帯なども決めなければいけません。引越しのプランをしっかりと立てることでその引越しがスムーズに完了するかどうかは決まってくると思います。

引越しの手順で引越しの計画が立てられたら次ぎはいきなり荷造りではなくて、まずは持っていく荷物といらない荷物などを処分して整理するという荷物を減らす下準備が必要です。ある程度荷物の下準備ができれば荷造りもスムーズになります。
この下準備がないと荷物の仕訳をしながら荷造りをしますから時間がかかってしまいますね。スムーズに引越しの荷造りをする場合にはある程度の荷物の整理が大切です。そして引越しの当日になって、引越しの後片付けという手順で引越しは進められていきます。この間にも、引っ越す前の近所への挨拶や引越し先への挨拶などもありますから引越しの手順はなかなか大変です。

引越しの役所への手続き

引越しの役所への手続きについて紹介したいと思います。
まず、転出手続きを役所に行う場合には、引越しをする日までに、印鑑と国民健康保険、年金手帳や老人医療症、乳幼児医療症などをもって役所にいって転出証明書を出してもらうことになります。
そして引越し先の転入手続きでは、引越ししてから2週間以内の間に、新しい引越し先の役所に転出証明書と印鑑、保険証や年金手帳などを持っていって届出をします。引越しを下場合の印鑑登録ですが引越しをして転出届をだすとそれまでの印鑑登録は抹消されます。引越し先では、新たに印鑑登録をする必要があります。

引越しをした場合の児童手当ですが、印鑑を持っていって児童手当の受給自由消滅届けを引越し前の役所に提出することになります。そして、引越し先でまた児童手当の加入手続きを行うことになります。

原付自転車の場合は、役所で引越しの手続きをするのですが、印鑑と車輌番号交付証明書、ナンバープレートを持っていって、廃車証明書をうけとります。そして引越し先で登録するには印鑑、住民票、廃車控えと車体ナンバーの控えを持っていって登録します。引越しが決まったら引越しをする前の役所と、引越しをした後の役所にこれらの届けをする必要があります。

引越しの色々な手続き

引越しの色々な手続きについて紹介したいと思います。引越しの際には電気やガスなどの生活に必要な手続き、また役所に届け出る引越しの手続き以外にも引越しの手続きは必要です。例えば、新聞を購読していた場合には、引越し先でも同じ新聞を購読するのであればその手続きもしなければいけません。また、金融機関などのすべての住所変更なども引越しの手続きでは大切な手続きです。また保険に入っていると思いますが、保険もそれぞれ引越しをすることで住所変更などの手続きが必要になってくると思います。例えば保険の場合には、生命保険、自動車保険、火災保険や傷害保険などの種類がありますから、それらの保険の引越しに関わる手続きをしなければいけません。

引越しの手続きでは、郵便局への連絡も大切です。郵便局に引越しをすることを伝える転居届けを出しておけば、以前引越しをする前の場所に郵便物が届いた場合には、自動的に引越し先の住所に郵便物などを届けてくれるサービスを行っていますから、郵便局に引越しの手続きをしておくといいと思います。また携帯電話なども引越しの手続きが必要ですし、インターネットのプロバイダーなどの手配もしておくことで引越しをしてからすぐにインターネットを利用することが出来ます。

引越しの各種手続き

引越しの際の電話や電気、ガス、水道の各手続きについて紹介したいと思います。まず、引越しをする場合には、電話番号が変わりますから引越しが決まった時点で116に電話をかけて新しい番号への変更手続きなどを行います。

電気ですが、引越しをする10日から1週間くらい前に連絡をします。
引越し先では、リミッターに取り付けがあると思われる申込書がありますからそちらに必要事項を記入して投函します。

引越しの手続きのガスですが、引越しをするということは引越しをする10日から1週間くらい前までに連絡をして起きます。そして引越し先には引越しをする2〜3日くらい前に引越し先の管轄エリアのガスサービスショップに連絡をしておくと、引越し当日に係員が着ますから検針してからガスを使うことが出来るようになります。

