パソコンで目の酷使をしてる時の対策 疲れ目などはアレで防げる!?

May 05 [Thu], 2016, 22:27

「パソコンを1日中していて目を酷使しているんだけど、
 目が疲れたり肩がこったり頭痛がしたりしてツラくて…!?」

と、あなたは悩んでいませんか?

仕事などで一日中パソコンをして目を酷使していると
目がかなり疲れますよね。

そして、肩こりや頭痛などもひどくなりますよね。


「目の疲れや肩こり、頭痛などをなんとかしたい!」
と、あなたは思いませんか?



■パソコンで目を酷使している時の対策!


パソコンで目を酷使すると目が疲れますよね。

それで、目が疲れるということは、
目の周辺にあるピントを合わせる筋肉が疲労する
ということになります。

その疲労物質は周辺の広がりますので、
頭痛がひどくなったり肩こりがひどくなったり
するわけですね。


目を酷使しなければそれらの症状は緩和されるんですが、
仕事などでパソコンをしているとそれはできないですよね。

そこで、少しでも楽になるような工夫をするといいです。


まず、パソコンをしているときは、
1時間に5分くらい目を休ませるといいです。

5分間パソコンの画面を見ないだけでも違います。

パソコンの画面から目を離したら
サボっているように思われるなら
トイレに行くのもいいと思います。

職場によっては難しいかもしれませんが、
なんとか少しの時間でもパソコンの画面から
目を離すといいでしょう。


あと、できるなら目の周辺を蒸しタオルなどで
温める
といいです。

そうすると血液の流れがよくなって
疲労の原因物質を取り去ることができますよ。


あとは、時々目玉を動かすといいです。

顔を動かさずに視線を上下左右に動かしていると
眼球が動きますので筋肉がほぐれます。

そうすると、かなり楽になりますよ。


こういったことをマメにしていれば、
症状はかなり軽くなります。


■面倒なことをしなくてもアレで良くなる?


ただ、仕事中に目を休ませたり温めたり動かしたりするのって
結構面倒ですよね。

仕事に集中していると
ついつい忘れてしまうこともありますしね。

しかも、それらのことって
ある程度の効果はあってもそれほど大きな効果ってないですからね。


パソコンで目を酷使していると、
目を守る物質が減ります。

それはルテインという成分です。

パソコンの画面からはブルーライトという
目に見えない光が放たれていますが、
目にとっては有害な光になります。

そのブルーライトから目を守るのがルテインです。

ただ、ルテインはブルーライトによって減ってしまいます。

ブルーライトを遮断し続けると限界がきてしまい消えてしまう、
と考えてもいいです。


それで、ルテインをきちんと補わないと
ブルーライトが目に直接入ってくることになります。

すると、目の疲れや視力低下など様々な事が起こるのです。


ですから、パソコンで目を酷使しているなら、
ルテインをたくさん補う必要があります。


ルテインは、ほうれん草やブロッコリーなどの
緑黄色野菜などに含まれていますよ。


そして、あとは目の周辺の筋肉の疲労物質を
取り除くことが大切になります。

それには、ポリフェノールをたくさん摂るといいです。


ちなみに、疲れ目などにはブルーベリーが効果的だ
と言われていますよね。

それは、ブルーベリーにはアントシアニンというポリフェノールが
大量に含まれているからです。


ただ、ブルーベリーは最低でも毎日30粒くらい食べ続けないと、
目の疲労回復効果を実感できないと言われているんです。

パソコンで目を酷使しているのであれば、
もっとたくさんブルーベリーを摂る必要があるかもしれません。

でもそれだけたくさんのブルーベリーを食べ続けるのは
かなり難しいですよね。

また、ルテインも食品から必要なルテインの量を補うのは難しい
と言われています。


そこで、サプリでルテインやアントシアニンを
補うことがおすすめです。


マイケア「一望百景」は、

アントシアニンがブルーベリーの4倍含まれている紅イモと
ルテインがほうれん草の3倍含まれている八重山かずら

から作られたサプリです。


それで、このサプリを飲んだ人の89.1%もの人が
効果を実感しているんですよ。


目の疲れや肩こり、頭痛などを解消して楽になりたい
と思っているあなたに「一望百景」はおススメです。


詳しい情報は下のリンクをクリックすると確認できます。

<一望百景>詳しくはこちら


























.