2 

2006年08月22日(火) 21時15分
夏の暑さに溜め息を漏らす
あなたの手を握ると
躯の赤らみが増し

永遠等が在れば良い
だけど今この気持ちが伝わるものならば
貴方が隣に居てくれる時間が
何よりも愛おしいと感じられる

無色のこの町が
何故こんなにも色鮮やかに写るのだろう・・

今日が綺麗な晴れの日でも
貴方の瞳が曇っていたら
笑う事なんて出来ないから

永遠等が在れば良い
だけどこの胸の高揚が二人の呼吸が
どうか止まずに
此の侭ずっと貴方を感じて居たい

1 

2006年05月22日(月) 20時52分



貴方に出逢う前

周りは どんな色をしていて

あたしは どうやって 息をし

毎日を生き在えて 居たのか

思い出せない

生きるために 沢山のコトを 失い続け

浮世の息苦しさに 絶望を覚え

寂しさ だけが 残る


貴方の 優しさだけに 救われた

あの時から

唯 ひとつ あたしの安らぐ場所


総てに 価値が 見出された

あの時から

唯 今は 憎かった空さえもが愛おしい


もしも 貴方が 降り注ぐ闇に

涙を 零そうものならば

あたしが 受け止めてあげよう


何時も 貴方に 温めてもらっていた

この 総てで。





P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:patriotism
読者になる
Yapme!一覧
読者になる