すっかりご無沙汰でした

December 27 [Fri], 2013, 13:05
またまた何も書かない時期がたくさん過ぎてしまいました。
のぞいてくださっていた方々、大変申し訳ありませんでした。

いきなりですが、
気分一新、ブログお引越しすることにしました。

本来なら新しい年に 元旦から・・・かもしれませんが、
思い立ったら吉日で本日お引越しします。

引き続き、よろしくお願いいたします!

移転先です
http://pasapas.blog.jp

エクササイズ歩行

August 14 [Wed], 2013, 13:43
発見した歩数計は 健康サポートサービス「ウェルネスリンク」対応なので、日曜日につないでみました。
「ウェルネスリンク」は知らないうちに
わたしムーブ
と一緒になっていて ちょっとマゴマゴしましたが、無事データ転送できました。
そして色々読んでいると、私の歩数計は
エクササイズ歩行
の表示もできるとのこと。
取扱説明書をインターネットで探して読んでみると、
エクササイズ歩行とは3METs(4km/時)以上の歩数 で、
健康つくりに適している歩行状態
いう事のようです。
この歩数計は
活動カロリーとEx量を歩行と生活活動(家事やデスクワーク)に分けて表示する
機能があったようです。
このEx量とは
身体活動の量を表す単位。
活動強度(METs)に時間をかけたもの(METs×時間)で、より強い活動ほど短い時間で1Exとなります。

METsってなんでしたっけ?
ググってみたら、クラブパナソニックのサイトが出てきました。
■METs(メッツ)とは?
METs(メッツ)は「Metabolic equivalents」の略で、活動・運動を行った時に安静状態の何倍の代謝(カロリー消費)をしているかを表しています。
例えば”歩く:近所での散歩” は2.5METsですが、これは安静時の2.5倍の代謝(カロリー消費)となります。


例えば、昨日の歩数計の記録を見ると
総歩数        9347歩
エクササイズ歩行 5458歩 3.9EX
総消費        1803kcal
活動カロリー     486kcal
と表示されます。

歩くのも大切だけど、
よりこのエクササイズ歩行の歩数を上げた方が効果がある
という事のようです。

この前の日曜日は家から外に出なかったので、
総歩数も3854歩
と、少ないのですが、
エクササイズ歩行は181歩!
あらまあ! それしかありません。

ここしばらくは、エクササイズ歩行の歩数を上げることを考えて生活してみようと思います。

雷雨

August 13 [Tue], 2013, 15:54
土曜日から 異常に暑すぎ。
こんな天気で大丈夫かしら?と本気で心配になるほど暑いですね。
4日連続で西日本は40度をこえたようですね。
先週はオーストリア、ウィーンでも39度を記録したとか… 変すぎます。

暑さ同様 日曜日、月曜日 の雷雨 すごかったです。
日曜日はおうちにいました。
ツイッターで 
八王子はもう雨がふりだした
というツイートを午後2時くらいに見て、
やっほ〜!
と思ってしまいました。
だって、すべてもののが熱くなりすぎ。熱を帯びたまま、冷えないので さらに温度が上がっている感じですから、雨が降れば少しは冷やすことができるでしょう。と思って雨を待っていました。
うちの方もちょっと暗くなってきたし、願いをこめて 洗濯物も取り込んで準備万端にしているとゴロゴロ言い出しました。
ゴロゴロとピカピカの時間が短くなってきたので、段々雷様が近くに来ているのがわかるようになって、大粒雨が降ってきました。
それにしても、すごい雷。
いつも同じ方向に稲妻が走って、しかもずっとゴロゴロピカピカしていて、止まりません。
ゴロゴロの中にドッカン〜みたいなのも交じっていて、どこかに落ちたのもいくつかある感じでした。
1時間ぐらいで終わりましたが、長い間 空がピカピカゴロゴロしっぱなしで怖かったです。
リビングの南側の窓と網戸がビシャビシャだったので、これをいい機会だと思い、網戸掃除と窓ガラスも磨いて、きれいになりました。
外はかなり熱が下がった感じでしたが、また段々と蒸し暑くなっていったのでした。

そして昨日 月曜日の雷雨は 井の頭線に乗って家に帰る時に始まりました。
会社を出るときに、
まだ空も暗くないし、家に着くまでは、雨降らないといいな〜
なんて 鼻歌交じりに退社した私でしたが、渋谷に着いた頃には 段々空が暗くなってきて、吉祥寺まではもたないか?!と心配をしていたら…
下北沢過ぎたくらいから、信じられないような雷が鳴りだして、すぐ近くに落ちたのでは?と思うような雷の連発。こんな中ちゃんと運転している電車の運転手さんって偉い!と思うほどの雨も振りだし、これぞ荒天!というようなお天気になりました。
吉祥寺まで無事に到着したものの、折り畳みの傘ではお話になりそうにない雨だったので、やむのを待つことにして改札を出たところのベンチに座って雨宿りしていました。
その間もお腹に響くような雷が何度も鳴り響き、怖くて泣いている幼児もいました。
井の頭線のホームのところからは滝のような雨漏りも始まり、ダメージ大きすぎでした。
そんな中でも、ダイヤが乱れることなく運転している電車って本当にすごいし、ありがたいですね。
しかし、停電になったところも 浸水したところもあるようですね。
被害にあった方は本当に大変だと思います。お疲れ様です。
雨は降ってほしいけど、やり過ぎだと思う 今日この頃のお天気です。
今日は大丈夫かな。


滝のような雨漏りの井の頭線ホームの様子。
ベンチに腰かけたままなので、あまり上手に取れませんでしたが。

五年後の私

August 12 [Mon], 2013, 21:12
5年後の自分がどうなっているか 考える課題がでました。
自分がどうなっているか?というより どうなっていたいか?
理想の5年後の将来像を考えてみよう と。

一昨日からじっくり考えているのですが、これ!という姿が見えてこないのです。
20代の時はあったような気がします。
そう!確かにありました。
30代は…
結婚してからは、自分の将来の姿 あまり考えなくなったような気がします。
一人の時は、すべて自分で決められたけど、結婚して、特に子供ができて、考えなくなってました。
目的地がわからないようでは、散歩もできません。
私が目指しているのは、どこなんでしょう?

どんな生活をしていたいのか考えてみました。
南の島でゆっくりしていたい?
別に。
有名人になりたい?
まったく。
ブランドもののお洋服やバックを持っていたい?
これも 別に。
ブランドや値段に関係なく、私自身が気に入ったものを、少しだけ持っていたいと思います。
世界中を旅していたい?
ちょっと。世界中ではないけど、行きたい所、見たい所はたくさんあります。
でも兼高薫じゃないんだから、いつも旅していたいとは思いません。
一年のうち1か月くらい、どこかに旅行に行けるようになりたいです。
フォーシーズンズとかに泊まるのではなく、ゆっくり、住むように旅行したいです。
でも五年後はまだ無理だな。
ぱんだちゃんが20歳過ぎてからだろうな。
今中学1年生。12歳だから8年後。

仕事はどうだろう。
お菓子はずっと作っていたいですね。
お菓子の仕事を大きくしていきたいかな?
お店は必要ないかな。
今と同じように、発送するくらいでいいけど、工房がほしいな。
そこで作ったものを少し売れるような形のお店なら欲しいかもしれません。
毎日少しずつ発送できるようになりたいな。
もっとお菓子の種類を増やしたいなぁ。
お菓子の商品を多くするというより、グルテンフリーのものとか…
この暑さがおさまったら、試作しようとおもっているお菓子も扱えるようになっていたいな。

普段の生活は 自分の好きなものだけに囲まれたシンプルな生活をしたいな。
今の私は断捨離できずにいますから。
身の回りの物を整理できたら、かなり5年後の私は変わっているような気がします。
シンプルな 持ち物の少ない生活をおくれるようにしたいです。
食べるものも、野菜とか自分で作れるものは作って、作れないものは生産者のわかる地産地消みたいな形で食べていきたいですね。
あと、展覧会とか気軽に見に行ける余裕が欲しいです。
地方で開催されているものも見にいけるようになりたいです。

この夢はお菓子を作ることで得られる収入だけでは到達しないでしょうね。
それに、今の仕事も辞める気はないですし。
そこをもう一度考える必要がありそうです。

10年前 私がいいなぁと思っていた生活とは全く違うと思います。
今の世の中の流れや 環境の影響も大きいし、自分の年齢も大きいでしょう。

ターシャ・テューダーさんのような生活。
あるいは、先日読み終わった 「ときをためるくらし」のツバタ栄子さん、つばた修一さんのような暮らしが今の私には一番素敵に思えます。
私が目指しているのは、5年後より 仕事を辞めたとき何をしたいか なのかもしれません。

5年後の私。
もしかしたら、5年後上に描いたものとは全く違うものを目指しているかもしれません。
でも、目的地がない生活と、目的地のある生活では全く毎日の過ごし方が変わると思うので、漠然とではなく、ちゃんと描けるようにしたいと思いました。

みなさんの5年後はどんなかんじでしょう?

丹緑本

August 08 [Thu], 2013, 15:44
覚書としてブログにアップ

日本民芸館にて わからない言葉が目白押し。
わからない言葉に一つ
丹緑本
ググってきました。

世界大百科事典 第2版の解説.
たんろくぼん【丹緑本】
江戸時代初期の絵本の一種。絵巻物の流れを汲む奈良絵本は彩色の肉筆絵本であったが,丹緑本は墨刷りの版本に簡単な彩色を施したものをいう。色刷りが未発達であったころに,同じ図柄の絵本を複数製作するために行われたもので,丹絵(たんえ)(浮世絵)と手法を同じくする。初めは赤(丹)だけであったが,加えて緑(緑青(ろくしよう)),黄,藍なども使うようになり,ゆえに丹緑本という。寛永(1624‐44)ころには盛んに行われた。


さらにこの中の
奈良絵本もわからなくて

世界大百科事典 第2版の解説.
ならえほん【奈良絵本】
室町後期から江戸中期寛文(1661‐73)ころにかけてつくられた絵入写本の一種。縦約16cm,横約22cmほどの横本(よこほん)の体裁をなし,紺紙に霞または雲形(くもがた)をあしらい,金泥で草花などを描いた表紙で,その中央上部か左肩上に書名を記した題簽(だいせん)を貼り,見返しは金か銀の箔を置くものが多い。本文は間似合(まにあい)紙を用い,絵と詞とはそれぞれ別の書き手で,内容は《舞の本》から採ったものや謡曲,説経をうつしたものもあるが,ほとんどが御伽草子である。


なるほど。
展示の絵本の中に、何気なく金箔が貼ってあるものがあったり、絵の周りに雲形があしらってあったものがあり、う〜ん と思っていたのですが、この時代の形式だったわけですね。
納得。
見識のある方が見れば、見識がない私とは違った もっと奥の深い見方があるのでしょうけど、一歩一歩わかることが増えるのもおもしろい と思うことにしましょう。

8/6 歩数計記録

August 07 [Wed], 2013, 14:35
8月6日 歩数計結果
8858歩
総消費カロリー 1774kcal
活動カロリー  453kcal

あら、一昨日は1万歩いったのに…
あ〜一昨日は夜スーパー2件はしごした結果、1万歩以上になったんですね。
スーパーでお買いものするのも重要だわ。

暑くて昼間歩く気にはなれないしなあ。

歩数計発掘

August 06 [Tue], 2013, 12:47
だいぶ前に紛失していた 歩数計。
家の中で紛失したと確信していたのに、見つけられなくってあきらめていたのですが、日曜日に発掘しました。
あ〜長い間、ごめんね 歩数計。

そして昨日の結果
10882歩
総消費カロリー 1842Kcal
活動カロリー   521Kcal

ごく普通の会社に行った日 の結果です。
1万歩超えていたので、よし!とするか、もっと活動カロリーあげろよ!
と思うべきか。

何もしなくても1200kcalくらいは消費しているんだなぁ と
生きてるんだな。

計算折紙展

August 04 [Sun], 2013, 15:28
日本民芸館、ランチ の後に、東大の構内にある 駒場博物館 でやっている
特別展「計算折紙(コンピューテーショナルオリガミ)のかたち」
も見に行きました。
先日、吉祥寺駅井の頭線のホームにこのポスターが貼ってあったのを見て、
見てみたい!
と、ピピピと思ったものの、忘れていました。





これまた面白かったです。
なんか、紙を折っているから折紙なんでしょうけど、“ツル”と“やっこさん”とか折る「折り紙」とは世界が違います。あたりまえだ!と怒られてしまいそうですが。
展示は、すごくわかりやすく説明してあります。
しかし、段々進んでいくと 超理系 っぽくなっていき、頭の中がショートしてきました。
またこの折り紙の世界を真面目にやっている大人がいることに、素人の私は感動。
奥がものすごく深いようです。
リンク先を張っておきます。
一つはこの駒場博物館のHP にある 折紙展開図
もう一つは
Freeform Origami というものです。

こちらも、その日限りではなく、後々まで楽しめそうです。





今後あまりご縁があるとは思えないので、
写真に残しておきました。


日本民芸館の「つきしま かるかや」展に始まり、東大構内を散策し、ランチもして、駒場博物館の「計算折り紙のかたち」展にも行き、本当に充実した一日でした。
日頃使っていない、文系の特に古典の脳と理系の脳をよく稼働して刺激的でした。
新しい世界に連れて行ってくれたHさんに本当に感謝です。ありがとうございました。
次回はどこに迷い込みましょうか?
楽しみです。




東大の中でランチ

August 04 [Sun], 2013, 9:25
日本民芸館の後は東大の中のレストランへと向かいました。
民芸館から東大までの道は閑静な住宅街!素敵な大きな邸宅が並んでいます。

この日は初めてなこと2つ目。
東大キャンパス進入!
西門と思われるところから入ったのですが、入るとすぐにこんな建物が!





