ダイエットの食事量について

December 12 [Wed], 2012, 20:37
ダイエットの食事量について

よく間違えるダイエット方法として
食事の量を減らす方法があります

確かにカロリーを過剰摂取している人は
少しずつ食事の量を減らしていくほうがいいのですが、
普段から適量を取っているのに食事量を減らすと、
体に何らかの異常が現われることがあります。

ですからダイエットをするから
すぐ食事の量を減らそうという安易な考えは禁物です。

食事の量を減らしすぎると
食事制限によって体の防衛本能が刺激され、
少ない食事量でも脂肪を溜め込むカラダになってしまいます。

すると体重が減るはずもありません

効果が無かったと思い込み
いつもの量に戻してしまいます。

しかし、脂肪を蓄える防衛本能は残ったままの状態なので
今度は余分な脂肪がつきやすくなり、
リバウンドを起こしてしまうのです。

ダイエットを成功させるためには、
体重の減少がストップしてしまっても、
それまでの食事の量をキープすることが大切です。

ただし、栄養バランスは考えて食事を摂りましょう。

栄養をきちんと摂れていなければ、
生理不順、貧血、便秘などに陥りやすくなります。

従って健康的に痩せるためには
食事の量を減らしても、
食事の質を落としてはいけません。

ダイエットで大切なのは食事と運動です。

正しい方法で食事制限を行い、
同時に有酸素運動を行いましょう。

そうすれば健康的に、効率的に痩せることも可能です。

食事制限をする場合は、
きちんと計画を立てて行うことが大切です。

ヒルズコレクションで置き換えダイエット