前期レポートと後期のテキスト 

October 12 [Sun], 2008, 1:46
2年生へ

後期の授業が始まりました。またがんばりましょう。しっかりと英語力をつけるよう努力して下さい。


1)前期のレポートについて

授業中にも言いましたが、締め切りは

11月14日(金)17:00です(時間厳守)。

再試は合格を保証するものではありません。ただ単に儀式的に再レポートを書いたからといって必ずしも合格になるとは限りません。心に銘記しておいて下さい。


2)後期のテキストについて

後期のテキストはMuriel SparkのThe Prime of Miss Jean Brodie(Penguin Books)を使用します。

残念ながら入荷が遅れています。現在4部入荷しています。残り12部は10月17日(金)に入るということです。丸善の人から直接3階事務室(草野さん)へ届けてもらうことにしています。皆さんは草野さんのところでそれぞれ1部もらって下さい。代金(定価+消費税(5%))は、期長に集めてもらい、あとでまとめて私の方へ持ってきてもらうことにします。 

しかし、全部数(16部)が入荷しても全員分はありません。そのうちの1部は私が取りますから残りは15部です。不足分4部、つまり4名の人はAmazonから個人購入して下さい。丸善よりは早く、そして安く手に入ると思います。もし次回の授業までに間に合いそうになければ、最初はコピーで間に合わせて下さい。その4人はあなた方で決めてください。

次回の授業

振り替え授業や私の出張で次回(2回目)は10月29日(水)になります。最初の授業で渡したハンドアウトの残りを簡単に見て作品に入ります。担当者は予習をしっかりしてきておいてください。担当者に限らず全員が「自分が担当者だ」という意識で予習してこなければならないのは当然のことです。

また教室が共通教育3号館1201に変更になりますので、注意しておいて下さい。
もしこの教室の居心地が悪ければ、また音楽棟のレッスン室に変えます。

N. Miyachi

ブログの引越し 

April 24 [Thu], 2008, 2:12
「英米文学ゼミナール I 」の受講生へ

これまで、このヤプログの「カワセミ通信」一つで「英米文学ゼミナール I 」と「現代英米文学演習 I 」の連絡を兼ねてきましたが、少々見にくく、混乱を招きそうなので、「英米文学ゼミナール I 」の方は以下のブログに引っ越すことにしました。

Skingame (Zamboa2)


したがって、「英米文学ゼミナール I 」を受講している人(3・4年生)は次回から新しいブログ(Skingame)の方を見るようにしてください。

この「カワセミ通信」は「現代英米文学演習 (I・II) 」受講生のみの連絡用ブログとします。

N. Miyachi

「現代英米文学演習 I 」(水:3-4)受講生の皆さんへ(1) 

April 19 [Sat], 2008, 13:30
「現代英米文学演習 I 」(水:3-4)受講生の皆さんへ(1)

いくつかの連絡です。

1)テキストの追加注文テキストがいきわたらなかった人のために追加注文しました。早ければ、2週間程度で来ると思いますが、遅れるかもしれません。

2)来週の授業
来週は10ページくらい予習してきておいてください。

3)ハンドアウト
第一回目の授業で渡したハンドアウトは必ず全部読んでおいてきてください。読んできているかどうか調べるかも知れません。また、授業中にハンドアウトに書かれていることに言及することもあります。(読めなかった人はその時点で授業に出る資格がないと思ってこの授業を辞退してください)。

*質問やコメントなどがあれば、このブログのコメント欄に書き込んでもらって結構です。

N. Miyachi.

「英米文学ゼミナールI」(金:5-6)受講生の皆さんへ(1) 

April 18 [Fri], 2008, 20:30
「英米文学ゼミナールI」(金:5-6)受講生の皆さんへ(1)

 次回の授業+テキストの値段+その他

1) テキストの件:
テキストの値段は2,930円+消費税5%です。3年生の期長さん(河合君)、全員分集めて私のところに持ってきてもらえないでしょうか。よろしくお願いします。

それから、今日授業が終わってテキストを一冊研究室に忘れているのに気がつきました。この1冊は、三鬼君か奥谷君のどちらかに渡せます。私のメールボックスに入れておきますので、来週中にとっておいてください。

2) 来週の授業:
来週までに、今日渡したハンドアウトは必ず読んでおいてください。イマジズムとモダニズムについていずれもわかりやすく、手際よくまとめてあります。いつか必ず言及することがあります。

来週は、最初の1時間くらいはアメリカの詩の大まかな流れを具体的な詩を読みながらたどります(これは私がやります)。それから担当者の発表に進みたいと思います。

予習をしっかりしてきておいてください。

3) コース別介護等体験事後指導:
5月28日(水)17:00からです。場所はLL。必ず出席してください。

4) 2007年後期レポート書き直し:
レポートの書き直しは私のところに来てもらってから10日以内です。
私もいろいろ忙しいですが、金曜日の7-8限以降か火曜日4:20-6:00の時間帯はたぶん大丈夫です。

5) 4年生のレポート書き直し:
4年生も多くの人がレポート書き直しのはずです。三鬼君、他の人に連絡しておいてもらえませんか。よろしくお願いします。

なお、質問やコメント等はこのブログに直接書いてもかまいません。

N. Miyachi

授業連絡用ブログの開設 

April 16 [Wed], 2008, 1:41
このブログは「現代英米文学演習(I・II)」あるいは「英米文学ゼミナールI・II」を受講している人たちへ連絡するためのものです。

ブログ名を「カワセミ通信」("Halcyon Communication")としました。英語ではカワセミのことは"kingfisher"とも言いますが、Halcyonの方が響きもよく、背後に潜む神話的な故事もその響きを通じて暗示されているように思い、こちらの言い方が気に入っています。

Oxfordの辞書には次のように書いてあります。

"a mythical bird said by ancient writers to breed in a nest floating at sea at the winter solstice, charming the wind and waves into calm"
(Oxford Dictionary of English)

つまり、冬至のときに海に浮かぶ島の上で繁殖し、風と波を魅了して静まらせると神話的な鳥というわけです。

週に一度は見るように心がけて下さい。時には重要な連絡があるかもしれません。

N.M.