引越しの水道の手続きですが、引越しをする大よそ2〜3日前に引越しをすることを連絡しておきます。そして引越し先には引越しをしてから連絡をします。
これらが主な引越しの手続きですが引越しのこれらの手続きは、賃貸不動産などに引越しをする場合には賃貸不動産物件によっては手続きが不要で、入居した日から連絡なしで使える場合もありますし色々です。
アパート、マンションなどの賃貸不動産では照明器具が付帯されていない所が多いので、確認しておくとよいでしょう。

また、新築物件などに引越しをする場合にはこれらの手続き以外の手続きが必要になってくることもありますからそちらは各自確認してみるといいでしょう。

引越し業者の種類

引越し業者の種類について紹介したいと思います。引越し業者といっても色々な引越し業社があると思います。

大手の引越し業社
中堅の引越し業社
軽貨物運送業者
宅配便の業者

引越し業社にはこのように種類がありますがどの引越し業社を利用するのかは色々と自分の引越しに合わせて考えればいいと思います。例えば一人暮らしで荷物がすくない引越しで、レオパレスなどのような家具付きの引越し先に引越しをするという人もいると思います。そのような場合には大手の引越し業社を頼む必要はなくて、軽貨物運送業者の引越しサービスを利用すればいいということになります。

また、単身赴任の引越しの場合には、大手の引越し業社の単身赴任パックのようなものがありますからそちらを利用すればスムーズに単身赴任の引越しをすることが出来ます。
このように、引越し業社は自分の引越しのスタイルや引越しの規模に合わせて選ぶといいと思いますし、引越し業社を選ぶときには、色々と比較して選ぶといいのではないかと思いますから、引越し業社を種類によって選んだり自分の引越しスタイルや規模などに合わせて選ぶのがいいかもしれないですね。

大手引越し業者

大手引越し業者を選ぶメリットとデメリットについて紹介したいと思います。
大手引越し業者は名前が通っていて認知度も高く、大手の引越し業社なら安心だと思っている人も多いかもしれませんが、実は大手だから営業所によっては雑なサービスのところもあるといわれています。まず、大手引越し業者のメリットは、訪問見積もりが基本的にはあるので、金額やサービスをあらかじめ見積もってもらうことができて便利だと思います。また大手引越し業者のメリットは安心感や信頼も高いと思いますし、梱包の丁寧さ、傷のトラブルなどの少なさも安心して任せられると思います。
また大手引越し業者はサービスが豊富で、エアコンの取り付けや掃除といった色々なサービスを用意しているというのもメリットだと思います。

大手引越し業者のデメリットは、なんと言っても値段が高いことではないでしょうか。
作業をする人もしっかりしていて、梱包も丁寧で仕事が早いとくれば値段が高いのも仕方ないのかと思ってしまいますが、大手引越し業者のデメリットはお金が高いということですね。また値引きがあまりしてもらえないというのも、大手引越し業者のデメリットかもしれません。このように大手引越し業者でもメリットとデメリットはあります。

中堅引越し業者

中堅引越し業者について紹介したいと思います。中堅引越し業者というのは、大手の引越し業者とはちがって、地域に密着していて営業所などがない引越し業者です。受けん引越し業者のメリットは、値段が大手の引越し業者に比べると安めだということです。値段が安めなのに、サービスは大手並のサービスで丁寧迅速に引越ししてくれるので、中堅引越し業者は比較的おすすめです。また、中堅引越し業者のメリットでは、繁忙期以外の時期には、話をしてなじんでくれば値引きをしてくれたりサービスをしてくれるということもありますからかなり親近感のわく引越し業者だと思います。

