西谷でチナッティー

February 20 [Tue], 2018, 19:59
検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険がきかない理由ははっきりしています。インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、時間も手間もかかるからです。

インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、かみ合わせの調整などに時間がかかり時間に見合った医療費がかかります。
それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。
手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、自分の歯がうずく反応もよくあります。考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして他の歯の神経も刺激されて反応したためで、インプラントが落ち着けば、その反応も静まることがほとんどなので、気にしないでください。しかし、原因が他にあることも考えられるので、違和感がおさまらないときはすぐに歯科医に連絡することを忘れないでください。

歯科医でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯がまるごと抜けてしまった後で、歯根部からほぼ元通りになる人工歯のことです。ブリッジや入れ歯が使えないケースでも、インプラントならば歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため強度や使用感が天然歯に近く、手入れしながら、長い期間使うことができます。

ただし、インプラント治療は完全に保険適用外なので治療費が高額になることは問題点です。



もし、インプラント治療前に歯科や口腔外科のの既往症があればあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。


既往症に歯周病、顎関節症があるとすれば、治療開始前にあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させるのは必須です。


さらに、美容整形を受けてあごの骨を削った患者さんも事故を引き起こす可能性が増します。

もちろん、こうした既往症があるだけで絶対治療できないとは言えません。
きちんと歯科医に相談することが大事です。歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗したとき、やり直しはほとんどあり得ないという点です。入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりインプラントをあごの骨に埋入し、組織を作って定着させる治療なので何らかの理由でインプラントと骨がなじまず、インプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば同じ穴に再びインプラントを埋入することができず、再手術して、いったん削ったところをさらに深く掘ることになるのです。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。インプラント治療を始める前にどのくらい費用がかかるか心配だと思います。



この治療の費用は歯科医院や歯科医によってずいぶん違っています。保険適用外がほとんどであるインプラント治療は、費用を自由に設定できるのです。それでも、相場はあると言えます。

インプラント一本の場合、安くて30万円ほど、高ければ50万円ほどが相場だと押さえておきましょう。簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、自分の歯根を使えるかどうかの問題です。



差し歯は無理で、義歯が必要になっても、根のケア次第で上からすっぽりとクラウンをかぶせる治療ができます。

抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、あごの骨に穴を開け、人工歯根を埋め込むというインプラント治療が候補となります。現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなくインプラントの埋入まで行けないこともあります。



ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば以前なら、インプラント治療は不可能とされていた症例でも相当数が治療できるようになってきました。

あらゆる意味で最先端の治療が受けられるかどうか、手を尽くして探すことが必要です。人工歯根と上部構造(義歯)を繋ぐ金具をアバットメントと呼びます。インプラントは、全てが同じ構造ではなく、各パーツの構成により複数のタイプに分類することができます。人工歯根からアバットメントまでが一つのパーツになっている「1ピース・インプラント」、あるいは1ピースタイプと呼ばれるものと、これらが別パーツになっている2ピースタイプがあり、こちらの方がメジャーです。よりメジャーである2ピースタイプは、アバットメントを接続するプラットフォームの形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどれだけ痛いだろうと心配になると思います。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。

麻酔が効いたことを確認した上で本格的に手術を始めるためです。

手術が終わって麻酔が切れると、場合によっては多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めは頓服として処方されますので長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Maria
読者になる
2018年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる