パソコンの購入のポイント(2) 

2005年05月23日(月) 18時24分
次に是非電気屋のチラシを見てください

小さくテレビチューナー、オフィス2003と書いてありませんか?これがパソコンの値を相当上げています。

チューナーが1万数千円、オフィスが安くて2万円というところです。これに無駄なソフトが何十個か付きます。

テレビもあるし、仕事でパソコンを使わない人には邪魔なだけかと思います

あとポイントがついてる分とブロードバンド割引をするためにまた何万か高くなっています

これだけ高くなっているのにパソコンを知らない人は電気屋で買ってしまって、とても損をしています

僕が見つけた中では

マウスコンピューターハイスペックPCがお勧めです。

ペンティアム4という最高性能の種類のCPUでメモリも512MBと多く、HDDの量も申し分ないです。

選び方なんですが、ハイスペックPCをクリックして(この時HDDが200Gの物が出てきますので選んでください)、オフィスプリインストールモデルは選ばないでください。

画面はTFT(液晶)と書いてある物が絶対にお勧めです。液晶は薄くて綺麗な画面でCRTは大きくて液晶より汚いというか見づらいです。

15インチか17インチかは好みでしょう。1インチは2,54センチで画面の対角線の長さです。

17インチなら

2,54×17=43.18(cm)

15インチなら

2.54×15=38,1 (cm)です

17インチと欲張っても14万1800円です。電気屋と比べてください。このくらいの性能ではいくらでしょうか。

パソコンの購入のポイント(1) 

2005年05月22日(日) 16時38分
パソコンを買うときに絶対注意しなければいけないことがあります。

それはCPUの性能、メモリの大きさ、ハードディスクの量の3つで、確認しないで買うと損をするうえに速度が遅くなったり、出来ないことがたくさん出てきたりします。

『CPU、メモリ、ハードディスクって?』これを説明します。

CPU

CPUとは計算、処理をするところで、人間でいう脳にあたります。


電気屋のチラシを見るとわかりますが、○○GHzと書いてあるところ、これがCPUの性能を表しているところです。

G(ギガ)というのは10億のことで、3GHzなら1秒間に30億回の計算をするということを表しています

メモリ

メモリは『机』です。広ければ広いほど、一度にたくさんの作業ができますよね。

ハードディスク(HDD)

ハードディスクは引き出しです。大きいほうがたくさんのモノ(情報)が入ります。


この3つ以外に選ぶポイントを揚げるとすれば画面の美しさとかどれだけ使い勝手がいいかですよね。

画面の綺麗さは主に解像度ですがこれは今のパソコンならどれも同じです。細かく言えば1024×768ピクセル(XGAと呼ばれる)で、稀にこれより少なかったり多かったりしますが少ないと困りますが多くても値段の割に高いだけかと思います。

一番使い勝手の良いと思われるパソコンはデスクトップで、本体とディスプレイが一体化していないものが拡張しやすくてお勧めです

あとUSBポートというプリンターに繋いだり色々な物に繋ぐコンセントがあります


P R
2005年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:pasomaru
読者になる
Yapme!一覧
読者になる