【 更新情報 】

スポンサード リンク

パステルプリンの作り方とレシピ

パステルのなめらかプリンを家で作りたい、パステルプリンの味を自分で再現してみたいという人が多いみたいですね。調べてみると、パステルのなめらかプリンの作り方のレシピってけっこう紹介されているんですね。だいたいはパステルのシェフの人が教えてくれている作り方がが元になっているみたいです。だから、レシピどおりに作ればちゃんとできそそうな感じがします。2006年12月には、今はもう終わっちゃたけど、日テレでやってた「ナイナイサイズ」という番組の中の「おいしいプリン特集」でも紹介されていたみたいです。ナイナイサイズでは、パステルのシェフの人が出ていて家庭でもできるパステルやわらかプリンの作り方を教えてくれたそうです。やわらかプリンの作り方は、NHKの「ためしてガッテン」でも紹介されたことがあるみたいですね。パステルやわらかプリンの作り方は、無理やりまとめるとだいたいこんな感じです。詳しくはネットでいくつか紹介されているレシピを見てください。
■3個分の材料 は、☆ カラメルソース(砂糖:大さじ2、水:小さじ1、熱湯:小さじ1と1/2)
☆プリン液(卵黄:2個、生クリーム:100cc、牛乳:150cc、砂糖:大さじ2、バニラエッセンス: 少々)
■ 作り方@カラメルソースを作る。Aプリン液を作る。B耐熱容器(コーヒーカップなど)にいれて、
アルミホイルですき間のないようにとふたをする。C鍋で蒸し焼きにする。Dアラ熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

パステルプリンの手作りがうまくできない

パステルのなめらかプリンを家で自分で手作りしてみたことのある人も多いのではないでしょうか。家庭用のパルテルプリンの作り方のレシピもネットで公開されていますね。超有名レシピサイトのクックパッドにも、レシピや実際に作った人のレポートが紹介されていました。あなたはうまくできましたか?
パステルのなめらかプリンをつくるのは、火加減とかが微妙なので、慣れないとけっこう難しいみたいですね。やっぱり最初のうちは、ある程度試行錯誤が必要なようです。特に火加減は慣れが大きいようです。火が強すぎると、レシピどおりに作ったつもりでも、中のほうはなめらかにできるのに、表面がちょっとかたくなってしまったりしがちです。そんな時は、弱火をさらに弱くして、沸騰させないように気をつけて過熱していくと、パステルのプリンのように均一になめらかにできるそうです。それから、蒸し器を使ってもいいですが、蒸し器はなれないと火の加減がわかりにくくて難しく、すが入ったりしやすいので、鍋を使ったほうがいいみたいです。容器は、レシピと条件が同じになるし、焼き上がりの見極めをしやすいので、コーヒーカップを使うのがいいみたいですね。

パステルプリンの店舗情報

パステルのお店は、最近すごい勢いで増えてますね。パステルは東北地方から九州まで、全国に173店舗があります。関東には77店舗、なめらかプリンの発祥の地の愛知には36店舗もあるんですね。東京にもいつまにか35店舗もできちゃってます。そういえばパステルのお店って主なデパートには必ず入ってるような感じがします。
パステルはなめらかプリンのイメージが強いですが、もともとは1980年代からあるパスタレストランだったんですね。ちょっと意外な感じがしました。もちろんパスタもおいしいですけど。パステルのお店の情報は、パステルのホームページで調べることができます。レストランとテイクアウトショップの場所やメニューが詳しくわかります。ホームページには、メニューの1品ごとのカロリーや、卵などのアレルギーの可能性のある食材の情報も載っています。なめらかプリンのカロリーは301.2kcal 、プリンケーキは340.3kcal だそうです。コラーゲンと7種のフルーツゼリー57.1kcal 、ローヤルゼリーと7種のフルーツゼリー56.3kcal はヘルシーでいい感じですね。
ネットショップもあるので、なめらかプリンの通販はできないみたいですが、ネット販売限定の「窯だしなめらかプリン」などのおとり寄せもできます。

パステルプリンの通販

パステルのなめらかプリンは、残念ながら通販はできないみたいですね。理由は、なめらかプリンはとてもやわらかいので揺れに弱くて、輸送中に形が崩れてしまうからだそうです。繊細な3層の構造がなめらかプリンの特徴なので、これは仕方がないことですね。パステルのプリンを送るのは無理でも、空港などで買って自分で持っていけばいいですね。羽田空港には第1ターミナルビルと第2ターミナルビルそれぞれにパルテルのお店があるので、JALでもANAでも大丈夫です。パステルのロゴが入ったおしゃれな保冷袋もあります(200円)。あとは機内での置き場所に気をつければ北海道でも福岡でも沖縄でも大丈夫ですね。
近くにパステルのお店がないけどお取り寄せして、なめらかプリンが食べてみたいという人には、通販限定商品の、パステル「窯だしなめらかプリン」があります。「窯だしなめらかプリン」は、なめらかプリンそのものではなくて、輸送中の振動にたえられるように、なめらかプリンより少しかためになっています。賞味期限も8日間と、なめらかプリンよりも日持ちするので、お取り寄せや贈り物にするのにいいですね。

パステルのなめらかプリン

パステルのなめらかプリンは、もともとはパステルのイートインのデザートとして提供されたものだったんだそうです。イートインでなめらかプリンを食べたお客さんから口コミでおいしいと評判が広がって、持ち帰りもできるようになりました。なめらかプリンはパステルのデザート担当のパティシエ・所浩史シェフが1993年に開発しました。90年代の前半は、それまでのティラミスのブームが終わって、今度はクリームブリュレがはやるんじゃないかといわれていたそうです。しかし、クリームブリュレは日本人にはちょっと味が濃すぎるかなと思った所シェフは、日本のプリンとクリームブリュレの中間的なものができないかと考えて、試作を繰り返したそうです。その結果できたのが、3つの層がきれいに分かれたなめらかプリンだったんですね。いつでもきれいな3層を作るのはとても大変で、さまざまな条件が積み重なってやっと作ることができるそうです。パステルのなめらかプリンはその後のプリンブームのきっかけになった存在です。おいしいプリンといえばパステルのなめらかプリンという人が多いですね。「プリン友の会」のプリンランキング・なめらか部門でも、パステルのなめらかプリンはずっと1位を独走中です。
P R
カテゴリアーカイブ