なんと
東京大学坐禅部陵禅会
という看板ありです。
興味津々でのぞいてみたかったのですが、ぐっと我慢しました。

ルヴェ ソン ヴェール駒場 でランチ
入った瞬間、あら残念… と感じてしまうお店の雰囲気。
もう少し頑張れば、お客さん増えるだろうに…
別に増やしたくないのだろうか…
と、思ってしまいした。
お肉とお魚が選べたので、サゴシのソテーにしました。
おいしくないわけではありませんが、おいしいわけでもなく、次はないなぁ。
せっかくいい場所で営業しているのに本当に残念だと思います。
おかげで、お客さんも多くないし、スペースもゆったりしているので ゆっくりHさんとお話しできたからよかったです


つきしま かるかや

August 03 [Sat], 2013, 22:13
初めての日本民芸館
お友達のHさんが誘ってくれたので、ついて行ってみました。



ちょうど
特別展 「つきしま かるかや −素朴表現の絵巻と説話画」
開催中。
と、言ってもなんのことだかさっぱり。
↓これ!



私にはうまく説明できないので、HPの説明をコピーしておきます。

日本の絵画史上、素朴美の極みに達したといえる室町時代の絵巻「つきしま(築島物語絵巻)」(当館蔵)と絵入本「かるかや」(サントリー美術館蔵)。この二つの絵画を軸に、お伽草子絵巻をはじめとする絵巻物、曽我物語屏風などの物語絵、十王図などの絵解きで用いられた仏教説話画など、素朴表現がなされた絵画を中心に、館蔵品を一堂に展観します。

もし 感想を一言で と求められたなら、
おもしろかった!
です。

色々な地獄絵があったり、絵巻や屏風など普段まったく関係のない展示物を時間をかけてみるのは楽しかったです。
素朴表現だからか、(この室町時代や江戸時代のころの絵をあまり見たことがないので、この絵はもしかしたらうまいのかもしれないが)味のある、私でもかけるのでは?と思うような絵巻もありました。
また、字はおそらく達筆で、崩し文字なのでそう感じるだけかもしれないが(私はまったく崩し文字が書けないので)私には読めない文字はまったく読めないのですが、ところどころ解読できるところもあり、時代が違っても通じるものはあるんだあなぁ なんておもったり。
1枚の屏風絵の中に「大江山図(酒呑童子)」や「曽我物語」の話が盛り込まれていて、詳しい話を知らないので友達のHさんと話を想像したり楽しみました。さらに、この屏風絵はどこで使っていたのか悩んだり。
特別展のお題にもなっている「かるかや」の物語、カタログの中に詳しく書いてあったので、読んでみると、なぜこのお話がうけたのか疑問に思ったり。
知らない世界だけに、いくらでも想像 というより妄想ができて楽しかったのかもしれません。
一つ一つの作品について、妄想をいくらでも話せそうなのですが、やめておきます。妄想でしかありませんので。

そして、色々インターネットで調べてみたいこともあり、帰ってきてから これからも楽しめるとてもお得な訪問でした。
その調べている中で、
Art & Bell by Tora cardiac.exblog.jp
のブログがとても親切だったので、興味のある方は見てみてください。
私はこれ以上モノが増えるのは阻止したいので、カタログは購入しませんでした。
その分、現地で読んできたのですが、こんなに楽しめるなら、買ってもよかったな、なんて後悔したりして。でも買っても後悔しそうなので、よしとします。
プロフィール
名前:えみにゃん
好きなもの:
 手仕事 ねこ フランス イタリア 
お菓子作り ホワイトアスパラガス 
カフェ 旅行 
嫌いなもの:
 虫 くだらないTV番組 
家 族:
ウサギさん(夫/42)
  & 
パンダちゃん(娘/9)
2013年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像えみにゃん
» ランチ (2013年02月24日)
アイコン画像さえ
» ランチ (2013年02月22日)
アイコン画像えみにゃん
» ヒレカツ定食 (2013年01月25日)
アイコン画像えみにゃん
» 入試開始! (2013年01月25日)
アイコン画像choco
» 入試開始! (2013年01月23日)
アイコン画像choco
» ヒレカツ定食 (2013年01月23日)
アイコン画像みき
» こちらは社長室のお花 (2012年11月15日)
アイコン画像ぱんつくりびと
» 煎茶アイスクリーム (2011年08月08日)
アイコン画像えみにゃん
» 副委員長 (2008年06月16日)
アイコン画像かるちゃん
» 副委員長 (2008年06月16日)
Yapme!一覧
P R
http://yaplog.jp/pasapas2005/index1_0.rdf