本年もどうぞよろしくお願い致します。

January 12 [Fri], 2018, 1:38
2018年ですね。
年末年始、長めのお休みをいただき実家でゆっくりと過ごしました。
決意や継続の思いを新たにするとともに、試行錯誤しながら一歩ずつ進歩していきたい気持ちでいっぱいです。

と言いながら一昨日から仕事始めの疲労で寝てばかりいるけれど…
今週・来週は体を戻しながら、再来週くらいからエンジンかけられたらいいなと思っています。

短いですが、本日はこの辺で!
おやすみなさい。

読書記録・2017

December 23 [Sat], 2017, 11:54
何年もおさぼりしていた今年の読書記録まとめをようやく書く気になったので、笑
書き綴っていきたいと思います

さすがに1カ月ごとは覚えていないので、3カ月区切りで書いていこうかな。

1-3月
『サンマの丸かじり』 東海林さだお
年始はだらだら東海林さんの食べ物エッセイ読んで笑っていました。
まるかじりシリーズは大好きな本で、サンマ以外にもいくつか持っていますが、
だいたい東海林さんの食べ物エッセイを読んでいると、人を形作る食べ物こそが
喜怒哀楽を形成しているんだナァ〜としみじみと感じるのであります(椎名誠さん風)。

電話でもしながらメモ帳にちょこちょこっと書いたような絵も好きです。
帰省中途中で読む本が無くなって、『尾崎翠全集』も買ったけれど、
こちらは1年かかってもなかなか読み進められませんでした。

尾崎翠は太宰治が気に入って読んでいた作家であることからずっと気になっていたのですが、
ちょっと癖のある恋物語が多いのかな?まだまだ私には難解でした。

『〆切本』 左右社編集部
作家の〆切に対する悩み(恨みつらみ?)が切々と収録されたアンソロジー。
聞いた話だとtwitterでも話題になったようですね。

三上延さんも(詳細後述)作家は苦労する方向性を見抜くセンスが重要だと述べているように、
文豪だからといって手品のように煌びやかな原稿をササっと書き上げてしまうのではなく、
皆悩みぬいて書き上げているんだな、と普段締め切りに追われた生活を送る私はなんだか共感。
それにしても〆切間際や限界が身に迫ると本性って出ますね。笑
様々な作家の〆切に対する思いを見事な章立てと飽きさせない展開で
1冊の本にまとめあげた左右社にあっぱれ!

4-6月
『ケルトを巡る旅-神話と伝説の地』 河合隼雄

ユング研究・精神科医として大変有名な河合隼雄先生。
昔話や神話にも造詣が深いことで何冊か本を出されていることは知っていたのですが、
銀座の教文館で「まさに大学時代の研究テーマそのもの!」の本を発見し衝動的に購入。
やっぱり魔法の話はいつ聞いても楽しい。自分の研究にちょっぴり自信が持てた1冊。

『八日目の蝉』 角田光代
読もう読もうと思いつつ後回しになっていたので、暑さが厳しくなってきた頃に読みました。
面白くて一気読み。嗚咽するほど泣いてしまい自分にびっくり…。
生まれてから確かに家庭の一員ではあったけれど、歳を取るごとに家庭を作る側に自然と変わってゆき、
今年1年は特に角田光代さんの作品に年齢が追い付いてきた気がします。
この他にも今年は『さがしもの』『彼女のこんだて帖』も読んだし、『空中庭園』も読み返しました。
映画は来年見たいと思います。(まずはTSUTAYAの会員更新から始めねば)

7-9月
『虐殺器官』 伊藤計劃
強いインパクトのある作品でした。刹那的。
設定を書いてしまうと1/3くらいネタバレになってしまいそうなので、
感想だけにとどめておきますが、近い将来こういう時代が到来するのかもしれません。
ヘミングウェイっぽさを感じます。若くして逝去されたのが残念でなりません。
読後、触発されたようにジョージ・オーウェルの『1984年』も読みました。
名作ですが、昨今シンギュラリティが議論されるようになり再び話題になっているようですね。

『蚊がいる』 穂村弘
緊張感のある本を読んだ後、ようやく文庫版が出たので即購入。
電車の中で読むのにぴったり。ふふふと笑えるエッセイ。
繰り返される日常に面白い視点が加わるような穂村さんの妄想世界が好きで、
どの作品を読んでもだいたい共感できます。すでに3回は繰り返し読んだと思う。

10-12月
『ビブリア古書堂の事件手帖』シリーズ 三上延
終盤3カ月間はビブリアの1-7巻を読んでいました。
"服装とかイメージ、本への知識といいまさにmeyouさんが出てくる小説”と勧められて読み始めたら、
これが本当に面白かった!超人的な推理で解決するものでもなく、登場人物が死ぬわけでもなく、
実生活の延長くらいにある事件で、安心して読めるミステリー。本への確かな愛情が伝わってきます。
伏線回収も見事でした。登場人物の五浦くんが素敵。
峰守ひろかずさんのスピンオフver.も読みましたが、こちらも面白かった!

みなとみらいで

November 27 [Mon], 2017, 23:30


最近連続でみなとみらいへ行く機会があったことから、
神奈川県出身のバンド・suchmosをよく聴いています。

最近あまり「良いな」と思える若手のバンドがいなかったのですが、
suchmosは別格です。どの曲も粋で、オアシスっぽいギターの音色も好き。

母親によると、親世代でもハマっている方々が多いらしい。
なんでも、母親によると懐かしいサウンドなんだとか。
久々にCD買おうかと検討中。

mogwaiの新しいアルバムも良かったです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:meyou
読者になる
2018年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像meyou
» みなとみらいで (2017年12月23日)
アイコン画像meyou
» ここ、空いてますよ (2017年11月29日)
アイコン画像blue gene
» ここ、空いてますよ (2017年11月28日)
アイコン画像blue gene
» みなとみらいで (2017年11月28日)
アイコン画像meyou
» 雨の日と珈琲の親和性について (2017年11月27日)
アイコン画像meyou
» 雨の日と珈琲の親和性について (2017年11月27日)
アイコン画像やとう
» 雨の日と珈琲の親和性について (2017年09月25日)
アイコン画像blue gene
» 雨の日と珈琲の親和性について (2017年09月25日)
アイコン画像meyou
» 10年前の自分へ言いたいこと。 (2017年09月25日)
アイコン画像blue gene
» 10年前の自分へ言いたいこと。 (2017年09月02日)
http://yaplog.jp/pastel-kitchen/index1_0.rdf
ヤプミー!一覧
読者になる