中堅の引越し業者のデメリットは、会社によってはいい引越し業者とよくない引越し業者があると思います。例えば万が一家具に傷がついてしまったときやなにかあったときでも、保険にはいっていな 中堅の引越し業者もありますから、見積もりをした時にその辺の事をちゃんと聞いておいたほうがいいと思います。簡単に言えば中堅の引越し業者には当たりはずれが大きくあるということではないでしょうか。中堅の引越し業者を選ぶときには、誰かの紹介や、信頼できるとわかっているところにお願いするのがいいかもしれませんね。

引越し料金の仕組み

引越し料金の仕組みについて紹介したいと思います。引越し料金はどのような内訳になっているのかというと、運送料と人件費、梱包費と交通費、保険料などから成り立っています。まず引越し料金の運送費ですが、運送費は運賃と作業の料金が含まれています。荷物を運ぶトラックの大きさや作業にかかる時間や引越し先の距離などによって料金は変わってきます。引越しのトラックが大きければ大きいほど引越し料金は高くなりますし、台数が多くなれば多くなるほど引越しの料金は高くなります。また引越し先が遠ければ遠いほど引越しの料金は高くなります。

そして引越しの人件費ですがこれは引越しの作業をするスタッフのことで、スタッフの数が多ければ多いほど引越しの料金は高くなります。そして引越しの梱包費と交通費ですが、これは梱包代の場合には、自分でダンボールなどを用意すれば必要ありませんし、交通費も、下道で有料道路を使わなければ必要ない料金です。あとは引越しの保険料は、業者によって有無を確認しておくといいと思います。何か傷がついたりトラブルがあったときに保険に入っているか入っていないかは重要なポイントになります。引越し料金はこのような内訳になっています。業者によって梱包はサービスしてくれるところもありますからそれぞれいろいろです。

アート引越しセンター

引越しをアート引越しセンターで行う場合の情報について紹介したいと思います。アート引越しセンターは、アートコーポレーション株式会社という会社が行っています。昭和52年に設立されて引越し業界では業界2位の売り上げだそうです。引越しのアートヒッコシセンターでは、作業員が新しい靴下で引っ越し先にはいるように決めていたり、女性の目線で細かい部分までもサービスを行っています。引越し業界は今とても競争が激しいのですが値段で競争するのではなくて、サービスの面を充実させて引越し業界で頑張っています。女性の引越しスタッフだけの引越しや、高齢者むけの引越しプラン、耐震マットを提供してくれるサービスなどもあります。

引越しのアート引越しセンターでは、引越しの家財と人を一緒に運べる引越し専用の特殊車輌も作られています。車椅子を使っている人へ気配りもされていますし、大型の犬などを引越しする場合にもペットも一緒に引越しできるので人気です。他にも引越しのアート引越しセンターでは、作業スタッフを指名できるサービスもありますがコレは引越し業界初なんだそうです。引越しのプランは、おまかせパック、レディースパック、シニアパック学割パックなどがあります。

引越しのサカイ

引越しといえばサカイ引越センターが有名ではないでしょうか。引越しのサカイは、株式会社サカイ引越センターといいます。引越しのサカイが設立されたのは、昭和46年の事でした。引越しのサカイは引越し業界では業界4位の売り上げがあるといわれています。自社車輌を2042台所有していて引越しのサカイのサービスエリアは、全国になっています。引越しのサカイは、ISOのダブル認証も取っていますし、セーフティーレコーダーと呼ばれるものの導入も一番早かったようです。

サカイ引越は、クレジットカードの取扱があります。引越しの際の保険は1000万円までになっています。引越しのサカイでは、引越しのマイスター制度を導入していて、スタッフの教育にも力を入れているんだそうですね。引越しのサカイの引越しプランを紹介するとらくらくAコースは、食器や家具、すべての梱包を引越しのサカイが行ってくれます。引越し先の荷解きもサカイがやってくれます。らくらくBコースは、食器や家具の梱包はすべてやってもらえますが、引越し先の荷解きは、自分達で行うというサービスです。節約コースは、大型の家具だけはサカイが梱包するのですが、食器を初めとする小物は自分達で梱包するので、費用が抑えられるコースだそうです。